本当にあった話(一部)

作品集: 3 投稿日時: 2009/09/02 23:38:27 更新日時: 2009/09/02 23:38:27
注:ある人物とチルノの会話です

「はぁ…はぁ…」

あまりの恐怖にチルノちゃん、息が荒くなっております
しかし怖がってようが暴れようがこの仕事は完遂せねば…ッ!

「チルノ、もっとリラックスしなよ」

一応気遣ってみます。精一杯の優しさをアピールです

「出来るわけないじゃん!あんた私を縛って何しようってのさ!」

ん?何を言い出すんだこの氷精は

「いや、君が頼んだことじゃないか」

そう、彼女自らが望んだことなのだ。何で今更拒絶するのか全く分からない

「確かに頼んだけど、私は“こんなこと”を頼んだ覚えはない!」

む、可愛げのない

「おいおい、それは無いだろう?わざわざ君の為に足を運んだんだ」

自分のことで忙しいかったが、チルノちゃんの頼みだからとすっとんで来たのに
畜生、ちょっとカチンときたぞ

「もう説明はしたし時間もない。そろそろ始めるぞ」

チルノちゃんはベッドに縛られて身動きが取れません。いや、それでいいんだけれども

「ちょっ、それ持ったまま近づかないでよ!」

…それ?あぁ、それでさっきから怯えてたのか

「これはただのペンチだよ」

コイツ、俺の言ったこと全然聞いてなかったらしいな…

「い、嫌だ…嘘だよね?」

上目で俺を見てくるチルノちゃん
か、かわえぇ…
はっ!いかんいかん。心を鬼にするんだ!

「残念だけど本当なんだ」

すぅっとペンチを彼女に近づけていきます。
チルノちゃんがびくっと体を強張らせたのが分かりました。

「どこから始めようかな。じゃあここで」

チルノちゃん、悪く思わないでくれ。これは君のためなんだ
ちょっぴり俺のためでもあるけど

「い!痛い痛いひた、ぎ…あぁぁぁあぁやべてあべて!ぎぃ!」

足と手をもうメチャクチャに振り回そうとしています
…縛っといてよかった

「落ち着け!落ち着けよ!」

「うあぁ!もうだめ!いたいがまんできないかえりたいよぉ!」

くっ、見るに耐えないぜ。

「チルノ…許せ!」

苦痛を与えることに後ろめたさを覚えつつも作業を続行する俺

「あがががぁ!痛いひたいいたいぐぉ…お…あぐっああ…」

目にたっぷりの涙を溜めて懇願してくるチルノちゃん

「ね、なんで…こんあことするの?もやめてよぉ…」

「くぅ!神様はなんて試練を俺に与えるんだ!」

次は体の一部をそぎ取る作業なのだ。ここで情に流されてはいかんぞ俺!
ペンチを置いて新たな器具を取り出す。そう、針だ

「いくよ、チルノちゃん」

そぎ取る部分はチルノちゃんに住まう悪魔だ!そう、これは神聖な悪魔祓いなんだ!
ためらう必要はない!

「ががぎひぃ!あぅぅ…あ゛!痛いひたひたひたひたぃぃ!」

「あふっ!ああめでぇぇぇ!」

「ふっ、ふっ、ふはっ、くぅぅ…」

ギシギシ…
相変わらずすごい暴れっぷりだ

そんなこんなが続きまして、無事作業は終了しました
チルノちゃんの綺麗な服が血で真っ赤に染まった上ピクリとも動かなくなってしまいました

…あ、あれ?やばくね?

「チ、チルノ!?」

***

**



「あぁ、よかった。気絶してただけとは」

だが向こうはよくなかったみたいです。

「もうほんっと信じらんない!」

もうずっとポカポカ殴られております

「何であんな痛い思いしなくちゃなんないのよ!もっとやり方あんでしょ!」

「いやぁ…」

「しかも途中からなんか恍惚とした表情になるし!」

「普段の君からは考えられない位の可愛さだったからt」

顔の原型が留まらないほど殴られました。

「“虫歯”取るのにあんな原始的なやり方されるとは思ってもなかったわ!」


まぁ…そういう訳だ
どういう訳だ?

何か場違いな作品のような気がしてきましたが、初投稿です。
この話は歯医者に行くのが嫌で、友人と見よう見まねで治療したことをふっと思い出して作ったものです。
コンセプトは「見方の違い」。何の変哲もない事柄も見方を変えれば様々な見え方をする訳でして。小学校の頃、給食時間中に前の席の奴が食ってるのに合わせて
「えっ俺を持ち上げてどうするの?そのまま口に!?あ、痛い!痛いようわぁ〜」
とか食べ物側になりきって実況してました。怒られましたけど。

産廃的作品が多い中、リョナ的想像を膨らませるもフタをあけて拍子抜け、みたいのを狙ってみました。
つまんなかったらゴメンよ
藪氏
作品情報
作品集:
3
投稿日時:
2009/09/02 23:38:27
更新日時:
2009/09/02 23:38:27
分類
チルノ
みんなも一回は経験している
体の一部を分離
1. 名無し ■2009/09/03 00:00:40
どうしてここまでやるほど歯医者を忌避するのか理解に苦しむ
2. 名無し ■2009/09/03 00:18:22
普通の虫歯ならいいけど、神経まで達してると想像絶する痛みがあるからねぇ。大人でも泣くわい。

ところでペンチは歯を抜くだと思うけど、針って何じゃろ?抜いた後針で何かしたっけ?
3. 名無し ■2009/09/03 00:27:25
実に夢が広がりんぐだが、冷静に考えると妖精なら一回ピチュれば完全回復しそうだよね。
4. 名無し ■2009/09/03 00:29:55
自然の具現が病にかかるってことは
自然が危ないのではないか・・・と変な読み。

>>2
「見よう見まね」だから"俺"も実はよく分かってないんじゃないだろうか
5. 名無し ■2009/09/03 00:52:48
昔あるギャグ漫画でこれよりも悲惨な方法をたくさん試していたからあまり痛そうに見えない…
いや変な感想ですみません

俺は虫歯どころか歯医者に行ったこともほとんどないなぁ…
子供の内からしっかり指導してくれた親に感謝
6. 名無し ■2009/09/03 01:30:21
>>2
歯を抜いた後、歯茎に残っている神経を抜くんだよ……
刺した所に何度も何度も何度も何度も何度も何度もブッさしてね……

歯の根っこってのはものすご〜く深くてね、顎の骨ときっと連結してるんだよ……
だからペンチでグリグリされると顎も一緒に動いていしまう……

歯の抜き方って知ってる?
この話みたくペンチだけで済むのは幸運な場合だよ……
実際はトンカチの要領で歯を何回も叩いたり、少しでも歯茎と歯を引き剥がそうとあえて奥に押し込んだり……
麻酔は完全に痛みを消せないんだ……そのたびに鈍痛と歯ぐきが歯からビリビリとチギられる感触がよ〜く伝わるよ……

歯の根っこが開いていると悲惨
抜歯の時に根っこが歯茎をえぐっちゃうせいで出血がひどくなる……
乱杭歯だった場合、最悪。圧迫止血も難しい位置だから二日は血が止まらない……
歩いているだけで口の中に血が溜まり、ゲップに鉄錆の匂いが混じり、
就寝中でも口に血がたまって蒸せて、何度も目覚める事もある……

最悪なのは、さっきの歯をカツカツ叩いたりしている内に、まだ抜いてないのに歯が砕けちゃう事があるんだ……
そうなった場合、長期戦は覚悟しろよ……?

まぁ何が言いたいかと言うと、お前らホント歯は大切にな
7. 名無し ■2009/09/03 02:07:04
歯茎麻酔ですら泣きそうだった俺はまだ浅かったんだな…

虫歯とかそういうのって妖精ならいっぺん死んだら治るんじゃね?とか思ってしm
8. 名無し ■2009/09/03 02:36:14
運よく未経験
9. 名無し ■2009/09/03 05:14:08
助手の女の人のおっぱいが頭に当たるよう精一杯頭を突き出していた覚えしかありません
10. 名無し ■2009/09/03 05:18:32
ネジみたいな器具で歯茎グリグリされて神経抜かれたときはどういう拷問かと
11. 名無し ■2009/09/03 05:33:48
親不知抜いたけど
麻酔のおかげか、全然痛み感じなかったけどなぁ
「取れました?」「取れましたよ、見ます?」みたいな感じで

でも子供なら、チルノならそれでも嫌がるだろうなぁ
12. 名無し ■2009/09/03 06:46:23
>>6のコメントの方が怖い
だってお口にペンチ突っ込んでんのに普通に喋ってんだもん
13. 名無し ■2009/09/03 15:38:42
これをほのぼのだと思った俺はもう駄目だ
14. 名無し ■2009/09/03 16:30:55
分類を見て抜歯じゃなく散髪とか爪きりだと思った俺はまだまだ修行が足りないようだ
15. 名無し ■2009/09/04 12:27:05
歯医者は洒落にならんぞ。直ぐに妙なこと言うし
16. 名無し ■2009/09/04 13:04:08
>5、>8
出来れば一生経験せずに済む事を心から祈るよ。
俺が抜歯した時は、抜いた後の穴に極小の電気メスを突っ込まれて
神経の残滓を焼き取られたなぁ。
言ってみれば「バチィ!」を連続ピンポイントでやられるようなもので…
しかもちゃんと焼き取れたか確認するため麻酔不可とか、もうね…
17. 名無し ■2009/09/06 21:49:11
俺も去年矯正治療の為に4本抜いたけど
3本は難なく抜けたんだけど1本だけ根の先が鍵状に曲がっててね、結構な出血だったよ
まあ麻酔使ってたから痛くはなかったけど

抜き終わった歯には肉片が残ってたりして触るとちょっとプニプニしてて
これが自分の体の一部だったんだなぁと思うとちょっとゾクゾクした
全部抜き終わってから穴あけて紐通してネックレスみたいにしようかなんて思ったけど乾燥するとそんなきれいに見えなかったから止めた

歯の根って見えてる部分の2倍くらいの長さなんだよな
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード