トレーラーハウス100階から落とすのは止めておいた方がよろしいかと思われます

作品集: 1 投稿日時: 2009/03/22 23:29:44 更新日時: 2010/03/16 20:16:54
さとり:何の騒ぎですか

燐:あ、さとり様

空:うにゅるにゅる

さとり:何となく厄介事の予\\\感が

燐:ご名答

空:(拍手)

さとり:こいしは何処ですか?

燐:たぶん一生目にする事はないと思われます

さとり:調子に乗んなよアバズレ

空:怒らないでぇ

燐:首を絞めるのを止めて下さい
厳密に言えばこいし様は存在しますが、恐らく視認する事は限りなく不可能\\\に近いかと

さとり:例の如く無意識の力ですか?

燐:そんな可愛いらしいものであれば私も無意識の力をマスコット化してケータイにでも取り付けてますて

空:(飯食いたい)

さとり:まわりくどい喋りかた、嫌いぢゃないぜ

燐:ベンジーぢゃないんですから心にもない事言わないで下さいよ
嫌いぢゃないなら首絞めないでぐぇッォエ

空:悟りの妖怪だけに、心にもない事を…

空:巧い巧い

さとり:早く話して下さい

燐:アマルガムブラザーズ

さとり:は?

燐:さとり様はアマルガムブラザーズになってしまいましたとさ

さとり:なにそれ

空:コーヒー!!!ブレーイク!!!

燐:全知全能\\\の神です

さとり:姉をさしおいて出世しやがって

さとり:オラァこいし!

こいし:何よお姉ちゃん

さとり:てめッマヂありえねー姉さしおいて出世かよこの引きこもりのウスノロ豚野郎がテメェ知ってんだぞいっつもいつもフィリピン籍の娼婦共と一緒になって「ダンナヤスイヨヤスイヨ」とか言ってラブホの前でたむろしてんだろアァこのマン毛ボーボーの腐れ淫売がこらぁおいなぁにが全能\\\だぁタコ名も知らねェ脂ぎったデブ親父相手に股開いて「んぁッ…らめぇッこいしちゃんイッちゃうのォオ」なーんて喘いでるド淫売如きが全能\\\だぁ?テメェ寝言は寝て言えよおいコラァテメェこいしぃ私ぁ知ってんだぞテメェそうだあれは2年前の夏いつも通り読書に勤しんでいた私の部屋の隣響き渡るはむせかえりそうな程甘味な喘ぎ声散る百合の花そして貞操の花首筋の痕ほのかに女の匂いが香るキングサイズ・ベッドこんだけ並べりゃわかんだろあぁテメェくそ親父どころか同姓にまで手ェ出しやがって豚レズ野郎がマヂ最低だわな公園の便器にこびりついた糞尿以下のアバズレだよテメェ〜はこいしッおらぁあッ

こいし:………

こいし:う……

こいし:うえ〜ん!

こいし:酷いよぉ〜!

こいし:え〜ん!

空:エンッ!

燐:お空さっきからうるせえんだよ!

さとり:はぁはぁ腹立つぅう

こいし:びえ〜ん!

魔理沙:お前ら落ち着け、魔理沙が来たぜ

アリス:アリスもね

アリス:何か収集がつかなさそうね

魔理沙:全くだ

魔理沙:おい性欲の権化

燐:あたいに言ってんの?

魔理沙:うん

燐:何よ

魔理沙:こりゃどういうこった

燐:かくかくしかじか

魔理沙:かくかくしかじかだけぢゃわからんよ

アリス:放っておきなさい

アリス:私達で収集をつけましょう

アリス:おいコラァ!

こいし:ひっく……何?

アリス:テメェ何泣いてんの?お?まさか泣けば許して貰えるとでも思ってんのか恥垢野郎コラテメェそもそも何でチューブついてんだよマヂ気に入らないイソ\\\ギンチャクみてーなマンコしやがってこの豚がおぉ簡単に股開くんだろテメ見たぜこの前クッソ\\\高級そうな毛皮着たテメェが何処ぞのハゲ資産家相手に「こいし今日は帰りたくない…」マヂ噴飯モンだよこりゃ資産家相手に商売出来るとかマヂすげぇなっつーか気に入らねェんだよオラァ!私なんか妥協して中国人の派遣相手に1万でやらしてやるって言ったら「ん?あ、あぁ……ん、あ、いや。はは……。………………パス」とか言われたんやぞテメッ羨ましい…うぐ…ひっく……

アリス:あーん!

こいし:びえーん!

空:忘れるなよ

空:目に見える物が総てぢゃない

空:真意を知りたくばJUDEの宇宙的迷子を聴け
ガンギマリ
作品情報
作品集:
1
投稿日時:
2009/03/22 23:29:44
更新日時:
2010/03/16 20:16:54
分類
魔理沙
1. 名無し ■2009/03/22 23:36:48
もう、なんかいろいろとありがとう 
涙が止まらない
2. 名無し ■2009/03/23 00:12:51
俺達を虐待して何が楽しい!?
3. 名無し ■2009/03/23 00:35:50
まさにナンセンス
4. 名無し ■2009/03/23 00:48:31
アマルガムブラザース
5. 名無し ■2009/03/26 23:29:38
天才としか言いようがない
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード