童話

作品集: 5 投稿日時: 2009/10/14 15:25:45 更新日時: 2009/10/14 15:25:45
幻想郷にある広大な魔法の森、その中を二人の金髪の魔法使いが歩いていた。
一人は霧雨魔理沙。もう一人はアリス・マーガトロイドだ。

「ねぇ魔理沙、本当にそんな泉あるの?」

「ああ、文献によるとこの辺りに幻の泉があるらしいぜ」


アリスは少し考え込んでから魔理沙に話した。


「やっぱり行くのやめない? 幻なんて信じられないわよ……」

「何言ってるんだアリス? 三時間も歩いておいて今更引き返せっていうのか?」

「そうよ。幻なんてのは存在しないからこそ幻なのよ。しかも文献に書いてあっただけでしょ?」

「まさかアリス、怖いのか?」

「そ、そんな事ある訳ないじゃない!!? 行くわよ!!」

「ハァ……」









そんな事で更に歩き続けて三時間、ついに幻の泉らしきものに到着した。



とりあえず何も用意していなかったのでまず飲んでみる。体に何の異常もない。
よく観察してみるも何もなし。底の浅そうな湖である。それ以外特徴のない湖である。特に周りにも何もない。



「うーん、何もないわね……」

アリスは泉の側に立ち辺りを見回している。


「おーいアリス、何も無いし別探しに行こうぜー」


そう言って新たに探しに行こうと思った時だった。

「ちょっ……」

突風が吹きアリスは泉へと落っこちてしまった。

すぐさまアリスは泉の側へと駆け寄る魔理沙。

「アリスーッ!! 大丈夫かー!?」

浅い泉のはずだった。しかしそこにはアリスの姿は無かった。

「一体どうなってんだよ!!」

魔理沙も泉に飛び込もうとしたその時だった。
泉が突然輝きだし中から一人の女性が二人のアリスを抱えて現れたのだ。

魔理沙はあまりの驚きに口を半開きにしたまま動かなかった。そして泉から現れた女性は魔理沙に尋ねた。

「貴女が落としたのはこの金アリスですか? それともこの銀のアリスですか?」

「なんかよくわからないけど落ちたのは普通のアリスだぜ」

「貴女は正直者ですね。正直者の貴女にはこの金のアリスを差し上げましょう。」

「え? それはマジでいらないから普通のアリスをくれよ」

魔理沙は断ったが女性はそれを無視し、そのまま金のアリスを渡して泉へと戻って行ってしまいました。

金のアリスは魔理沙を見て一言、
「私、ゴールド・アリス・マーガトロイドよ。よろしくね魔理沙!!」


その名の通り髪の毛から肌の色、目の色、口の中、涎、着ているもの、カチューシャまで全て金色。排泄物も金色と考えると……
相当の悪趣味です。欲しい人なんて金が大好きな豊臣秀吉ぐらいです。


正直困った魔理沙は同じことをして女性を呼び出し、本当の事を話して普通のアリスと取り替えてもらうことにしようとして、金のアリスを池に落としました。
するとどうでしょう。また泉が輝きだし普通のアリスと銀のアリスを抱えた女性が現れました。
アリスはいつ施されたかは知らないがどうもしゃべれないように口にガムテープをされていますが必死な様子から助けてくれと魔理沙に訴えかけているのが伝わってきます。

そして泉から出てきた女性は問いました。
「貴女が落としたのはこの銀のアリスですか? それとも普通のアリスですか?」

「私は普通のアリスが欲しいんだ!! 早く返してくれ!!」

魔理沙は言いました。
するとどうでしょう。女性の顔が突然険しくなり、棘のある口調で魔理沙に向かって言いました。

「貴女は嘘つきですね。嘘つきには何もあげるものはありません」

そう言って女神は普通のアリスと銀のアリスを持って泉へと去って行きました。







魔理沙は信じられませんでした。正しいことを話したはずなのです。それなのに……
助けに行きたくても飛び込んでしまってはアリスの二の舞になる。
そこで彼女は決断を下しました。

「まぁアリスだしいいか。」





















    その日、アリスは幻想郷から存在を消し、謎の世界にて溺死した……
前回コメント、指摘をくださった方ありがとうございます。
SS指南サイトなど見てきて書き方などを勉強してきたつもりですが、何か改善点があれば指摘をもらえれば嬉しいです。

最後にこんな駄作SSを見てくださった皆様、ありがとうございます。



ちなみに私は銀のアリスが欲しいです。

※投稿内容に問題があれば修正、削除します。
サレ
作品情報
作品集:
5
投稿日時:
2009/10/14 15:25:45
更新日時:
2009/10/14 15:25:45
分類
アリス
魔理沙
1. 狼狐 ■2009/10/14 15:31:33
じゃあ金のアリスは俺が
2. 名無し ■2009/10/14 16:14:29
>>1
ゲシ ゲシ ゲシ ゲシ ゲシ(金のアリスによる連続スネ蹴りの音。女神四天王のルーミアを倒す程度の威力)
3. 名無し ■2009/10/14 21:41:28
最近金の相場が高騰してるから金アリスがあれば…
4. 名無し ■2009/10/14 22:39:49
これはいい童話アレンジだ
5. 名無し ■2009/10/14 22:53:00
>貴女は嘘つきですね。嘘つきには何もあげるものはありません
何が嘘つきなんだよwつーかゴールドなんかほしい人いんのかと思ったらすでに↑にいた
6. 名無し ■2009/10/15 01:10:20
金のアリスって相当重いよね。ベッドも、畳すらぶっ壊れる。
排泄物は水洗便所じゃ流れないし、汲み取りもバキューム無理なので手作業。

米2
じゃあ増えた霊夢は俺が貰う。
7. 名無し ■2009/10/15 21:58:42
こうしてまた一つアリスの魂が…。

※6 夢の無いようで夢の有る話だw
8. 名無し ■2009/10/16 21:45:41
>>6
このネタが分かってくれた事に感動した
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード