妖怪の山

作品集: 9 投稿日時: 2009/12/31 05:11:25 更新日時: 2009/12/31 05:43:19
にとり「突然だけどキレたわ」
雛「えっ・・?にとりさん、痔なんですか」
にとり「違うわい!おう、射命丸ぅ!!殴らせぃぃ!!」
文「えっ!?ヒィィ!」
穣子「ちょ、落ち着け!流石に理不尽な暴力は・・・」
雛「そ、そうですよ!いったい射命丸さんが何したって」
すでに右手に棒を持っていたにとりを二人でたしなめる。

にとり「・・・今日の昼飯、何だった?射命丸ぅ。。。」
文「えっ?!あ、さっきみんなで食べたのですよね・・・?」
穣子「あのレストラン美味かったよな。また行こうぜ」
雛「ですよねー」
にとり「・・・おまえ何注文した?射命丸・・・」
文「え、えっと!・・・キノコと鮭のクリームパスタ・・・」
おどおどしながら文は答えた。
にとり「なにオシャレなもの食ってんだよぉぉぉ!!!」バキィ!!
文「ギャァッ!!!ヒッ、い、いたいぃ!!」
にとり「お前カラス天狗だろうがぁ!和食くえ、和食!!」ガッガッガッ!
文「い、いたいぃ!やめてぇぇ!!」
にとり「歴史ある天狗がぁぁぁ!!洋食なんぞにうつつを抜かしやがってぇぇ!!!」ガッガッガッ
穣子(ひ、ひでぇ!)
雛(今日は流石に理不尽すぎる!)
文「ちょ、ちょっと待ってくださいよ!にとりさんだって・・・エビグラタン・・・」
にとり「あぁんっ!?」
文「ヒ、ヒィィ!!」
穣子「うん、確かにエビグラタン食ってたな」
雛「河童がエビグラタンて」
にとりは穣子と雛をキッと睨み付けた。
穣子「・・・いいと思うよエビグラタン」
雛「お、美味しいですよね!私も食べたい!!」
文「ちょ、そんなっ!!助けて・・・」
瞳に涙をため、穣子の足にしがみ付く文。
穣子「う、うん!?うん・・・で、でもさぁ〜流石に暴力はさぁ〜」
雛「そ、そうですよ!射命丸さんだって考える頭があると思うからぁ・・・きつくしかりつけるだけじゃぁ・・だめですかぁ?」
にとり「・・・確かにな」
二人の言葉にうなずくにとり。しかし表情は険しいままだ
にとり「しかぁぁぁぁし!!伝統を汚すものにぃ〜わぁ〜ぁ〜むぅぅかぁぁしぃぃ〜かぁ〜ら〜おぉぉおぉしぃぃ〜おきぃ〜とぉ〜〜ぉ〜」
穣子(・・・なんで口調が歌舞伎調なんだろう?)
雛(・・・流石に今日はついて行けないわ)
にとり「では、暴力以外でなにが!?・・・私は知りたい・・・」
虚空を見つめるにとり。
にとり「何かいいアイディアはない?穣子・・・」
穣子「・・・え!?私・・・!?」
にとり「暴力に勝らんとも劣らん、罰を!射命丸にぃ!!!」
穣子「えっと、あー・・そうだなぁ・・・」
ふと横に目をやる。射命丸が何かを懇願するような瞳で見つめていた。
穣子「・・・あ、そうだ!晩飯おごらせるのは?それこそ和食とかさ・・・」
にとり「却下」
にとり「鍵山雛さん?」
雛「・・・えっ!?」(ちくしょう!)
雛「えっと・・・チラッ・・・じゃ、じゃあ!その辺のホームレスとセックスさせるってのは?!コレ、すっごい罰だと思うよ!!」
文「ヒ、ヒィ!」
にとり「面白そうだけど・・・却下。普通にセックス楽しみだしたら意味ないし」

にとり「はぁ・・・ダメダメだなキミ達は・・・」
ため息をつくにとり。そして腕を組む
にとり「何かいいアイディアはないかしら・・・」
その時である!!


八坂 神奈子「・・・苦痛だ」
にとり「!!?何者!」
神奈子「キミ達の話は聞かせてもらった。なかなか面白そうなことをしている・・・」
にとり「あんたは、たしか山の上の神社の・・・」
神奈子「肉体的暴力がダメなら、精神的暴力・・・」
にとり「精神的暴力・・・?」
神奈子「人間は無音の闇の中、耐える事は出来ない。発狂するらしい・・・鍛えられた妖怪もまた同じ?・・・私は見たい!!」
にとり「・・・そっかっ!」
神奈子「よければいい場所を紹介しようか?」
にとり「いいの!?」
神奈子「・・・望むなら」うっすらと神奈子は微笑む

にとり「よーし!穣子、雛、射命丸を取り押さえろ!!・・・連れて行くぞ!!」
文「ヒ、ヒィィ!!」

神奈子「久々に面白いものが見れそうだ・・・」
にとり「しゃぁっ!覚悟しろよ社命丸ぅぅぅ!!!」
文「グスッ・・もうやだよぉ・・こんな生活・・・」

幻想郷のとある一日である。
やっぱりにとりは書いてて楽しい
漬け物会長
作品情報
作品集:
9
投稿日時:
2009/12/31 05:11:25
更新日時:
2009/12/31 05:43:19
分類
にとり
射命丸文
鍵山雛
秋穣子
神奈子
エビグラタン
1. 名無し ■2009/12/31 05:19:16
このにとりは読んでても最高に楽しいです
2. 名無し ■2009/12/31 06:26:20
イジメってレベルじゃねーぞwwwwwww
3. 名無し ■2009/12/31 12:06:59
神より権力のある河童だ
4. 名無し ■2009/12/31 14:10:36
文が....
いいぞもっとやれ
5. 名無し ■2009/12/31 18:05:19
普通に面白いじゃないか
どうなってるんだ?
6. 名無し ■2010/01/01 03:16:06
このにとりにパシられたい
7. 名無し ■2010/01/08 20:50:54
いつか自転車暴走族の続きも書いてくれよ
8. ふすま ■2014/07/07 16:56:07
さすが神奈子様。
それにしてもあなたの書くにとりは恐ろしい
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード