中毒様

作品集: 3 投稿日時: 2009/09/24 03:16:20 更新日時: 2009/09/24 03:16:20
中毒様。突然名指しでこのような物を書き上げたことを深くお詫び申し上げます。
貴方が書かれた「野良犬が手を噛むので」を読ませて頂き居ても立ってもいられなくなったので今回筆を取らせて頂きました。
とても素晴らしかったです。胸の鐘が何時までも鳴り止むことは無く私の心に大きな杭を打ち付けました。
彼はとても幸せだったのでしょう。彼女の乳房は羽毛のように柔らかく彼女との接吻は天界の桃より甘く彼女の体内は焦熱地獄の炎すら涼しいものだったのでしょう。
妬ましいです。怒りを覚えるほどに。憎らしいです。涙が出るほどに。彼女をあのような目に遭わせた貴方を罰したいほどに。
出来ることならば今すぐ貴方の元に赴きその指を全てへし折りそのふざけた思考をする脳を磨り潰してドブ川にでも流してしまいたい。
いいえ違うんです。本当は嬉しいんです。貴方が私と同じように彼女を愛していることに喜びを感じているのです。
出来ることならば今すぐ貴方の元に赴き熱い抱擁を交わし喉が潰れ我が失われるまで彼女への愛を語らいたいのです。
そうです。私は貴方に愛情にも似た感情を持っているのです。好意という言葉では御し切れないものなのです。
しかし私も貴方も社会に身を置く者。そうそう都合の良い話もございません。それが残念でならない。空を飛べるなら、どこでもドアがあったならと子供心に思うのです。
私は貴方に本当に感謝しているのです。まるで私の心をそのまま彼女に伝えたような、貴方は正に私の代弁者だったのです。
だから許せないのです。彼女は私のものなのに。私だけのものなのに。貴方が彼女を愛しているのが許せないのです。
彼女を愛しているも彼女に愛されているのも彼女を憎むのも彼女に憎まれるのも私だけなのに。私であれば良いのに。
最低な身勝手だと自分でも思っています。しかし恋も愛も欲が綺麗に着飾っただけのものです。
恋は求めるもの、愛は与えるもの。私はそうは思いません。どれだけそれらしい言葉を並べても完全な無償の愛などありますまい。
与えられれば与えたくなるものです。それが相思の仲となれば尚更の話です。故に無償の愛などそれこそ幻想の産物。夢幻です。
だから私は彼女を愛せません。一度求めれば下り坂なのですから。だから惜し目もなく彼女を愛せる貴方が羨ましい。
このもどかしい想いが貴方に届くでしょうか。私の稚拙な筆で全てを語り尽くせるでしょうか。自信がありません。しかし沈黙を守るには心が騒がしいのです。
きっと貴方は私を忌避するでしょう。気持ちの悪い男だと。物狂いだと罵るでしょう。それでも構いません。それも愛する貴方の一部ですから。
貴方を想う度に胸が高鳴り脳が覚醒を促してしまいます。これでは眠れません。どうすれば良いのでしょう。
夢の中で貴方に会えるでしょうか。夢の中の貴方はどんな顔で私を見るのでしょうか。貴方を見る私はどんな顔をしているのでしょうか。
貴方とどんな話をしましょう。まずは自己紹介から始めるのが礼儀でしょうが緊張でしっかりとできるか心配でなりません。
彼女への愛を語らうのに何も無いというのは無粋な話。景色の良いテラスでティーカップを傾けるのが無難でしょうか。
もしアルコールが大丈夫なら上等のワインを開けるのも良いかも知れません。しかし日本酒も捨て難い。ビールは残念ながらあの味がどうにも弱いのです。
一日中貴方と彼女について話し合いましょう。そして私が貴方に嫉妬してつい手を出してしまうのでしょう。アルコールもその一助となりましょう。
貴方の顔面をひたすらに殴り付け全身に火を放ち程好く焼けたその肉を食みましょう。これで私と貴方は一つになれたのです。
同一になれば私も貴方もありません。逆に貴方に食べられるというのもありですね。愛しい中毒様にならそれも本望というもの。
もっと語りたい想いがあるのです。伝えたい言葉があるのです。しかしそれを記すには私の腕が歩を進めないのです。
このもどかしさが憎い。拙い文しか紡げないこの腕が怨めしい。この想いを募らせる貴方が愛しい。
嗚呼親愛なる中毒様。憎き中毒様。怨んでいます。愛しています。貴方がどう思われようとこの想いは止められません。
貴方に会いたい。貴方を殺したい。殺したいほどに愛したい。しかしそんな真似をすればたちまち刑務所へ服役することになってしまいます。
誠に残念ですが今回は貴方と出会った不幸を祝いましょう。貴方と出会った幸を呪いましょう。いつか出会えることを信じて瞼を閉じましょう。

七紙
右腕のリハビリ程度に何か書こうと思ったらこんなんなってた。時間も酷いことになってた。上手く書けないからもう寝る。
七紙
作品情報
作品集:
3
投稿日時:
2009/09/24 03:16:20
更新日時:
2009/09/24 03:16:20
分類
中毒様
1. 名無し ■2009/09/24 03:28:37
なんという感情の摩天楼

って深夜になんちゅうものを投下してくれるのかwww
2. 名無し ■2009/09/24 03:43:56
タイトルでもしやと思ったがやはり貴様かキチガイ野郎w
3. 排気ガス ■2009/09/24 05:59:00
こやつめハハハ
4. 名無し ■2009/09/24 06:47:08
みんな仲良いなぁ、産廃
5. 名無し ■2009/09/24 07:08:33
この狂気に汚染された平和が産廃の持ち味
6. 名無し ■2009/09/24 14:48:35
これなんてラブレター?
7. 名無し ■2009/09/24 18:39:51
狂気こそ此処の平和であり秩序なのではないかと思いつつある今日この頃
8. 名無し ■2009/09/25 01:35:12
もうやだこの創想話ww
9. 名無し ■2009/10/01 20:40:12
おまえの右腕はデビルブリンガーなのか?
それともゴッドハンドなのか?
10. 名無し ■2010/03/14 14:51:15
ツンデレですな
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード