受験戦争の最中で

作品集: 3 投稿日時: 2009/09/14 04:24:30 更新日時: 2009/09/14 04:24:30
暖かな日差しが誘い込む慧音の教室の片隅に座る子供達の眼差し。

「よし、今日は地図の勉強の続きだ。しっかり勉強してきたな」

「はーい」

「よし、それじゃ。このマークは何だ? しっかり勉強してきたら分かるな? 中島」

中島「えっと、その、それは」

「何だ、情けない。分からんのか、ええい、周りの者と相談してみろ。全く……、ブツブツ」

生徒「がやがや」

おませな女子「工場かしら」

賢い男子「発電所じゃないかな」

「やれやれ、どちらも外れだ……、お前らですら分からんのか」

二人「分かりません」

「もっとよく考えてみろ(マンコマークなんだけどなあ)」

生徒一同「はい」







和室に狐。香りが既に、淫靡。それこそむせかえる程のもので。紫は犯されていた。

「紫様、こんな事をされて恥ずかしくないんですか……!」

「んはあ、はあ、はうっ」

「恥ずかしくないのか?」

「は、恥ずかしい」

「そうだろう。このような姿を橙が見たらどう思うか。(こうしている間にも、一生懸命勉強をしている橙に)申し訳ないと思わないのか。反省をしろ、反省を」

「んはあっ……、ふう」

「うおおおおおおおおお」

「あんあんあんあんあん」

「ふひふひふひふひふひ」

「い、いい、いいいいい」

「どこが」

「ひいいいいいいいいい」

「どこがいいのだ。言ってみろ!!!」

「お、おまんこおおおおおおおおおおおおお!!!」
他の方々の素晴らしい作品を見ていると、居ても立ってもいられず書かせていただきました。
既存の作品の焼き増しにならないように、気を付けた次第です。
zuy
作品情報
作品集:
3
投稿日時:
2009/09/14 04:24:30
更新日時:
2009/09/14 04:24:30
1. 名無し ■2009/09/14 04:51:38
(())クパァ
2. 名無し ■2009/09/14 05:45:41
慧音先生は教育者の鏡やな
3. 名無し ■2009/09/14 08:51:04
なんともコメントしにくい
4. 名無し ■2009/09/14 11:20:10
ああ、きっと少女ババァと御狐様にも
こんな純粋な時代はあったろうに・・・
5. 名無し ■2009/09/14 15:00:28
うーん受験地獄へのアンチテーゼだ
6. 名無し ■2009/09/14 17:51:34
つまらん
7. 名無し ■2009/09/14 21:57:07
( ゚д゚)
8. 名無し ■2009/09/15 03:49:30
私はこの文章に文学界における新たな可能性を見いだした




・・・・・ようなそうでもないような。
9. 名無し ■2009/09/15 13:45:44
慧音先生何教えてんの?w
10. 名無し ■2009/09/26 03:07:52
工場あってるじゃん
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード