ダイアーさんと×× だい4がくしょう

作品集: 7 投稿日時: 2009/11/24 21:50:22 更新日時: 2009/11/24 22:43:39
地霊殿、廊下
少し怪しい雰囲気が漂う屋敷で、さとりと××は
お燐を探していた




××は一人考え事をしていた、しかし、お燐のことじゃない
彼には必殺技がある。魔理沙がマスタースパーク、神主にマスタースパークリング
穣子がヲトハシハーベナントカ、DIOがザ・ワールドみたいに
彼にも自分を象徴する、必殺技がある。






その名も稲妻×字空烈刃(サンダークロススプリットアタック)
名前のクロスを「十」ではなく自分の名前の一文字「×」にしたのにこだわりがある
手刀に十字を組み、両足で相手の腕を広げ攻撃する、攻守共に完璧な技だ
いままでに、この技を破れたのは、××の短い人生の中ではたったの227人ほどである。



この幻想郷で××は、この世界のほとんどの相手にこの技を破られ
正直、自分もこれじゃやっていけないと思っているし、
そもそもここでは弾幕ごっこが主流なので、やるといつもブーイングをうけていた。


なのでこの技をどう弾幕に表現するか考えていたが、もう一つなやみがあった、、


=さとり 視点=

××、、、あなた、、、、、お燐のこともこれっミリも考えていませんね?
フムフム、、、お燐は強さはよく解っているし、彼女は機転が利くからどうにかなるだろう、、ですか、、
まぁ、その通りですよね、、、、しかし、嫌な予感がしますね、、


××のもう一つの悩み、、、それは、、




彼の長ったらしい必殺技が、とある波紋使いとやらのの霊によって訴えられたのだ。
「その技は私が編み出した技だ」と主張する霊に××はこの前





××「ウリは何も知らないニダッ!変な言いがかりはやめ、、、アイゴーーーーーーッ!!」
っと発言、2回目の裁判は来週だ、しかし、もう勝敗は決定しているようなものだ。


=さロリ 視点 終=



××「なぁ、どうやったら裁判に俺は勝、、」

さとり「諦めなさい」








地霊殿、さとり達とは少し離れた位置



こいし(うっ、、、お燐は、、、どこっ!探さなきゃ、、
    もし誰かの、、××や、、、お姉ちゃんに、、、バレたら、、、、、
私は、、、、ッ!!)

更に加速するように、強烈な便意と吐き気に襲われる
それは彼女が不安や恐怖に、精神的に大ダメージを受けているのに
そのダメージで、どんどん負の考えが頭に浮かんでしまい、どんどん精神を悪化してしまう。
もう、、限界だった、、、


こいし(、、トイレ行かなきゃ、、、、でも、、激しく、、動いたら、、出ちゃうよぉ、、
    でも、、急がないと、、もう、、、、、もう、、、、、、、、ヒェ、、ウッ、、)


彼女はもう全然進めていない、小学生が普通に歩くくらいの速さがやっとだった。
しかし、トイレは遠い、この広い屋敷でこいしは涙を流し、顔を真っ赤にしながら廊下を進んだ、、





いっぽう、こいしのいる廊下の少し手前


さとり「では、今夜の夕食はカレーライスですか?」

××「その通りッ!カツカレーっさッ!これで裁判に勝つッ!ってね♪」


どんだけ、裁判が不安なのだろうか、、、
まるで高校の定期テストで「うわー、勉強しなきゃー、でももう間にあわねーッ!」と
言いながら、必死に悪あがきする成績が下の人によくあることの状況と似た
不安と心配と後悔の念にこの男は襲われているようである。


さとり「曲がり角ですね、、、」


二人は分かれ道に出た


××「じゃ、俺は右へ行くよ。お互い一旦見終わったらリビングに戻ろう、
   夕飯の支度はあるし、お燐ならだいじょうぶさ」

さとり「そうですね、、では後ほど、、、」


二人はそれぞれの廊下を進んでいく







==




こいし(ハァ、、ハァ、、、ウッ、、、あぁ、だ、、め、、限界だよぉぉぉっ!
    助けて、、××、、、トイレ、、、ゥ、、、、、)


額に汗を流し、すでに限界だった、、、、彼女は下半身に力を込めて便意を抑えていたが
力を入れてしまっては、うまく進めなかった。
それにもう胃からもすでに這い上がってくる物かがあった。

こいしは天に祈る、誰か助けてと、、、


こいし(ァ、、、ァ、、、ダメェェェェェッ!!  出、、で、、で、、、
    アウウゥゥゥゥゥゥゥゥゥゥッ!!)


彼女は倒れこんだ、下半身から排泄音が響きわたる。
長時間我慢したためか、物凄い異臭がする。
その異臭や、下着に広がる気持ちの悪い感触、、、そして、この長年生きてた自分がこんな恥ずかしいことを、、
絶望と、自信のプライドの崩壊、精神状態はボロボロだった。
そのことが原因で彼女の吐き気は最大級のものになった。



こいし「ヴッ!、、、、、ヴェエェェエエエェェエェェェェ、、、」


どぼどぼと、廊下のカーペットに吐しゃ物をはきだす。こいし、、
こいしはあまりの悲しさに滝のごとく涙を流す、、、、

そこに足を音が聞こえてきた、一人の様だ
足音は自分の目の前で止まった、おそるおそる目を開けると、、、


××「   ( ゚Д゚)    」

そこにいたのは、××だった。

こいし(ィ、、、ィヤァァァァァッ!)

何時、帰って来たのか、そこには一番この状況を見せたくない人物がそこにいた。
もしかして、、もうお燐から私のことを聞いて、、

××「   (  Д )  ゚ ゚」



その時、リビングの大時計がゴーーーーンッ!っと屋敷に鳴り響いた、、
同時刻、お燐は市街に到着した。



=ここより、××君の紹介=

同時刻

さとりはふと、××のことを考えた

彼は普通の人間とは少し性質が違った、常識やモラルがない訳でなく。変態というわけでもない。


彼が地霊殿のエントランスで人間の死体が飾ってあるのを見て、私達に怯える様子を見せなかった。
「あなたは怖くないの?」
誰かがふと彼にそう言った、、彼は
「別に、、」っと言った
すると誰かが
「何で?」
っと聞くと

「あんた達、妖怪と俺はそもそも住んでる環境や種族が違うからさ
 ものの見方は違うのは当たり前、文化の違いが生じるのは普通さ
 自分の心の物差しで相手を見ちゃあいけない、相手のものさしと自分のものさしは違うのです。
 偉い人にはそれが解らんとです。
 あ、、でも、俺を殺して飾りはしないでくださいッス、、皆死にたくないのは共通だよね?」

っと答えた。

私達が彼を好む理由、地下の妖怪達から好かれる理由、そして彼がそんな私達を怖がらす接する理由
それは「自分の価値観や主観で物事を見ない、他人を否定しない」ことだと思う。


彼は物事に出くわすと、自分の主観で相手を見ない
相手の気持ちになって、、っと、小さい時誰もがそう教わるだろう、そんな当たり前のことであるが
なかなか、そんなことできる奴なんていない、例えると、「横断歩道で手を挙げて渡りましょう」くらいできる
奴はいない。

誰しも自分の価値観は絶対である。だから人妖とわず他人の好き嫌いがでてくる。
地下には、その価値観で怖いとか危険と判断され、拒絶されたもの達が渦巻いている。
そんな、地下で誰にも嫌な顔をせず、今まで拒絶されて来たもの達を受け入れ、否定しない
人物が急に現れ、今まで「嫌われ者」だった自分を受け入れてくれる、そんな人物が現れたのだからこそ
そして、今まで心のどこかで寂しさを経験、味わっていたものが地底に沢山いたからこそ
そこに自分の居ごこちのよい居場所を求めて彼に集まるものは多い、、、
こいしを始め、土蜘蛛、橋姫、つるべ落とし、などきりがない

そして、それが地底でもっとも嫌われ、孤独な姉妹に、、、
今までいくら友好的になっても、その能力故に拒絶された二人に彼は
「天からの贈り物」、「今までの二人の辛い人生への頑張ったで賞」的な意味を持っていても過言じゃなかった。

もちろん彼は心を読まれることは、嫌がったが、彼には第二の考え方がある。

「慣れろ」

三文字であらわすと、これである。
新学期に新しい友人達ができ、最初は世間話や好きな音楽で盛り上がる訳だが
お互いに時間がたって、慣れると、エロ本貸しあったり、自分の隠れた秘密をカミングアウトしたり
するものだが、彼の考え方はそんなことをさしていた。

心を読んで、しかもそれがどんな内容でも、まるでガトリングガンの如くそれを口に出すさとり
しかし、家族の様に共に生活しているうちにそれも気にならなくなり、笑いの種になった。
、、、、、しかし、お燐やお空達を見ていやらしいことを思ったら
週休二日、7時間労働の死体運びや、管理、雑務の仕事のノルマを倍にされた。

しかし、そんな彼が私達に与えた安心は大きかった。


でも、やはり彼も生き物であり、悪いところが探せばガンガン見つかるわけで、
何事も自分の気の向かないことはサボる、サボり癖、ノルマ4倍
保身のために嘘をつく、しかも諦めが悪い、しかし、心を読まれて見透かさせる、ノルマ2倍
ときどき夜、迷惑を考えず大声で歌いだす、ペット達に責められる、ノルマ1.5倍
たまに外の世界にのいやらしい本を買ってくる、たまに××の部屋に無断で入るこいしに発見される、ノルマ2倍
冷蔵庫の他人の物を無断で食べる、やはり心を読まれる、ノルマ3倍
人型になれるペット達の発情期に、やたら自分をアピールする、自室待機
機械に頼る、楽したがる、自分の金は全部趣味に、まだまだあるが

まぁ、彼も結局人間である。



しかし、、、そんな彼が、どことなく気に入ったのも事実だ


=お風呂場=

こいしは温かいお湯で体を温めた、なんだか凄く落ち着いた
風呂場は石鹸のいい香りがただよい、さっぱりしたこいしは顎が少し入るくらいお湯につかった。

お風呂場の外から、声が聞こえ顔をあげた。

「洗濯は終わったヨー、カーペットの方もだいじょぶだッ!
 ペットにも全然見つかんなかった自信もあるし、安心したまえっ!」

テンションの高い、元気な声が聞こえる××だ。

こいし「、、、、ありがと、、」

こいしの元気はスッカリ無くなっていた。
××は考えた、ここは俺が元気づけてやるんだ。
そう、俺はジェントルマンだ。しかし、下手に何か言って墓穴掘るのも、、、

××は、考えた、自分は小物でも噛ませ犬でもない、、、大きな器をもつ男だ、、、っと
そう心に言い聞かせ、「自分ならやれると元気づける」のが彼の特徴だ、正直××は言うまでもなく小物


こいし「、、、、、、ねぇ、、」

××「ヒュイッ!?」

=こいし 視点=

思わず、突然の発言に、、ビックリしたのだろうか、、、
××は変な声をあげた。

わたしは勇気を振り絞って聞いた。

こいし「、、、嫌いに、、、ならないで、、、」


その場が静かになる。洗濯機がムワンムワン音を立てていて
それ以外は、水道の蛇口からでる水しか聞こえない


××「、、、、why?、、何故またいきなしそんなことを、、、」

どうやら、××にとっては思ったより簡単な質問が来て安心しているようだ、、

こいし「、、だって、、、私さ、、、、汚いじゃん、、、、」

もっと伝わりやすい表現はあるが、さっきの事柄を余りハッキリ表現したくなかったから
こいしは「汚い」の一言で、全てを現した、用は「私漏らしたじゃん」と言いたいわけだね、こりゃあ

××「嫌いになんてなりまんよ、まったく」

××「何をそんな気にしてんだい、そんなこと水に流せよ、、長年生きればこんなのこともあるしさ、
   それにこいしちゃんが不安になったりすると体調を崩しちゃうのは仕方ないことよ、
   ハッキリ言うとさ、家族みたいなもんじゃん、我ら」

こいし「、、、ぁりが、、、、とぅ、、、」
    
××「川´_ゝ`) なに、気にすることはない」

こいし「そんなこと言ってると、、空気になるよ、、」


やはり、元気がない。

××「じゃ、俺は料理を作ってくるからネー」


=台所=



××「スミマセン、遅れてしまいマシタ、、、」

見るからに謝っていない××

さとり「妹が、迷惑かけたようね、、、、ありがとう」

××「読むなよ」

さとり「いいや、読むねッ!」

××「救急車に轢かれるぞ、、」

さとり「あなたも今後空気にならないようにね」


一瞬、空気が凍った

××「今日の夕飯は、、俺はシチューが食べたい」

さとり(、、、、あれ、無視、、?)

××「予定は、変更されたのだよ
   いますぐにシチューの作製に取り掛かる」

さとりは一瞬、何故だろう?っと考えたが
すぐに理由がなんとなく解った、心を読まずとも、心で理解した。


さとり「じゃあ、ペット達を呼んでくるわね」


そう言って、さロリは台所から出て行った。
お燐もそのうち帰ってくるだろうと思いながら、、


==時間は常に時を刻み続けるのです、そして時は進み==



こいしは温かいシチューを姉や××、ペット達と食べながら思った。
自分は幸せを感じている、心がこの場にいると安らぐ、、、
楽しく皆で食事をする、そんな当たり前のことがこいしは幸せに感じた、、、

もっと、こんな時間が続いたら良かったのに、、、






現実は、、時に非情である。






バンッ!!!!!!


ドアが凄い勢いで開けられたッ!皆テーブルから立ちあがったッ!
何事かと思うと、いきなり地底の妖怪達が部屋に入って来た、、



勇儀「××ッ!無事かッ!」
ヤマメ「早くこっちに来てッ!」

いきなりの訪問者に戸惑うペット達、、、
こいしはここで重要なことを思い出す、、、、、、、、、、

こいし(、、、、、、、お燐ッ、、、)


さとり「何事ですかっ!!」

さとりが質問をする。

パル橋「そんな場合じゃあないのよっ!、この子を見なさいっ!」

パル橋の腕には傷だらけの黒猫が抱かれていた。

さとり「、、、、お燐っ」


見てすぐに解った、長年共に暮らした家族を見間違えるわけがなかった。


キスメ「それは全部、あなたの妹がやったのよっ!」

さとり「!!!」

さとりの表情に変化は感じられない、正直、勇儀はさとりのその姿を見て
関心せざるおえなかった、さすがは地底の管理者、ただの妖怪とは違う

さとり「こいし、、それは、、、本当ですか?」




姉の目線がこいしを見る、××もお空も皆、、、、
さっきまで、、一分前まで、、、あんなにも温かかった場は、、、冬の寒い夜の様な
静けさに満たされた、、、


ヤマメ「いい逃れは、、、できないよ、、」

そう言ってヤマメは大きな日記帳をかざす。

ヤマメ「これは何だいっ!この恐ろしい内容のページはっ!」


そうして開いたページはお燐も読みかけだった昨日の日記


妖怪B「このページを見て、あんた様はどう思うかネー、古明寺のお嬢様?」
パル橋「日記はすぐそこに落ちてたわよ?管理があまいのね?」


さとり「、、、、、、信じたくないわ、、、でも、、あなた達やお燐の心からして、、
    こいし、、あなた、、、」


こいし「うわやめてそんなめでわたしをみないでおねえちゃん、××もなにをみてるのえっ?わたしのにっき?
    やめてよ××そんなあおぜめたかおしてどうしたの?みんななんでそんなめをするのよわたしこわいよ
    しないでしないでしないでしないでしないでしないでしないでしないでしないでしないでしないでしないで
    しないでしないでしないでねぇおねえちゃんも××もたすけよねぇわたしこわいよめをとじたあのひくらい
    こわいよたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけてたすけて、、、たスケ、、テ?」

さきほどのハートフルな家族よろしくの温かい夕食の風景はがらりと変わる

××(落ち着け、そうだ、ポジティブになるんだ、、、これは、、ドッキリだ、、
   俺が外にいた時、アメリカでこうゆうのしてスターとか有名人を対象に、、、)


こいし「アハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハハッ!!
    モイイイモン、お姉ちゃんも××も無理やり私の物にするからさぁ!
    蜘蛛も鬼も皆、じゃまをする奴は、、、、、ユルサナイカラ、、、」

次の瞬間、パル橋とヤマメは拳でブッとばされた、、、、こいしの姿がない、、気配が感じない、、、

勇儀「みんなっ!!できるだけ自分の身は自分で守りなっ!
   ここは危険だっ!」


ヤマメ「油断したっ、、、みんなっ!こりゃあヤバイよっ!」

××「ヤマメっ!大丈夫かっ!!」

すぐさまヤマメに駆け寄る××、、、それを見てこいしはどう思ったか、、
ただ、心から沸々と何か、、、怒り?憎しみ?、、、



こいしがヤマメに向かってくる、、
その時、パル橋は叫んだっ!!


パル橋「勇儀っ!!××の右斜め後にあるテーブルの上よっ!」

その瞬間、勇儀がすばやくそこに弾幕を放つとこいしの悲鳴が発せられた。

勇儀「、、、作戦を練ってて良かったな、、」

パル橋「まったくだわ、、」


妖怪達の戦いに、××はついていけない目でおえない、、、
これが妖怪同志の戦い、、、、××は始めてみる光景に、、新鮮さと恐怖、そして凄さを感じた


妖怪A「××ッ!ヤマメッ!お前らは逃げろっ!ターゲットはあんた等だよっ!」

ヤマメ「、、、解ったっ!」

××「、、え、、お前いつもと喋りかたちが


その瞬間、妖怪Aは吹きとんだ、目の前にこいしが立ちふさがる、、、、

こいし「ねぇ、いまから少し痛いかもしれないけど、、
    嫌いにならないでね、、××?」




 次回予告
表象「夢枕にご先祖総立ち」 VS 稲妻×字空烈刃
◆そう こんかいはほとんど ××のしょうかいに ついやしちゃったようだ
◆きずいたひとも おおいいかもしれないが だいめいになまえが でているキャラが
◆そのかいの しゅじんこう っということさ

◆しかし さむくなってきたな こたつに くるまって
◆せいかつ してみたい ものだな

◆こんかいは きれいな はなしかと おもったか?
◆ここを どこだと おもっている
◆よのなか しあわせがつづくと おもうなよ
◆かかったな アホがっ!
Mr.パッション
作品情報
作品集:
7
投稿日時:
2009/11/24 21:50:22
更新日時:
2009/11/24 22:43:39
分類
このダイアーがおまえを地獄の淵に沈めてやる!!
稲妻十字空烈刃
フフ……は…波紋入りの地下の薔薇の棘はい
痛か……ろう……フッ
1. 名無し ■2009/11/24 22:20:36
>◆よのなか しあわせがつづくと おもうなよ
これが「ダイアーさんの罠」か


しかし気の毒な事に破綻に強くなっていて平気だった・・・
2. 名無し ■2009/11/24 22:35:11
急にハイテンションなギャグ調になったのは気分の問題でござんすか?
3. Mr.パッション ■2009/11/24 22:50:35
>>1
◆さすがは きたえられた はいすいみん
◆ダイアーさんのわななぞ いたくもかゆくも なさそうだ
◆さすが の ひとことだね


>>2
◆じつは うpするごとに びみょうに こうかいは こうしようとか
◆そんなかんじで うまく メリと ハリを つけるくんれんを しているのさ。
◆っというのは うそさ

◆しょうじき もうすこし ふざけたほうが じぶんは たのしいからさ
4. 暇簗山脈 ■2009/11/24 23:10:27
××がフリーダム過ぎて
不覚にも格好良いと思ってしまった
5. 名無し ■2009/11/25 00:06:03
最初のやりとりに突っ込み所が多すぎるw
とりあえず、さも当然のように「パル橋」を押し通す姿勢に吹いたw
6. ぐう ■2009/11/25 10:38:13
◆「パルはし」という よびかた けっこういいかも
◆こいしのおもらし しっかり たんのうさせて いただきました
◆スカおもらしさくひんが さいきんふえて わたしも みなぎってきた
◆ことしのとうこうを しゅうりょうするって いぜんいったけど
◆もしかしたら このながれに のって もうひとさくひん とうこうするかも しれない
7. Mr.パッション ■2009/11/25 17:46:53
>>暇簗山脈さん
◆かれは せっかくなので じゆうに うごいてもらいます
◆きほん ××は かいわに なにかしらの ネタをいれています。


>>5
◆パルはしは もう かくていしました。
◆なぜ こんなことしたかは はっきりいうと
◆ただの わるノリ

>>ぐうさん
◆おお それは たのしみです
◆わたしも なんだか みなぎっちゃいます
◆いや みなぎっているから とうこう しちゃうのか、、


◆わざわざ かきこみ ありがとう ございます みなさん  
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード