Double Shooter

作品集: 14 投稿日時: 2010/04/04 03:52:21 更新日時: 2010/04/08 17:40:34
注:作者は全然文才がありません。ほとんど文しか喋りません。物語の進み方がおかしいです。某極大射程的映画を見てないと、状況が全く理解出来ません。スーパー自己満足タイム。

以上のことを了承し、この産業廃棄物をお読みください。





貴方分かってませんね、私の犬(オオカミ)が殺されたんですよ―



・・・・・・

文「さあ!来い!椛!さあ来い!」
椛「ハッハッ!ワンワン!!」
文「ハハッ、はりきってますね!何か良い事でもありましたか?」

―――




………

椛「ワンワン!」
文「……確かですか…?」



文「早撃ち勝負ですか…? 私の土地で私の犬を撃てば、死ぬ事になりますよ?」


―――

〜少女計画中〜


―――


文「ホックが外れてますよ…」

………

(カチャ、ウイーンウイーン)

文「装填しましたね……」
文「全て合致した…風が合致しました!今です、突入してください!今すぐ特殊部隊を……」




  バァン!
 (ウイーン、バシュ!)




「キャアアアアァァァ!」「うわぁぁぁぁ!!」



はたて「えっ…あっ…大統領が撃たれたって!?」


は「指令本部!指令本部!応答してください!!」
文「お願い…お願いです…助けてください…!撃たれたんです……」
は「手を上げて!動くな!」
文「ハァ…お願い助け……」
は「って!うわぁ!(ガツン!)
文「銃を貸して!私は大統領を撃ってない!はめられたんです!」


………


「ピーポーピーポー」「ピーポーピーポー」「ピーポーピーポー」「ピーポーピーポ…」

文「ハアッ…ふっ!」
(ガシャン!)

(ドッパーン!)



―――


………

は「入局3週間の私を…海兵隊のスナイパーが襲ってきたんです…むしろ、生きててよかったのでは……」

………


文「んっ…助かったようですね……」


「貴方の狼が殺されたわ―」


文「あの子は椛―良い犬(オオカミ)だった……子犬から育ててきたんです………」


………


は「ひっ…いやぁぁ!殺さないで!」

(バシュッ!)  
        (バシュ!)
             





  (バシュン!)

文「ふぅ…ペットボトルサイレンサー、結構いけますね」



は「司法取引もやって…大司教を撃ってないことは必ず証明出来るから……」

文「貴方分かってませんね、私の犬が殺されたんですよ」


……


は「ねぇ文…」
文「ビクッ!…バッ…!」
は「…多分ここ……」
文「…魔法の森にようこそ…弾幕大歓迎の場所です」


……


文「もっとしっかり狙って!ゆっくりはスムーズ、スムーズは早いですよ!」




―――


〜少女戦闘中〜


〜少女超戦闘中〜



―――



文「けど、いつかは尻が割れて真実が顔を出す!この悪党め!」

………





「まあ待て、待て! そのまま! どうしたんだ?何を興奮しとる? 私はアメリカ合衆国の上院議員だぞ!」








      「 知 っ て ま す よ 」







           バンッ!



















途中で飽きてしまった、正直すまん。
文字通りどこぞのスナイパー映画に影響され書いてしまった産業廃棄物です。
今日で春休みが終わりでカッとなって書いてしまいました。
おまけに、アンサイクロペディアのダブルスポイラーの欄の完成度に驚き、書いてみた結果がこれです。

文才の無い、バカの名台詞を言わせたかったただの自己満足です、ごめんなさい
作品情報
作品集:
14
投稿日時:
2010/04/04 03:52:21
更新日時:
2010/04/08 17:40:34
分類
ダブルスポイラー
ザ・シューター
極大射程
射命丸文
姫海棠はたて
1. 名無し ■2010/04/04 10:34:49
椛が大統領で、上院議員の陰謀で椛が殺されて、文ははたてと協力して上院議員に復習したってこと?
2. 名無し ■2010/04/05 01:55:31
あややややや
3. マジックフレークス ■2010/05/12 18:44:52
ぜひスティーブン・ハンター氏の原作も読んでみてください
4. 名無し ■2010/05/29 21:37:42
>>3
超亀レスですが、最近原作も買って読んでみました。
いつかはマジックフレークスさんみたいに良い作品を書きたいものです。
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード