某所の四月馬鹿に投稿しようとしたけど一分差で間に合わず、悔しいのでこっちに投げてみた

作品集: 13 投稿日時: 2010/04/02 00:07:31 更新日時: 2010/04/02 04:46:04
 やれ貧乏だやれオンボロだと常日頃ボロクソに言われている博麗神社だが、その実、生活に困ってるなんてことは全くない。
 異変解決したり里の依頼をこなしたりすれば謝礼をもらえるわけで、なにも少ないお賽銭だけで毎日やりくりしているわけじゃあないのだ。
 
 だからこれは、たまたまなんだ。
 ここしばらく宴会続きだったから、たまたま、こうなってしまったんだ。





「そんなわけで米がなくなった。しばらくここに泊まるからヨロシク」

「……は?」


 大理石でできた紅魔館のばかでかい玄関ホール。
 怪訝な様子を隠すことなく俺を出迎えたのは、ここの執事である十六夜咲夜だ。行儀よく切りそろえた銀髪をうしろへ撫でつけて、黒の執事服をびしっと着こなす様はまさに瀟洒。すかした感じがちょっとムカツクけど、基本的にはいい奴だ。


「で、霊夢。どうしてここに来るんだい?」

「そりゃあここの連中が一番飲み食いするからに決まってるだろ」

「いや、冥界の亡霊ほどじゃあないと思うが」

「う、うるさいな、あんな遠いところまで行くの面倒だろ。とにかくもうひとっつぶの米も残っちゃいないんだ、責任とれよ!」


 俺が大声でまくしたてると、咲夜はやれやれと肩をすくめてみせた。
 白い手袋をきゅっとひっぱって、ズボンのポケットから銀の懐中時計をとりだす。


「……わかったよ。旦那様には私からあとで言っておこう」

「お。先に了解とらなくていいの?」

「いいさ。旦那様は君のことを気に入ってらっしゃるからね」

「ふーん。……ところで咲夜、どこ行く気だ?」


 咲夜が時計を触るのは、たいていが時間を止めるときだ。時刻の確認に使っているのを見たことはほとんどない。
 そもそもあの時計は正しい時を刻んでいるのかすら怪しい。


「突然唐突に非常識なお客様がおいでになったからね。部屋の準備をしないと」

「いいよそんな大層なことしてくれなくて」

「たとえ君が硬い床の上で眠ることを趣味にしているとしても、お客様である以上はそれなりのもてなしをしないと旦那様の沽券に関わりますので」

「レミリアの股間とかどうでもいいからさ、そうじゃなくて、あんたの部屋でいいよ」

「……は?」


 本日二度目の大口を開けて、咲夜はぽかんと俺を見る。
 その顔が間抜けで面白くて、おかげでちょっと気恥ずかしい台詞もさらっと口にすることができた。


「俺は咲夜の部屋に泊まりにきたんだよ」




***




 ……こんなはずじゃなかった。

 俺は咲夜のベッドでごろごろしながら、悶々と夜をすごしていた。
 目論み通り、おいしい晩飯にありつけた。だだっ広い大浴場は貸切で、大声で歌って泳ぐこともした。いつのまにやら部屋にはワインとグラスがおかれていて、寝る前の一杯と洒落込むことだってできる。
 
 でも、こんなはずじゃなかったのに。
 至れり尽くせりで不自由なんて何もないけれど、でも、足りないんだ。


「……うぅーっ、ちくしょう!」


 ワインの栓をぬいて、注ぎ口に直接口をつける。
 きっと上等な品だろうに、味わうこともなく胃に流し込む。腹の底が焼けて喉も頭も痛かったけど、知るものか。
 だって咲夜が悪いのだ。
 玄関ホールで別れたきり、一度も咲夜の姿を見かけていない。いつの間にか目の前に料理が並んでいたり、着替えが用意されてたりするから近くにはいるんだろうけど、でもそれじゃダメなんだ。
 俺のことお客様だって言ったくせに、こんなにほったらかしにする咲夜が悪い。もしこれで悪酔いとかしたら咲夜のベッドで寝ゲロしてやる。
 

「咲夜のばーかっ!」


 ぐらぐらする頭を投げ出して、後ろ向きにベッドへダイブする。
 使用人のベッドは簡素でそんなに大きくもないけれど、主がいないせいか妙に冷たくて。
 咲夜の匂いがする枕に顔をつっぷして、俺の意識は沈んでいった。




***




「……ん、ぅ……?」


 もぞもぞと誰かが忍び込んでくる気配で、目が覚めた。
 くっつく瞼を持ち上げて窓の方をみれば、白んだ光がわずかにカーテンをすかしていて、今が明け方なのだと分かった。
 俺の横に潜り込んできたのは、このベッドと同じ匂いのする彼。風呂上りなのか、石鹸の香りもしていた。


「あ、ごめん。起こしたかな」

「んー……さくやぁ?」

「でも大の字で寝てる霊夢が悪い。もうちょっと寄ってくれないと私が寝られないだろ」

「さくやの……ばかやろう」

「……ほう?」

「ばかばか、ばーか」


 咲夜の白いシャツをつかむ。きちんとアイロンのかかったそれはクシャクシャになって、ざまあみろだ。
 

「帰ってくんの、おそいんだよ」

「さっき仕事が終わったとこなんだ、仕方ないだろう」

「なんだい、そんなに旦那様が大事かい。お客様はもっと丁重に扱うべきだと思いますがね」

「……すねてるの?」

「すねてねーし!」


 咲夜の腕が、俺の頭を抱え込む。
 執事服の上からでは分からないけど、紅魔館の雑事全般をこなしているせいか、咲夜の腕は存外たくましい。
 押し付けられた胸板も適度に厚くて、なんか、羨ましくてムカついた。


「よしよし、じゃあ今日はこうやって寝てやるから」

「……え、おい、まさか寝る気?」

「うん。もう正直眠くて眠くて……」


 そう言う咲夜の声はいつもよりぽやんとしてて、なるほど眠そうだ。ずっと働いてたんだし、それはよく分かるんだけど。
 でも俺の方はというと、もうすっかり目覚めてしまっていた。もともと早起きな生活だし、寝付くのも早かったし、これ以上はとても眠れそうにない。
 
 ……それに、その、なんというか。
 

「う……ぐぎ……」


 えろいこと考えたとか、えろい夢をみたわけじゃない。
 これは生理現象であって俺の責任では全くもってないのだけれど、困ったことに、下の方まで元気に目覚めてしまったようなのだ。


「なんだよ、変な声出して」

「いやその、えっと」

「……ああ」


 咲夜の視線が下にいく。死にそうなくらい恥ずかしい。


「朝勃ち?」


 にやり、と意地悪く笑う咲夜。
 ああやっぱり、こいつは最上級に嫌な奴だ!


「う、うるさいな! だってこんなん仕方ないじゃ――うぁあ!?」

「わかってるさ。私だって男だからね」


 ぎゅ、と寝巻きの上から咲夜に握られて、変な声が出た。
 ズボンも下着もずり下ろされて、硬く屹立したそれが布団の中であらわにされる。


「ちょ、ちょっと咲夜」

「なんだい、君はそのつもりで私の部屋に泊まったんだろう?」

「そ、それは、その……」

「悪いけど、少しだけだよ。もう眠くて死にそうなんだ」


 俺のモノを握りこんだ咲夜の手が、ゆっくりと上下に動き出す。
 からみつくような動きで強弱をつけ、だんだんとスピードをあげていく。


「うぁっ……ぐ、ぅ……」


 強すぎる快感に思わず引けてしまった腰を、咲夜に押さえつけられる。
 経験によるものなのか、それとも元から手先が器用だからなのか。咲夜の愛撫は的確で、下腹部の熱が急速に高まっていくのが分かる。
 歯を食いしばって腹筋に力をいれるけど、彼はそんな俺をあざ笑うみたいに先端を弄ぶ。


「霊夢の、ビクビクしてるな。かわいい」

「う、こっの、やろっ……」


 これを触りながらカワイイだなんて、とんだ侮辱だ。
 でも咲夜の言うとおり、もう限界が近いことが自分でも分かってる。

 先走りが漏れて、咲夜の指との間で粘着質な音が鳴る。
 それを塗りたくるようにして、ますますテンポを上げてスムーズに咲夜の指が扱きにかかってくる。
 もうそれは人間の指というより何かもっと別な、蛇みたいな感じで、ぞわぞわとした快感がせり上がってくる。


「あっ、はぁ、はっ、ッ」


 腰が前後に動く。咲夜が指で作った輪を穴に見立てて突き入れる。
 咲夜がもう一方の手でくびれを攻めて、先っぽの割れ目を擦ってくる。俺はもう何が何だかわからなくなって、夢中で彼がくれる快感だけしか考えられない。
 キモチイイことだけに、なにもかもが支配されていく。


「さ、咲夜、もうだめだ、出――――っ」


 全部を言い切るよりも先に、俺は咲夜の手の中に欲望を放った。
 頭が真っ白になって、腰が抜けたみたいにガクガクする。


「あ……は、はぁ、……は」


 快感に身を委ねたまま、呼吸を整える。
 体の中で渦巻いていた熱は外に出て行ったけど、それはまだほんの一部にすぎない。
 俺の中にはまだまだマグマが滾っていて、全部吐き出すまでとても楽になれそうにない。


「あ、のさ。咲夜」


 黙りこんだままの咲夜に声をかける。
 けれど反応はまるでない。


「……咲夜?」


 こいつ、まさか!


「おいこら、寝るなよ!」

「……ん、ねてない、ない」

「寝てるじゃん! 冗談じゃないぞ、まだこれからだろ!?」

「ん、んん、んー……」

「寝るなよぉーっ!」


 いくら肩をつかんで揺すってみても、咲夜はふにゃふにゃとわけの分からんことを言うばかりだった。
 どうすればいいのだ、俺はこの情動をどこに向ければいいのだ!
 咲夜がすぐ隣にいるという事実は、ただ欲情してしまった時よりもさらに耐え難いものがある。もう自分で慰めればいいとか、そんなレベルではないのだ。
 出すだけでは足りない。そうじゃなくて、逆に、その。


「咲夜ぁ……頼むよ、その、お尻がもぞもぞするんだよ……」


 心の空虚感は、尻にまで及んでいた。
 一刻も早く寂しいところを埋めてほしいのに、この男ときたら。


「……だんなさまのお尻は……わたしが護る……ぐぅ」

「さくやあぁあああぁぁぁぁあああ!!!!!!!!」




***




 数日後、俺は異変を解決して、里の人たちから謝礼をたんまりもらった。

 ……とりあえず、明日にでも大宴会を開こうかと思っている。

 さしあたり、ここにある米俵が全部なくなるまでは続けるつもりだ。
仕事から帰って二時間で書き上げたのにこのザマだちくしょう!
えいぷりるふーる
作品情報
作品集:
13
投稿日時:
2010/04/02 00:07:31
更新日時:
2010/04/02 04:46:04
分類
男体化
ネチョ
B☆L
霊夢は褌の似合う美少年
完全で瀟洒な執事の咲夜さんはイケメン
1. 名無し ■2010/04/02 00:26:09
なんというネチョ…これは間違いなく訴訟
2. さとこー ■2010/04/02 09:10:17
息子がお世話になりまして
3. 名無し ■2010/04/02 14:21:30
うわぁ…これは初春の朝の霊夢ですね。たまげたなぁ…

新しい道が開けそうです
4. 名無し ■2010/04/04 00:51:59
思わず見入ってしまいました

次はマリアリの男体化で!
5. 名無し ■2012/05/16 01:14:01
エロいすなぁ
受け霊夢くんかわいい
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード