文花帖開いたら魔理沙のページだったんだから白黒が悪い

作品集: 3 投稿日時: 2009/09/12 01:49:43 更新日時: 2009/09/12 01:49:43
「私はただ強くなりたかっただけなんだぜ。なんでこうなるんだよ死ぬまで借りるって言ったじゃないか」

それは借りるとは言わない。死んでほしい



バチィ!!と鞭の音がする、僕が魔理沙を殺そうとしているからだけど。

ん?魔理沙が何をしたかって?そんなの皆知ってるじゃないか。こいつはこそ泥だよ、僕の店の商品を盗んだんだ。沢山ね、ここは僕の店、僕の店、ここは僕が一人で生きていた僕の店、そこの商品を盗むなんて許せない。
もし僕に懐いてた理由が盗みのためならば尚更許せない。許すわけ無いけど。


だから僕は魔理沙を殺す。
たとえ泣き叫ぼうと許さない。
僕の店の商品を盗んだから。
僕の宝物を盗んだから。

僕は魔理沙に鞭を打ち続ける。体中に紅い紅い蛇の様な痕が付くまで、付いてからもずっと鞭を打ち続ける。

「いがっ!・・・やめ、こうり ん 許して・・・」

許すなんてとんでもない、僕は許そうとしてるじゃないか。魔理沙、キミが死んでくれたら許すに決まってるじゃないか、さぁ、あと何週間生きていられるかな。僕の店はしばらく休むから魔理沙、キミが死ぬまで店は閉店だよ。

「いた!!!やめろ!!香霖!私に何の恨みがあるってんだ!!私は悪くない!!」

ココまでシラを切るとは・・・僕もジワジワ殺そうと思ったけどもう怒った。

今すぐ殺す。このクソ女を殺す、昔からの知り合いなんて関係ない。ただ殺す、僕の店を荒らす奴は殺す、あの天狗や妖精みたいに殺す。
嬲り殺す。
焼き殺す
何度でも殺す。
死んでしまってもまた死ねるように殺す。

僕は倉庫から紅く光る鎖を持ち出した。
鞭の代わりにこの鎖で殴れば人間の魔理沙はいとも容易く死んでくれるだろう。
もちろん許さないけど。
僕の店の商売を邪魔したんだから死ぬ前に沢山の苦しみを知ってもらわないとね。

ほら、この鎖は痛いぞ、だってさっきレンジでチン☆してきたからな。
半妖の僕でも熱く感じるんだから魔理沙キミにはどのぐらい熱いんだろうね。ほらっ!!

「んぎぃぃぃぃい!! あづううういぃぃいぃ!じぬ!!じんじゃう!!やべべ!!やべ、べ!!」

僕が紅く熱された鎖を鞭の代わりに魔理沙に叩き付けると魔理沙の右手は鎖の勢いと重さでぐちゃぐちゃになり、そしてレンジでチン☆された熱で大きな水ぶくれが出来ていた。
そんな魔理沙を見ているともっとこの紅い鎖で叩き続けたくなった。

ぐしゃ
「ぎぎぎいぃぃい!!」

ぼきっ
「あばぁがぁ!!!」

じゅぅうぅぅ
「んぎぃ!!んんんぎぃいいい!!!」


あはははは。真っ赤っかじゃないか魔理沙!
もっとこの紅い鎖で嬲り続けたいけどもうこの鎖の熱は冷めちゃった。

次はこれだ、

ブロロロロロロ・・・
ブルゥゥウゥ・・・

「い、いがだ・・・そんだぼ・・・じんじゃう・・・」

殺す気まんまんだよ僕は。僕の店は魔理沙のせいで大損害だ。
ほら、このチェーンソーとか言う物はすばらしいね。手に来る重量感。そして豪快な起動音。そしてコレも鎖と同じくレンジでチン☆しているからね、魔理沙、キミの身体を切り刻むと同時に傷口を焼いてくっつけるんだよ。これで生きられるね。よかったね魔理沙。


では、右手を・・・

「んぎぁ!!んぎゃああああ!!」

ぼとり右手が落ちたねさぁ次は左手だ

「んがぁぁぁぁぁぁ!!!」

こっちも落ちた。僕の店の商品は品質命だよ。

「あ・・・ああああああああああ!!!」

そんなに涙を流すのなら何で盗んだんだい魔理沙。後悔するぐらいなら盗まなければいいんだよ?
そんな事も分からないのならまたこの鎖で叩いてあげるよ
ちょうど熱し終えたしね。チェーンソーが熱されるまでの時間稼ぎだ。

ぐしゃ
「あがっ・・・」

じゅっ
「んぎぃぃ」

ぼきっ
「んべっ!」

ぐしゃ
「あぁ」

もう魔理沙は女の顔をしていない体中に水ぶくれや鞭打ちのあと。しかも四肢切断もされている。僕の店に置くのも汚らわしい。早く捨てたい。


もう十分だよ魔理沙、
そんなにヒューヒュー言わないで。もう楽になるよ。

ほら、八卦炉。コレで魔理沙に止めを刺してあげるよ、


お食べ、

「んげぇ・・・」

食え。

「ば・・・ばい。」

よしよし、八卦炉を身体の中に入れたね。
今から八卦炉から高熱を出すように僕の霊力を注いであげる。
魔理沙はゆっくりじわじわ黒焦げになっていくんだ。
すごいよね。綺麗だよね。僕の店の商品を盗んだだけでこんなにレアな死に方ができるんだよ。
勿論・・・黒焦げになる途中にも僕はこのチェーンソーで切り刻んであげるけどね。
もう熱し終えたし。

綺麗だよ!今僕は人生の最高の瞬間に居る!
憎き商品泥棒を無抵抗のままここまで嬲ったんだから!!

じゃあ・・・霊力を注ぐね。ん?そんなに泣いてちゃ何言ってるかわからないなぁ?全身真っ赤っかで泣いてるかどうかすら分からないし、これは・・・

もう終わらせていいよね。

じじじじ・・・
「んぎぃ!!!」

じゅいぃぃん
「あ゛ー!!あ゛ー!!!」

ぼぅっ
「んぎぎぎぎぎぎ!!」

ばちっ
「んぎぃ・・・」

魔理沙は僕の手によって死んだ。
一番許せないのは魔理沙は僕に謝らなかった。


でももう大丈夫。僕の店の商品はもう盗まれない。
誰にも盗まれない。

よかった

よかった
僕の店はこれからも僕の店、
明日はどんなお客さんがやってくるのだろう。
明日が楽しみだ。今日はもう寝よう。こんな消し炭は明日暖炉に放り込んでやる。それで大丈夫だ。あしたは何人僕の店にやってくるかな?


















ぼぅ・・・じじじじじ・・・



















文々。新聞。
○月○日
森の入り口の香霖堂が謎の火災により全焼、店主は死亡した模様、犯人は霧雨魔理沙か?
彼女は今まで香霖・・・

ココから先は破れていて読めない。
6番レジへどうぞ!!!

初投稿品のように純水に女の子を虐めたかった。
ただそれだけです。

あ、あと自分の書く霖之助はキャラがばらばらな気がします。
カップ麺が伸びた、

皆さんも6番レジを使ってあげてください。
risye
作品情報
作品集:
3
投稿日時:
2009/09/12 01:49:43
更新日時:
2009/09/12 01:49:43
分類
魔理沙
森近霖之助
リョナ?
僕の店
1. 名無し ■2009/09/12 01:58:09
カツオトメッサーモーニンktkr!!
2. ヨシナミ ■2009/09/12 02:53:18
これはThis is My stooooooooooreeeee!!!なこーりん
ここまでドSなこーりんは新鮮味があって良いですな
3. 名無し ■2009/09/12 02:55:56
6番レジ行きます!
4. 名無し ■2009/09/12 03:50:57
金属物をレンジに入れちゃダメなんだぜ☆
ってのは置いといて、こーりんの狂いっぷりが良いね。
5. 名無し ■2009/09/12 04:27:20
あの天狗が射命丸でなくてよかったYO
6. 名無し ■2009/09/12 07:44:30
魔理沙なら仕方ない

>>5
言われてみて気付いたw
7. 名無し ■2009/09/12 11:16:34
最後はこーりんも死んじゃうのが、とってもポイント高いと思います!
8. 名無し ■2009/09/12 13:51:53
あれ?ってことはもみj
9. 名無し ■2009/09/12 16:42:07
ゴリラ!レジでセックス!!
10. 名無し ■2009/09/13 03:21:33
実際のところ、魔理沙がこーりんに売りさばくガラクタの中にはめっさ高いものも混ざっているらしいよ
魔理沙が勝手に持っていく分よりもそっちの利益が多いとか
11. 名無し ■2009/09/13 04:13:09
魔理沙からはしっかり利益を得ているから本当の害悪は霊夢
12. risye ■2009/09/13 21:12:12
>>1
カオスw

>>ヨシナミ氏
あわわわわわ・・・ヨシナミ氏にコメントもらえるなんて・・・
やばいうんこもれる
あの人の武装カートにはお世話になったなぁ
ヨシナミ氏の焼死描写を見てビビッってきて書いたのは秘密

>>3
よっしゃ待ってる!6番レジの店員さんには笑顔だよ!

>>4
こーりんはクールだけど怒ったらだれよりも怖いんだよ!
あ、もっと怖い人いるか

>>5
あなた文好きですね?
ンフフフフフ

>>6
こそ泥なら仕方ない・・・
皆レンジとチェーンソー持ってきてー

>>7
こーりんは明日への期待を抱えたまま死んじゃいました・・・
もっといい殺し方あったような気がする

>>8
烏「主が居なくても新聞は私が書く!!」
はいどうでもいいですね

>>9
レジ「らめぇえええええあづいよおおおあづいよおおお!!」

>>10
ここで公式云々言われてもなぁ。
まぁ魔理沙がこーりんの大事な何かを盗んだという事で。
あと日ごろの恨み

>>11
霊夢は強いので森近さんは渋々安いのを渡しています。

いや、霊夢焼いてもいいんだけどさ
13. 名無し ■2009/09/16 19:32:17
このこーりん最凶過ぎて素敵だ。

こいつならきっと霊夢も殺れる…というわけで霊夢編希望。
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード