オープンファイア!藤原さん!!

作品集: 3 投稿日時: 2009/09/26 21:22:32 更新日時: 2009/09/26 23:48:44
注意事項
@アレのもうちょい先のネタのプロットみたいなもんなので、内容はまったく違うが一応注意。
A中将は自己投影キャラかと思われるが、別にそういうわけではない。
B妹紅はかわいい。


登場人物紹介

モコウ  ・・・・とてもかわいい。機関砲弾を体内で炸裂させたい。
モッコラー・・・・急に目の前でセックル始めた奴らに対して紳士的に置手紙でたしなめるマジいい人。一応元帥。
ユカリ  ・・・・黒幕のようで黒幕。悪いお母さんです。TUGUNAIせよ!!





/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

カツ……カツ……

動物園の檻に入れられた動物のように世話なく足を動かし、作戦司令室を歩くものがいた。
エルヴィン・ロンメル元帥(※)……その人である。
※『砂漠の狐』の異名をとる第三帝国(ナチスドイツ)の名将。

彼はひとつ大きなため息をつき、ドイツから遥か離れたアフリカの地を窓から覗き見た。
それは不毛で、元より生あるものなど存在しないかのような風景であった。

「最近イギリス軍の反抗が激しく、士気も上がっている……。」

ポツリとロンメルは言葉をこぼす。
彼の部隊は連戦連勝であるのだが、最近勝つのが苦しくなってきていた。
愚痴の一つもこぼしたい所だが、それは兵の士気に関わるのは分かりきっていた。

「イギリスはアメリカから援助を受け、戦力を増強しているようだ。」

勝つのは難しくなるかも知れないな……と言いかけたところで言葉を止めた。
司令室への階段を駆け上がる音が聞こえてきたからだ。
ロンメルはトレードマークでもあるゴーグルについた砂を軽く払い、服を整えた。

.......

階段を駆け上がる偵察兵は気が滅入っていた。
何故なら自分の報告があまり喜ばしいものではなかったからだ。


物量に次ぐ物量……
彼がその眼に焼き付けた光景はひとえにそれを表していた。

アメリカの新型戦車、M4シャーマン(※)が港で大量に陸揚げされていたのだ。
※攻防力は平均的だが大量生産に向いており、50000輌ほど生産された。

対する我が軍は補給も無く、使えるのは旧式の戦車ばかりで新型戦車には苦戦することが目に見えていた。
それに頭を悩ませる同盟国のイ(ヘ)タリア軍、アメリカに増強されたイギリス軍が我々に襲い来るのだ。
それが我々ドイツ軍団にどういう結果をもたらすかは……考えたくもない。


しかし、幸いなことに我々の指揮官はあのロンメルだ。
今まで数々の戦いで負け知らずのあの将軍ならきっとやってくれるに違いない。
兵はそう自分を奮い立たせ、作戦司令室のドアをたたいた。

「失礼します!」
ガチャリと勢い良くドアを開けた先に―――





ロンメル将軍の姿はなかった。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////






チュンチュン・・・…
平和な竹林に光が満ちる。

ここは、藤原さんの家だか中将の家だかよく分からないけどみんなが集まる家であります。
(妹紅とバカルテット17ポンド……の舞台とかのあの家です)

今日はみんな集まっての焼き肉パーチー。
先日の謝罪に来たリグルやチルノちゃんたちバカルテットも呼んでのにぎやかな食事会です。
焼肉をもちもちほおばりながら、愛しのフォーリンラブ妹紅ちゃんが口を開きました。

「どうやってこんな肉を貰ってきたの?」
【ああ、それはケイネ先生から戴いたよ。】
「へー、そうなんだ」 モグモグ

.......

ケイネ先生のうちに行って【焼肉がしたいから肉をください】って言ったら消されかけましたが、
”妹紅が食べたいらしい”ってちょっとしたチャーミングな嘘を言ってあげると

〔少し待っていろ……〕ギリリ

って言いながら奥の小屋のほうに入っていきました。
床に落ちていたケフィアでも眺めながら5分ほど待つと新鮮な肉を持ってきてくれました。

〔ホラ………肉だ………。〕コヒュー…コヒュー…

ケイネ先生は妙に血まみれで息も絶え絶えで死にそうでしたが、敢えて気にしないことに。
まるで”自分を切り刻んで肉にした”かのようでしたが……。

.......

{うまい!!}テーレッテレー
〈ハフッ!!ハフハフッ!〉

ケイネ先生の焼肉は好評のようで良かったです。
3キロほどあったはずなのですが、もう無くなってしまいました。

[先日はあんなことをしたのにこんなにして貰って…すみません……。]
【ハハハ、まあ過ぎたことだ。気にしないほうがいいよ。】
[あ、ありがとうございます。うっうっ。]
{あー、リグル泣いてるのかー}
(リグルをいじめるなー!!)
【じょ、冗談じゃ……!】


私がみんなの痛い視線に慌てていると、
突然不思議な隙間がぱくりと開き、私は吸い込まれてしまいました。



/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

ヒュウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ドサッ!


何やら硬いところに落ちたようです。
持病の腰痛をこらえながらさすっていると、どこからともなく声が聞こえてきました。


≪ハロー、みなさぁん。気分は如何かしら?≫

「最悪だぞ、ファッキンガイ」
『ウジが湧いたチーズの如く不快だ。』
≪あらあら、つれないわねえ、残念。≫

残念そうな素振りなどまったく見せずに声はこちらに語りかけます。
≪あなたたちには”ゲーム”をしてもらうわ≫

「ゲーム?」
≪そう、ゲーム。ただし、実際に痛いわよ。≫
『下らん。さっさと元の場所に戻してもらおうか』
≪無理よぉ。クリアするまであっちには帰してあげない。≫

声の主、ヤクモはまるで子供がこれからぶち殺す昆虫を見つけたかのような
残虐で・・・・・・それでいて楽しみを見つけたかのような態度でした。


「『・・・・・・・・・・・・。』」


妹紅とモッコラーは眼を合わせます。
一応自分もいるのですが、スルーされ具合が素晴らしいですね。レッツ蚊帳の外。


『良かろう。何が条件だ。』
≪そう来ると思ったわ♪≫
「御託はどうでもいい、さっさと言え。」


≪オーケィ、その条件はね・・・・・・≫


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////


『というわけで、我らがロンメル元帥は戦死した!
 私が変わりに指揮を執るモッコラー元帥だ!!ジークハイル!!』
「「ジークハイル(勝利万歳)!!」」

『貴様らは何を望む!!』
「「勝利!!勝利!!」」

『憎きイギリスを叩きのめしたいか!?』
「「潰せ!!潰せ!!」」

『よぉし、なら私について来い!!』
「「オォォオォオォォオオ!!」」



.............




【結局こうなりましたか・・・・・。】
「そうだな、まあ何とかなるだろう。」

ヤクモから与えられたミッションは

”北アフリカ前線でドイツ・イタリア連合軍を勝利させる”というものでした。

確か、紅魔大図書館で読んだ資料には物量差で敗北した、と書いてあったような気がします。
それだけなら我々3人が肉薄して突撃すればいいのですが、もう一つ条件があり

”死んでも生き返れるが、三人で二度までしかいけない。
 つまり、三人が一回ずつ死んでも、一人が三回死んでもダメである”

隙間妖怪曰く、モンハン?のようなものらしいですが、私には理解できませんでした。
その後、ドイツ軍に多少の動揺はあったものの、なんとかモッコラー閣下がその場を鎮めることに成功し
現在、モッコラー閣下が総指揮をするということで何とか収まりました。
常人なら今頃ドイツ軍に蜂の巣にされていますが、これもカリスマのおかげでしょう。

しかし、我らの軍団の状況は、かなり厳しいといわざるをえません。
相手の新型戦車に対抗できるW号戦車(※)の配備数は少なく
※ドイツ軍の主力戦車。第二次世界大戦の初めから最後まで戦い続けた。

残りはV号戦車(※)が殆どであり、敵のシャーマンには太刀打ちできません。
※ドイツの戦車。これのカスタムバージョンのV号突撃砲は最も多くの戦車を撃破した。

質でも負け、量でも負ける・・・・・・。
それが現在の状況でした。


/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////




『これより、作戦会議を始める』
モッコラーが重々しく口を開く。







―――果たして我々は帰ることが出来るのだろうか・・・・・・・?









とぅーびーこんてぃにゅーど……














次回予告
ついに現れたイギリス軍!!
妹紅たちは見事に撃退することできるのだろうか!?



そして、敵戦車たちが容赦無く妹紅たちを襲う!!
はたして、死亡規定回数以内に勝利することはできるのか!?






次回『倒せ!!新型戦車シャーマン!!』
お楽しみにッッ!!
今日はお絵かきをしてみました。
マウスは難しいけど面白いですね、へたくそなのは許せ。
たまにはこういう息抜きもいいものです。


どうでもいいですが、妹紅伝のモコウの元ネタの一人はエリア88のグエン。
登場当初がモデルですから一般市民に機銃掃射とか平気だぜうぇーい。

挿絵については黒崎氏がやっているのを見て
ええのう、ええのうと思った次第であります。
藤原海軍中将
作品情報
作品集:
3
投稿日時:
2009/09/26 21:22:32
更新日時:
2009/09/26 23:48:44
分類
藤原さん
モッコラー
軍事物
どうでもいい次回予告の押絵
押絵ってなんだ、挿絵だろ
今更気付いた
1. 名無し ■2009/09/26 22:30:56
モッコラーなら…モッコラーならスエズどころかA軍集団とバクーで握手してくれる……
2. 名無し ■2009/09/26 23:29:33
そー言えばここはタグで挿絵を入れられる機能があったんだっけ・・・。
実際に挿絵入れてる小説ほかにあったっけ?
3. 名無し ■2009/09/27 00:09:14
文がリモコン拾う話とか
4. 名無し ■2009/09/27 01:46:36
新都社みてーな絵描きやがってwwwww
でも、
バン!!
うわっ!!
もこー!!
とかアウトサイダーアートっぽくて好きだwwwww
5. 名無し ■2009/09/27 02:13:12
砲撃シーンにやたらと気合が入ってるなw
6. 名無し ■2009/09/27 14:11:57
やぱり頼りは3突なんでしょうね
7. 木質 ■2009/09/27 22:39:28
モッコラーさんの活躍に
日々胸を躍らせている次第でございます
8. zuy ■2009/11/28 23:59:52
この作品今まで読んでなかったのを後悔した
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード