咲夜さんを絞首するお話

作品集: 3 投稿日時: 2009/09/21 09:58:01 更新日時: 2009/09/21 09:58:01
十六夜咲夜は夢を見ていた。
「うぐっ…むぐっ…」
暗闇の中で愛しの主のくぐもる声がどこからか聞こえる。
「お嬢様、お嬢様?何故泣いておられるのですか?」
「うぐっ…ぐすんっ…」
咲夜の声にレミリアは反応しなかった。
「お嬢様、お嬢様?どこにいらっしゃるのですか?」
「うぇえ…あぐや…」
やっと返事を返すレミリアだったが、その声は何かを咥えたまま喋ったような声だった。
「お嬢様!?今そちらに向かいます!……!?」
声のする方向へ移動しようとこころみた刹那、咲夜はある事に気づく。
(身体が…動かない!?)
身体中を拘束された様に動かない。
その間にもレミリアの声は途絶えない。
「んぐっ!ぐぐっ!」
「お嬢様!?お嬢様!?」
レミリアの泣き声が鮮明に聞こえてくる。
咲夜が夢の世界から帰還する_____

〜〜〜

夜風が顔を撫で、風を切る音が聞こえる。
咲夜の意識がだんだんと覚醒してゆく。
「……!…きゃっ……!?」
大抵夢から覚めればそこは温かい寝床の中でだが、今咲夜の寝ていた状態は通常では考えられない格好、考えられない場所であった。
紅魔館で一番高い時計塔の最上階。
その手すりの向こう側に咲夜は手足を拘束され足には重りが、首には縄が掛けられ、立った状態で括り付けられてた。
「な、何なのよこれはいったい…」

_______ぐすっ

「お嬢様っ?!」
夢の時の様にレミリアの声が聞こえる。
直様唯一まともに動かせる首だけで後ろ確認する。
「あぁっ…なんて事…」
そこには生まれたままの姿のレミリアがいた。
しかしレミリアも咲夜同様四肢を拘束されその白い肌には拷問の跡の様な痛々しい生傷で埋め尽くされていた。
そしてその背中には本来ある筈の吸血鬼のシンボルとも言える蝙蝠の翼が無かった。
「あぐや…!あぐや…!」
夢の中で聞いたレミリアの苦しむ声が今はハッキリと聞き取れる。
そして何故その様な声でしか喋れられないのもハッキリとわかった。
咲夜を括り付けている縄の先をレミリアが咥えているからだ。
レミリアが口を開けば咲夜はそのまま時計塔から落下し、首に括られた縄によって絶命するだろう。
さながら今レミリアは咲夜を絞首刑に処すスイッチの役割だ。
しかしスイッチは誰かが起動しなければ作動しない。
レミリアの背後の暗闇からそのスイッチを起動させる執行官が姿を表す。
「貴方がお嬢様にこの様な仕打ちを…!」
「今は愛しい主の事よりも自分の事を心配する事だな」
「絶対に生きてこの館から帰しませんわ…!」
咲夜の気迫に怯む事無く執行官は懐からペンチを取り出した。
「これは神の祝福受けた銀製だ、こいつに通用するかわからないがとにかく痛覚を与えられれば良い」
そう言うと執行官はペンチをレミリアの乳首にあてがい、思い切り握った。
「ゔゔゔゔぅううううーーー!!!!」
眼を見開き、歯を食いしばり縄を血で染めてゆく。
小さな桃色をした小粒が握り潰され鮮血で溢れかえる。
「お嬢様ぁっー!!!お嬢様ぁぁっー!!!」
咲夜はただただ自分の為に加虐を受ける主を見る事しか出来なかった。
即時残ったもう片方も潰しに掛かる。
「ゔゔうゔううぅぅううううーーーー!!!!」
大粒の涙を流しひたすらくぐにもった叫びしか出せないレミリア。
その姿は羽をもがれた事もあってか見た目相応の泣き叫ぶ幼子にしか見えなかった。
「止めろっ!止めろっ!これ以上お嬢様に手を加えるなぁっ!!」
咲夜も半狂乱で泣き叫ぶ。
「神にあだなす悪魔のメイドは刑に処されなければいけない」
2つのスイッチ≠起動し終えた執行官はいよいよ最後のスイッチの起動に掛かる。
レミリアの陰核にペンチをあてがう。
「うーっ!!うーっ!」
必死の形相で顔を振り回し拒絶するが執行官は容赦無くその手に力を入れる。
「ゔぐぅうう!!!うぐぐぅううゔーー!!!」
「ああああ!!!おじょうさまぁぁああ!!!」
レミリアに呼応して咲夜も叫ぶ。
「うっっぐぅううゔゔゔう!!!!」
レミリアの股間に赤と黄が混ざった池が出来る。
眼を白眼に剥き、最早痛覚しか感じない。
そして_____
「うぅゔぅううううっっ!!!」

ブヂッ

「アガッ…」

最後のスイッチが起動されてしまった。

「そんな…」
思わず情けない一言をあげる。

ゆっくりとした感覚で中に投げ出される咲夜。

「おじょうさ…がァッ」

首に括られた縄がピンと張り、苦痛の表情をしたメイドの姿が振り子の様に時計塔に揺れていた。
「あぁあ…さぐやぁ…さぐやぁぁぁあ」
血まみれのレミリアの悲痛の叫びだけが夜に木霊した。
魔理沙ry
咲夜さんが「 お嬢様」レミリアが「うー」しか言ってません。
これはひどい。
ポンポンとアイデアは浮かぶのですが、それを文字に起こす事はやはり難しいですね。
またまた突発的なシチュですがその点もまた、御容赦ください。
ヨシナミ
作品情報
作品集:
3
投稿日時:
2009/09/21 09:58:01
更新日時:
2009/09/21 09:58:01
分類
咲夜
レミリア
絞首刑
惨殺
グロ
1. risye ■2009/09/21 10:34:59
フォントから悲痛さが伝わってきてゾクゾクしました。

次に釣らされるのはレミリアで縄を咥えるのはフランちゃんですね。
2. 名無し ■2009/09/21 11:24:44
そしてすぐさま縄を離すフランとな!?
3. pnp ■2009/09/21 12:52:01
実にいいシチュエーション。
次回も期待しております。
4. 名無し ■2009/09/21 16:03:18
フォントに本当に驚いた
5. 名無し ■2009/09/22 00:26:18
※2
ぶち壊すなバカモノwwww
6. 名無し ■2009/09/22 15:08:05
フォントいじりは悪い意味で懐かしい
テキスト系サイトじゃあるまいし、物書きは文章で勝負するべし。
まあ、日本語が不自由で
吸血鬼や魔法使いがいっぱい出るエロゲーのライターをリスペクトしているなら話は別だが
7. 名無し ■2009/09/24 09:19:31
>>7
>>6は私ですが勘違い厨が醜態を晒しただけなのでお気になさらず
とことんやってください
8. 名無し ■2009/10/02 18:23:07
※2
ホントに離しそうじゃないかおいwwwwwwwww
9. NARIKO ■2010/01/31 21:59:09
これはヤバ過ぎて程よい狂ってますね
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード