さとり100%

作品集: 14 投稿日時: 2010/04/06 01:52:38 更新日時: 2010/04/16 18:47:22
「これで……これで思いっきりこいしにぶつかられても大丈夫ね」

自分の姿を見渡しながら少女は思う。
顔付きはどことなく嬉しさを含んでいて、ちょっとだけ緊張した様子も垣間見える。
その彼女の眉が、軽く寄せられた。

「あの娘はとても強いけれども、誰よりも脆い娘。この今の丈夫になった私を受け止めてくれるかしら?」
 
歩く速度が目に見えて遅くなった。
ぶつぶつと、何やら呟いては「それはちょっと…」とか「これもねぇ…」などという言葉が小さく漏れている。
しかしそのあとすぐに沈黙が訪れ――

「む、難しく考えるからダメなのよ。きっと、なるようになるわよね」

結局少女は、あれこれ考えるのを止めた。
いつになく弱気になっている自分に思わず苦笑いしながら、少女は歩く。

「もう長い付き合いだもの。多少の変化ぐらい、あの子は受け入れてくれるわよね。待っていなさい。もうすぐ帰るから」






地霊殿の一室。
黒塗りで重厚な扉が入り口の部屋。
調度の類はほとんどない。厚い装丁の本がぎっしり詰まった棚が両側を占め、中央に大きめのデスク、隣りに一段低い台がある。
側、内、共に、測られたかのように、全てのものが定まっている。
ここは、この地霊殿の主である、さとりの執務室だ。
是非曲直庁に提出しなければならない書類。ヒトガタに変化できるペット達の報告を聞き、まとめる際に使用する部屋だ。

しかし、今そこにいるのは、この地霊殿の主とは容姿が異なっていた。
腕の部分を黒のフリルで飾ったクリーム色の上着と緑のスカート。
黒い靴に、ハートの留め具で何本もの管が止められている。
ふわふわと波打った白銀の髪を持ち、黒帽子を頭にのせている。
しかし、彼女から妖気は全く感じ取る事はできず、そこへんにいる妖精と同じかそれ以下の存在に見える。
外見だけで判断するなら、綺麗な髪を持った可愛らしい少女といった所だろう。
しかしながら、その体の内に隠し持つ妖力は、極めて強大。

それは、自らの力を否定した存在。
心を読む事を止め、何者も認識できない、無意識で行動する事を選んだ存在。
かって、恐るべき殺戮者として、人間、妖怪、動物全ての生き物から危険視されていた存在。
彼女は、この地霊殿の主の妹にして無意識を操る覚り妖怪、古明地こいし。

こいしは、細くしなやかな足を机の上に投げ出して、一心不乱に胸元で広げた本を読んでいた。
どこから持ってきたのか、クッキーにティーポットが机の上に置いてある。湯気の立つアールグレイの入ったティーカップを片手に、こいしは読書にふけっていた。

「随分とご機嫌そうね。こいし」
「あ、お姉ちゃん。おかえり」

背後から掛けられた声。お姉ちゃんと呼んだその声の方を向く事もしないまま、こいしは読書にふけっていた。
お姉ちゃん。こいしの姉にして地霊殿の主である古明地さとりは、呆れたように肩をすくめて、扉を閉めた。

「こいし。無断で、私の部屋に入るなって言ったでしょう。ここは応接間や薔薇園と違って、是非曲直庁に提出しないといけない大切な書類が沢山あるのよ」
「お姉ちゃんの大事な書類は、どけて読んでいるから大丈夫だよ。それに、この本ももうすぐ読み終わる所だし」
「あのね、こいし………あぁああもう……しょうがない娘ね、こいしは」
「ふふふふふふ」
「それで。一体何の本を読んでいるのかしら、こいし」
「背筋も凍る衝撃の惨殺写真集第七巻だよ。お燐から借りてきたの。すごく面白いんだよ」
「そう。そんなに面白いの」 
「うん。凄絶な表情で死んだ死体の顔百選第二巻と、美しい死体図鑑C、比べてみよう死体の内 部(下)はもう読んだから、この本を借りてきたの」

こいしが見ている背筋も凍る衝撃の拷問集。それは、題名に恥じない凄惨なものであった。
何と手足の骨という骨を圧し折られ、関節を砕かれ、腹を鉄の爪状のもので左右から引き裂かれて内蔵を地面に溢れさせ、さらに頭部にまでも鉄のベルトを嵌められて鬼に力任せに締め上げられて耳から脳漿らしき物を溢れさせ、目を極限まで見開いて絶命している男。
後ろ手に縛られて鋭い三角木馬を跨らされ、その背を鳩尾の辺りのまで食い込ませ、ほとんど股裂き状態で半ばちぎれた内蔵を極端に長く見える足とともに、木馬の左右に垂れ下がられている少女。
容貌と吊られた右足以外全身を滅多打ちに打ちのめされ、その肌のほとんどを掻き毟られ、特に集中して鞭打たれた股間や乳房はその部分の肉までごっそり奪われて跡形もなく、手や胸などは至る所骨が露出し腹は割けて内蔵がはみ出し、その様は人間というより、人間の形をした血と肉の塊をした少女。
身体中に処構わず六十本近い矢を撃ち込まれ、ハリネズミ同然の姿にされた上に三本の槍に全身を貫かれ、さらに一匹の鬼に止めとばかり大きく広げた股間から口まで槍のような物に貫かれ、美しい口から内蔵をまとわりつかせたその切っ先を突き出し、精一杯見開いた目でそれをみつめたまま息絶えている女性。

下手なスプラッター映画よりもよほどグロく、禍々しい犠牲者達の姿。
筆舌にし尽くしがたく、あぁん駄目駄目18歳未満のお子様は見ちゃ駄目よの残酷画を、こいしは、楽しそうに見つめている。

そう。彼女は妖怪。
これ程凄絶な残酷画を見ているというのに、こいしからは脅えや恐怖などなど微塵も感じられなかった。
彼女は、死体そのものである人形一体一体の有様を、詳細に眺めて愉しむ事ができる妖怪。
人形と化した肢体がかって人間だった頃の可憐で美しい容姿を知り、初々しく躍動していた様を知り、またその一人一人の処刑される際の様を、苦悶と絶叫、命乞いをし断末魔にひきつりながら血みどろになって、人間からただの肉塊へと変化する様を知っている妖怪。
またその肉塊が人形へと加工される様も知っている妖怪。
さらにはその肉を口にし、生け贄を味わう事のできる妖怪。  
人型とは思えない様まで引き裂かれ、焼かれ、切断され、ねじ曲げられ、ありとあらゆる方法で破壊された者たちの集合体を眺める事のできる妖怪。
そう。彼女は正真正銘の化け物なのだ。

自分のペットであるお燐に何回か見せられていた為、本を見ずとも内容がわかったのだろう。
さとりは大きくため息をつくと、こいしの方に近づいた。

「相変わらず、あなたとお燐は趣味が悪いのね。この地霊殿内ではいいけれども、他の所で大っぴらに話題に出したら駄目よ。そういう残酷なものが嫌いな人妖だっているんだから」
「分かってるよ、お姉ちゃん。場所はちゃんとわきまえて読んだり話したりしているからさ」
「私の部屋で読むなっていう言葉は無視するのね」
「私の部屋は私の部屋。お姉ちゃんの部屋は、私との共同部屋よ」
「こいし。この地霊殿の主が誰だか、その体に思い知らせてあげましょうか?」
「なぁに。お姉ちゃん私と喧嘩したいの?無理無理。お姉ちゃんじゃ、絶対私に勝てっこないって」

手のひらだけひらひらと振って、笑うこいし。
さとりは何も言わず、ただ深いため息をついた。
しかし、傍若無人っぷりをいかんなく発揮していたこいしも、さとりの存在の方を優先したのだろう。
ぱたんと本を閉じ、両足を机の上から降ろすと、執務室から出ようとした。

「さて、この本も一通り読んだ事だし、自分の部屋に戻ろうかな」
「えぇ、さっさと戻りなさい。私も書類を片付けたいし。あなたを少し抱きしめてからね」
「なぁんだ。私を追い出すようなこと言っておいたら、抱きしめたいだなんて。お姉ちゃんツンデレ属性でも取り込もうとしているの?」
「馬鹿な事いってるんじゃないの。私は常にクールビューティーな淑女よ」
「せめてクーデレって言えばいいのに。格好つけちゃって」

帽子を目深に被ったまま、くすくすと笑うこいし。
そのまま、何事もなくさとりの傍らを通り過ぎると見せかけて、こいしの姿がかき消える。

「可愛いお姉ちゃん。そんなお姉ちゃんのパンツは何色だえぇえええええええええええええええええええ!!?」

こいしは絶叫し、椅子の後ろまで宙返りで戻っていった。
嫌な汗が伝うのを感じる。心臓がどくどく激しく鳴り響くのも感じる。と同時に混乱もしていた。

(ありえない。うんありえないわ。え?え?何?何?今私の目に映ったもの?)

「どうしたのかしら、こいし。そんなに怯えた表情をして。椅子の後ろに隠れちゃって」

椅子の後ろで、こいしはさとりの声を聞く。
その声はいつものように静かで落ち着いた声。別段異常は見受けられない。

(いつもと変わらないお姉ちゃんの声だ。特におかしくもない。さっきのは私の見間違いだったんだ)

なぁんだ、そうかそうか。あっはっはっはっはっは。
安心したようにこいしは胸をなでおろすと、ゆっくりと立ち上がり、さとりの方へと近づいていく。
しかし、さとりの方を見る事はない。帽子で顔を隠すようにしてさとりの方へと近づいていく。

「ほら。そんな顔を隠さないで。こちらを見なさい、こいし」
「う、うん。おねえちゃきゃぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!」

再びこいしは絶叫した。
飛びはねて着地に失敗したこいしは、後頭部を地面に打ち付ける。
急いで起き上がるも、顔を真っ青にして大きくうろたえ、あまりにも慌てすぎて本棚に激突し、こいしは本の下敷きになった

「あぁああああああああああああああああああああああ……」
「あらあら大丈夫。私の可愛いこいし」
「い、いや。よらないで。よらないでよ」

本の下敷きになったこいしを引っ張りだそうとするさとり。そんなさとりから逃れる様に、魔力を放出し、本を吹き飛ばして、こいしは大きく後方へと下がった。
こいしの目に映っているもの。それは、この地霊殿を管理する主とは大きくかけ離れていた。

上半身は裸で、下は申し訳程度にパンツをはいているだけ。   
全身は金属の様に硬質化し銀色になっている。
首は丸太のように太く、胸筋にかけて横スジがミミズがはうように盛り上がり、脈打っている。
腹筋には凛々しく逞しい大木のような中心線が盛り上がり、肩の三角筋、胸の大胸筋、足の大腿四頭筋共に異常な膨らみと筋肉の発達を見せている。
2メートル以上の巨躯と、やたらと劇画タッチな雰囲気とも相まって、まさに筋肉の化け物のような姿をしていた。

「お、お姉ちゃん?お姉ちゃん……だよね」
「そうよ。私は優しく可愛く強いあなたのお姉ちゃん、古明地さとり。何をそんなに驚いているのかしら」
「い、いや、だって…だってお姉ちゃん。その格好は何よ?」
「私の100%よ」
「いやいやいやいやいや、おかしい、おかしいよ。お姉ちゃん、そんな筋肉操作できる生き物じゃなかったよね。何で?ねぇ何でそんな事になっているの?」
「私は悟ったの。貧弱なままではいけない。もっとたくましくなってあなたを抱きしめられる様にならなければいけないと」
「おかしいよね、お姉ちゃん。お姉ちゃん性格的にそういう事するタイプじゃないし、できるタイプでもないよね。お姉ちゃんってタイプ的に、い●ご100%みたいに、萌え萌えいやん嬉し恥ずかしでもそれがイイっていうタイプか、紳士淑女から、あぁんさとりちゃんかわゆい。かわゆすぎて悶え死にそうっていう風に思われるタイプだよね。どうしてと●ろ100%みたいな筋肉マッチョグロ路線に突っ走ってるの?」
「いやだって、萌え萌えいやん嬉し恥ずかしでもそれがイイ路線なんてつまらないし、紳士淑女から、あぁんさとりちゃんかわゆい。かわゆすぎて悶え死にそうっていう風に思われても、迷惑なだけだもの」
「そんな理由で?」
「あなたへの愛が爆発した結果でもあるわよ」
「そっちの理由の方が嬉しいけれども、その姿はいただけない」
「何を言っているの。この私のパーフェクトボディに見惚れなさい」
「見惚れない!!!」

はぁはぁはぁ。こいしはそこまで言うと疲れたようにしゃがみ込み、頭を抱えた。

「うぅう。どうして、お姉ちゃんそんな姿になっちゃったの」

頭を抱え、いやいや首を振りながら筋肉の化け物と化したさとりを見るこいし。
そんな妹をよそに、さとりはその化け物じみた体で、ボディービルダーのごとく誇らしげにポージングを取り、こいしに筋肉を見せつける。

「ほら、見なさいこいし。たくましくなった私の体を」
「たくましすぎるよ!!何食べたらそんな姿になれるのよ!!」

悲鳴じみたこいしの問いに、さとりは首をかしげ額に指を当てた。
何かを考え込むときのさとりの動作なのだが、筋肉の化け物と化した今では、大きな違和感を覚える。

「ほうれん草……かしらね」
「ポ●イ?お姉ちゃんはいつから●パイになったの?しかもあれ、腕は化け物みたいに太くなるけど、全身が筋肉の化け物になったりしないよ」
「じゃあペットに作らせたドーピング●ンソメ●ープかしら?」
「●ウロの間抜け●ェフ?しかも強化されたわりに、あれものすごく弱かったよね。今のお姉ちゃんみたいな禍々しい妖気に到底及ばないよ」
「じゃあやっぱりこいしの尿かしら?」
「それが一番おかしい。っていうか何やってるのよ、お姉ちゃん」
「えっ?だって私健康の為にこいしの尿をペットに取らせて飲尿しているもの。胡散臭いと思ったけれども、意外といいものね」
「えぇえええええええええええええええええええええ?」

予想の斜め遥か上にして、思いがけないさとりのカミングアウトを混ぜた回答に、こいしは精神に異常をきたしかけていた。
そして、こいしの可愛らしい頭の中にある脳内を、混乱した思考が駆け巡る。

(お〜〜、落ち着け落ち着くのよ私。これは夢よ夢。私の無意識の能力によって引き寄せられた悪い夢。だっておかしいじゃない。お姉ちゃんがこんなにぼけているなんて。お姉ちゃんはいつだって冷静で優しくて、ペット達にはちょっと怖がられているけれども、それ以上に深い敬愛を抱かれていたはず。私だってお姉ちゃんに拾われて、生物を見境なく殺しまくっていたマッドマーダーから地獄のラブリービジターになってとても幸せだったし。失っていたと思っていた心をちょっとだけ取り戻せたし。この地霊殿で楽しく過ごしていたのに。なのになんでこんな風にお姉ちゃんがグロ筋の化け物になっているの?)

混乱した頭で取りとめのない事を考えていたこいしに、さとりが手を広げてこいしの名を呼ぶ。

「さぁ、この私の胸元に思いっきり飛び込んできなさい。しっかりと抱きしめてあげるわ」
「そんなグロ筋の塊の中に飛び込むなんて絶対に嫌。この服、お燐と一緒に彼岸で新調した一張羅なんだからね。せっかくの洋服と帽子と私の体をぼろぼろになんてしたくないからね」
「いいじゃない。そんなささいなことなんて。あなたと私の関係に比べたら屁みたいなものだわ」
「いや、大問題だよ。そもそも私そんなB級ホラー映画に出てくるクリーチャーになんか愛されたくないし」
「もう、じれったいわねぇ。だったら裸になって飛び込んできなさい。ちゃんと後の始末までしてあげるから」
「あぁああ、何だろう。そんなグロ筋のお姉ちゃんに言われているのに、ものすごく官能的でいやな悪寒がする」

こいしは両腕を交差させ、自分の体を守る様に強く抱きしめた。
得体の知れない化け物になっているとはいえ、それが確かに自分の姉だという事が分かったからだ。
さとりらしき怪物は、肩をすくめると、大きく深呼吸をしてこいしの方を見た。

「しょうがないわねぇ、こいし。この体の奥義を見せてあげるわ」
「奥義?」
「見なさい、こいし。」

さとりは胸を張る様に上体を大きく逸らすと、妖気を全身から放出した。
ぼこりぼこりと音を立てて、さとりの胸が膨張していく。
まぁ可愛らしい大平原ねぇと言われて軽いトラウマとなっていた小さな胸は、さとりの顔よりも大きくなり、今やスイカップ(嘲笑)と言える程の大きさに成長していた。

「どうかしら、こいし。これって中々のものでしょう?」

自慢げに巨乳を見せるさとりに、こいしの容赦のない感想が浴びせられる。

「キモイ!!キモイキモイキモイキモイキモイキモイ!!!お姉ちゃん超キモイ!!!」
「まぁ失礼な娘。せっかくあなたと添い寝しても、姉としての貫録を見せられる胸になったというのに」
「私はそんな化け物筋肉のお姉ちゃんに抱かれて添い寝する趣味なんてない!!」
「ほら。遠慮せずに、触ってもいいのよ」
「そう…。じゃあ遠慮なくいくわよ。このグロ筋」

こいしの全身が赤く染まり、その姿が掻き消える。
さとりがその姿を探して認識した時、こいしは既に懐に潜り込んでいた。
そして、自身の妖力を込めた拳の連打を放つ。

「薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇薔薇ぁあああああああああああああああ!!!!!」

反撃する暇すらない、拳の連打。
しかし、さとりが全身に力を込め、風船のように膨らんだ瞬間、こいしは木の葉のように吹き飛んでいく。

「いたたたたた。な、なんて硬さなの」
「ふふ、無駄よこいし。あなたの可愛らしいおててじゃあ、この100%の私の体を貫くことなんてできないわ」


さとりは起き上がることのできないこいしに近づくと、こいしの右手を持ち、ゆっくりとその体を引き上げ、声をかける。

「見なさい、こいし。あなたの事を思いすぎて、私の坊やもこんなに元気になっているわ」
「なに見せてるの?お姉ちゃん」
「ナニ見せてるのよ。こいし」
「お姉ちゃん、ふたなりまで習得したの?ちょ…すごいぴくぴくしてるじゃない」
「ほらほらほら」
「お、お姉ちゃんがお●ん●ん勃てて喜んでる」
「可愛らしいこいしの前だもの。おち●ち●の一つや二つ勃つに決まっているわ」
「キモイ!!お姉ちゃん超キモイ!!」
「ふふ、食べてもいいのよ。こいし」
「そんな歯が砕けて顎が外れそうながちがちお●ん●んなんて食べたくない!!」
「触ってもいいのよ」
「そんなエイリアン見たいなペニスに触りたくない」
「あぁあ、こいしの可愛らしい顔で罵倒される様子を想像したら、私の坊やから先走り液が」
「変態変態変態!!お姉ちゃんの大変態」
「ほら、ほら、ほらほらほら」
「い、いや。いやいやいや……」

さとりは、こいしを掴んだ腕をさらに引き上げ、こいしの頬にペニスを押し当てた。
こいしの頬に、さとりのペニスから流れる先走り液がついていく。
鋼鉄のような硬さのペニスと生温かい感触、男性器の生臭い匂いに、こいしの嫌悪感が急速に増していく。

「感じるでしょう、こいし。生命の躍動を。あなたへの白濁した愛が噴火しそうなのを」
「い、いやだ……なにしてるのよ、お姉ちゃん……」
「あぁいい感触。この幼くて未発達ながらも美しい存在。獰猛に私の白濁とした欲望を掻き立ててぶちまけてやりたいと思う気持ちが、巻き起こって仕方がない。こいしの輝く生と性を、存分に侵略して蹂躙したいと思うと、興奮して興奮してたまらない!」
「放して!!放して!!」

自らの能力と魔力を上回る存在に。殺椋を好み人妖問わず殺戮できる自身の常識すら超える存在に。
こいしの脳裏に、久しく感じなかった原始的な感情がよみがえる。
恐怖である。

「い、嫌ぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!お姉ちゃんのぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお、お姉ちゃんの馬鹿ぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!」

メキィ!!ミシミシ!!ブチィイイイイイイイイイイン!!!
ドボドボドボドボボタボタボタボタブシュリブシュリドポリドポリ!!!

絶叫と共に、骨が断裂し、肉の千切れる音が部屋中に響き渡る。次いで生温かい鮮血か滴り落ちる音。こいしが掴まれている右腕から、自身の体を千切り取ったからだ。

「ばかぁあああああああああああああああああああああああ!!ばかぁああああああああああああああああああああああああああ!!ばかぁあああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」

脱兎のごとくさとりから逃げ出すこいし。
無意識の能力を使わず、さとりとの距離を離していく。

「まぁ。せっかく愛してあげているのに逃げるなんて失礼な子ね」

心外だといわんばかりに腰に手を当てて怒るさとり。
自分の今の姿が一番の問題なのだが、そこに触れるつもりはないようだ。

「まぁいいわ。こいしがどこに逃げようが、追いかければいいだけの話だものね」

さとりは、こいしの逃げて行った方を見やる。
そこには、こいしの赤い血液と、自身の白濁した汚液がしたたり落ちており、床が点々と濡れていた。

「逃げたのはこっちね。待っていなさい。こいし。すぐに追いかけるから」






薔薇園の中庭を通り、そこから階段を下りていくと、真っ赤に染まった世界を見る事ができる。
天井も、地面も、漂う大気ですら赤い。
まるで、生きとし生けるものに対する恨みが形を取ったかのようだ。
目に見えるもの全てを真っ赤に染め上げながら、ゆっくりと時間が流れていく。

あちこちで、不気味なうなり声や雄叫びがあがり、地面を踏み鳴らす音や木々の折れる音が聞こえる。ときおり甲高い悲鳴と,湿った音とともに獲物を引き千切り、咀嚼する音が私達のいる所まで聞こえてくる。新鮮な血の匂い。
地霊殿内とは比べ物にならない程の異様さをかもし出し、毒々しい瘴気が漂う。
こは廃獄。魑魅魍魎が跋扈する怨霊と妖怪化したペット達の遊び場。


そんな廃獄に、一際陰惨で、喧しい声が響き渡る。

腕もぎ取って、一切合切ぶちまけろ!
筋肉が皮膚が血が骨が心臓が血が 殺せ壊れろ!壊れろ!
なぁ、喰わせてく脚握り潰して!腹掻っ捌いて、頭蓋の中身を抉り取って!お前の欲しい、肉が、肉が、血が、血が、肉肉血が臓物が腸が胃が血が血が眼球がそうだ。腹が減ったんだ。脳漿が血が涎が鼻水が腕が肉を。その血を。殺せ!殺せ殺せ喰わせてくれよ。
殺せ殺せ殺せ殺せ殺せ殺せぶち殺せ殺せ殺せ殺せ殺せ殺せ殺せ殺せ殺せ殺せ殺せ殺そう殺せ殺せ殺せ殺せ殺せぇぇぇぇぇぇぇぇぇぇ

それは、がたりごとりと動く荷車の中から聞こえてくる。
地獄にうごめく無数の悪意と欲望。それは重罪を犯し、転生することを許されなくなった亡者達の声。
彼ら彼女らは、この廃獄に連れられてきたばかりの危険物。
灼熱によって焼き尽くされ、この地霊殿をゆったりと漂うようになる前の怨霊達。

重苦しく、まとわりつくような瘴気と怨嗟の呻き声。
暗く淀みまるで、何者をも近づけんばかりに渦巻く負の気配。
並みの妖怪ならば、こんな不気味なものに首を突っ込む事をせずに、即座に退散をするだろう。
そんな獰猛な亡者の魂がこもっており、危険物というべき死体を運んでいるのは、たった一体の妖怪だった。

きりりと猫のように細められた緋色の瞳。
白く小作りな顔だち。
血のように赤い癖っ毛とおさげ。
ぴょこんと突き出た二つの耳。
五尺六寸三分(170.6センチメートル)あり、贅肉などは一切つけていない鍛えてある引き締まった体にまとうは、ダークグリーンのワンピース。
快活で、猫のようにしなやかで俊敏な少女のイメージを与える。

彼女の名はお燐。長年の修行の結果、数多の命と魑魅魍魎を己に取り込み、ヒトガタとなることができ、無数の怨霊を使役し、死体と魂に興味を持ち、ゾンビと化す事のできる妖精達を操る、地底でも有数の力を持った火車だ。

「おりぃいいいいいいいいいん!!!おぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおりぃいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいいん!!!!!」
「この声は、こいしちゃおぉおおっと!!」

慌てた様子のこいしの気配を声を察したお燐。何事かと振り返ったその胸元に、こいしの小柄な体が飛び込んできた。 
大の大人でも倒れそうなその衝撃は、お燐によってしっかりと受け止められた。

「随分と慌てた様子じゃないか。どうしたんだい、こいしちゃん」
「あのねあのねあのね大変なの大変なの。お、おおおおおおおおおおおおおねえおねえちゃ、おんrrちゃつkqがね」
「なんかお空みたいな喋り方になっているねぇ。慌てずに落ち着いて話してみなよ」
「う、うん」

こいしは、お燐に自分の体験した恐ろしい出来事を伝えようと口を開き話そうとするが、口元が大きく震えてうまく喋ることが出来ない。
しかし、大変であること、自分達の主人であるさとりが、こいしを焦らせている原因だということは、何とか理解することができた。

(こりゃあ、さとり様と喧嘩でもしたのかねぇ?はぁ、こんなに汚れてしまっているのも、喧嘩が原因なのかもしれない。でも、こいしちゃんが傷つくなんて、一体何をしでかしたんだろう)

「うぅうううう……ひぐっ……」

こいしは、お燐に話そうと顔を上げ口を開くが、それがうまく言葉にならない。そして、喋ることのないまま、また、うつむく。それが何度も続く。
お燐は、まだ地獄猫であった頃さとりにしてもらったように、こいしの頭と背中を優しく撫ぜてやる。こいしは、その後もしばらく口と身体を大きく震わせていたが、しばらく撫ぜられて落ち着いたのか、落ち着いた様子で、お燐を見上げ、話し始めた。
 
「…ちゃんが」
「え?何だって?」
「お姉ちゃんが100%になって、私を襲おうとしているの」
「………何だって?もう一回言ってもらってもいいかい。こいしちゃん」
「だから、お姉ちゃんが100%になって私を襲おうとしているの」
「全然意味が分からないよ」
「もぉおおお!!お燐のにぶちん!!こんな事が分からないなんて、あなたもお空みたいに、胸に栄養がいってるんじゃないの?」
「はぁ………」
「輸送しろ〜〜.今すぐ胸の栄養を頭の方に輸送しろ〜〜〜〜!!」

馬鹿馬鹿といいながら、お燐の胸を鷲掴みにして握りしめるこいし。
小さく華奢なこいしの手に自身の乳房を揉みしだかれながら、お燐はこいしの言葉の意味を理解しようとしていた。

「お空じゃないんだから、あたいは頭の方にも栄養はちゃんと行っているよ」
「じゃあちゃんと聞いて理解してよ。100%なの。お姉ちゃんが100%になって大変で、私を襲おうとしているのよ」
(さとり様が100%になって大変ってどういうことだい?)

要領を得ないこいしの説明に、お燐は困惑していた。
過去に受けた心の傷が原因なのか、時折こいしがおかしな言動を取る事は、ペットとして遊ぶようになってから、よく理解していた。
しかし、ここまで焦った様子でおかしな事をする事はなかったはずだ。
一体さとりとの間に何があったのか。お燐は、困惑の中に大きな警戒心を含めていた。     

その時、お燐の全身に悪寒が走る。まだ一介の地獄猫だった頃の野生の感覚。その原始的な本能が、こいしを焦らせている元凶を探し当てる。

「何だい。この強力な妖気は」
「あぁあああああ。来る。来ちゃうよ。100%お姉ちゃんがあぁあああああああああ」

こいしが怯えたように言葉を発するのと、お燐がこいしを抱えて後方に跳び退るのは、ほとんど同時であった。
次の瞬間、壁が爆砕。大気が爆発する音と共に、高速で空中を飛ぶ時に生じるようなすさまじい突風が巻き起こった。
巻き起こる突風が、お燐とこいしを引きちぎらんばかりに大きく揺らす。
地震のような振動。荷車にうずたかく積み上げられた死体が振動に耐え切れず、崩れ落ちていく。
怨霊は、突風に翻弄され、呻き声と怨嗟の声を強める。
もうもうと立ち込める煙と粉塵が、廃獄に立ち込めていく。

「一体、誰の仕業だい?」
「来る。来るわよ、お燐」

やがて、廃獄に立ち込めていた煙と粉塵がおさまり、巨大な影が歩いてくるのが確認できるようになる。
巨大な影は、その姿がこいしとお燐にはっきり確認できる所までくると立ち止り、声を放つ。

「ふふ、探したわよこいし」
「あ、あぁあ、そんな気がするわ。すごく、ね」
「いけない娘ね、せっかく私が全力であなたを愛してあげているのに逃げるなんて」
「う、うわぁあああああああ……」

そのあまりに衝撃的な姿と圧倒的な妖気を目の当たりにし、お燐はその場にへたりこんでしまった。
それは地獄の悪鬼よりも恐ろしく威圧的で、危険な外観をしていた。
一体これは何だ?まさかこれがこいしちゃんの言っていた100%のさとり様とやらなのか?

「あら、お燐。元気にしているかしら」
「あぁあああああああ?」

その存在の異様さの驚きが抜けていないのだろう。お燐は、驚きからか、まともな返答をする事ができなかった。
これは、一体なんの冗談なのだろうか?
日頃から何かと亡者達にサディスティックに振る舞っている、自分に対する嫌がらせなのだろうか?
それとも、夢魔や淫魔の見せている夢の中なのだろうか?
是非とも、眼の前の光景は夢であって欲しい。
しかし、どれだけ目をこらしても、お燐の眼前の光景は変わらなかった。

「ば、化け物」
「あら、誰が化け物なのかしら?」
「お前、一体何者なんだい?」
「失礼ね。あなたの主人のさとりよ」
「何だって?」

お燐は自分の耳と目が信じられなかった。これが、これが自分達ペットの主人さとりなのか?
こんな、こんなおぞましい筋肉の怪物が、自分達ペットの主人だというのだろうか?

「自分の耳と目が信じられない。これが、これが自分達ペットの主人さとり様?
こんな、こんなおぞましい筋肉の怪物が、自分達ペットの主人?ですか」

自分の思っていたことを言い当てられ、お燐が凍りついたように固まる。
クスクス、クスクス。筋肉の化け物の囁くような笑い声が響き渡る。
心を読む程度の能力。
相手の思っていることをそのまま言い当てることで、何もかもお見通しだということを伝える。
そんな能力を持つ妖怪の心当たり等、お燐はたった一つしか知らない。

「さとり様……なんですか?」
「さっきからそう言ってるじゃないの。主人の顔も忘れるなんて、失礼なペットね」
「そんな……これが……さとり様、なんでそんな姿になったんですか?」
「こいしを思いっきり愛してあげようと思ったら、こんな姿になったの。ここに来たのもこいしを追ってだったけれども、あなたにも会うなんてね。ふふ、いいわ。お燐、あなたも一緒に抱きしめてあげる」

狼狽し、うろたえるお燐をよそに、さとりは、近づいていく。
筋肉で膨張した体を揺らせながら、さとりはお燐へと近づいていく。
お燐が一歩後ずさると、さとりが一歩近づく。
また一歩後ずさると、さとりが一歩近づく。
さとりは、どんどんお燐に近づいていく
その度に、お燐は 後ろに後退していく。

「うくっ!!」

突然さとりは、自分の股間を押さえて悶え始めた。

「うぅう。さっきこいしに会う前に四リットルの水と一キロの砂糖を混ぜた砂糖水を飲んだら、お腹の調子が」
「飲みすぎだよ!!お姉ちゃん」

今日何度目かの悲鳴声をあげるこいし。
さとりはお腹を押さえて悶え続ける。
しかし、それも限界に来たようで、自分のイチモツを両手で押さえて言い放つ。

「あぁあ、駄目。出ちゃう。おしっこでちゃうわ。あ、ああ……うん」

ドバウウゥゥゥゥッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!
ジョボジョボジョボジョボボボボボボボボボボボボボボボボオオオオオオオオオオオオ!!
デュビャシャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!
シュギョオオオオアアアアオオオオオオオオアオアオアオオオオオオオオオオオオオオオオ!!!!
ギュウウウウウウウアアアアアアアッッッッッシャアアアアアアアアアアア!!!!
ジョヴボヴヴヴヴヴヴィウヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ
ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ
ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ
ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ
ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ
ギャアショアアアソオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオジョオオ
ジョジョジョジョジョジョジョジョジョジョオオオオオオオオオオオオオオオ
シャアアアアアアアアアアアギュウウウウウギュウウウウウギュウウウウウギュウウウウウ
ジョボジョボジョボジョボボボボボボボボボボボボボボボボオオオオオオオオオオオオ!!!

凄まじい放出音と共に、噴出した尿が後を追って床を叩く。
鼻をつくアンモニアの匂いが辺り一面に漂う。
留まる事を知らない尿は、噴水の様にさとりのイチモツから噴き出し、地面を黄色く染めていく。

「ちょっと待っていて頂戴ね。お燐にこいし。これが終わったら、貴方達どちらもいっぱい可愛がってあ・げ・る」

満面の笑みを浮かべ、両手を大きく広げて、こいしとお燐を抱擁する構えを見せるるさとり。
こいしとお燐は肩を寄せ合い、震えていたが、その動作を見ると同時に勢いよく駈け出した。

「いやぁああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」
「にゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」

一妖と一匹は脱兎のごとく逃げ出した。

「こ、こいしちゃん。い、一体何なんだいあのクリーチゃー化したさとり様は」
「さっきから何回も言っているじゃない。あれが100%お姉ちゃんよ」
「100%のさとり様?」
「そうよ。私とお燐の事知ってたし、ちゃんと第三の目だってあったでしょう」
「おかしいよ。何でさとり様あんな姿になっているんだい」
「私への愛(笑)が高まりすぎで、何かを悟ってああなったんだって」
「愛だけで、あんな姿になれるものなのかい?」
「現実になっていたじゃない」
「………」

お燐は黙り込んでしまった。それでもなんとか現状を打破する為の考えを出すために、こいしに話
しかける。

「ねぇ。こいしちゃんの力でさとり様を元の姿に戻す事ってできないのかい?」
「無理よ。今のお姉ちゃん、無意識。なにそれ?プロテインとどっちがおいしい?状態になっているから、精神攻撃がまるで通じないの」
「こいしちゃんの能力と妖力でも駄目なのかい?となると、圧倒的な力で押すしかないのかねぇ」

そんな力を持つ生き物に心あたりはある。しかし、そいつに任せて大丈夫なものか。
周辺の空間を揺らす程の地響きが聞こえたのは、その時だった。

「待ちなさぁああああああい!!待ちなさぁあああああい!!貴方達!!」

その巨体からは想像もつかない俊敏さで、お燐とこいしとの距離をつめていくさとり。

「あぁああ、どうしよう。このままじゃ100%お姉ちゃんに追いつかれちゃう」
「あんな化け物、あたいやこいしちゃんのパワーじゃ倒しきれない。やっぱりあいつに任せるしかないか。こいしちゃん。廃獄の下に行くよ。いいね」
「えぇ、他に方法はないわ」

互いに顔を見合わせ、うなずくお燐とこいし。
廃獄のさらに下、最下層の世界向けて、高速飛行をしていった。






















廃獄をさらに下に降りていくと、そこは炎が燃え盛る世界。
地獄の輪禍は、悪業を犯した亡者をこの地獄の底まで運んでくる。
はるか遠くからでも見えるその炎は、百千万億無数の年数も地獄の亡者達を焼き続け、絶叫させている。
その炎の激しさは、亡者が作った悪業の激しさ。
ここは、灼熱地獄。許しを乞う事すらできず、終わりなき業火の苦しみを受け続けなければならない亡者達の終着点。

「ふっ!!」

輪禍から渡された亡者達を、獄卒はその炎の中に次々とつき落としていく。
そのあまりの熱さに亡者達は絶叫をし、悶絶を始める。
業火は瞬く間に亡者達を包み込み、荒れ狂った。
暴れ回る業火に、亡者達の全身が炎に包まれ、肉の焦げる異臭を放ちながら黒く焼け焦げていく。
悲鳴、絶叫、苦悶の声をあげ、のたうち回る亡者達の目が、歯が、髪が、瞬く間に焦げていく。猛烈な異臭と真っ黒な煙に包まれながら、燃えていく。

業火は轟音をあげて亡者達を食い尽くしていく。原型を留めず、黒焦げの肉塊と化していく亡者達。
それでも業火の猛威はおさまらない。亡者達の肉がぶよぶよのゼリーとなり、骨が黒ずんで縮み、砕け、灰となっていく。
やがて業火が亡者達の体を喰らいつくし、次々と魂が浮かび上がる。
業火は今度はその魂を引き寄せ、焼き尽くしていく。
青白い魂が次々に赤く燃え盛る様は、呻き声や怨嗟の声さえ響いていなければ、大変綺麗な光景として目に映ったかもしれない。

やがて、魂すら燃えた頃、再び罪人の体は再生され、天高く打ち上げられた後、再び業火で焼き尽くされていく。
罪人達は、此の獄中に於いて極めて重い苦を受けるが、命が尽きることはない。永遠に近い悪不善業が尽きてしまうまでは一切を遍く受けることになる

「ふぅっ。今日は割と順調に動いている方なのかな 」

そんな文字通りの地獄絵図の中、獄卒は汗一つかく事なく、罪人の魂のこもった死体を炎の中に放り込んでいた。

白いシャツや緑色のスカートをはき、背中には黒く大きな鳥の翼が生えている。
幼くあどけない顔をしている傍ら、五尺八寸二分(176.3センチメートル)ある体つきはアンバランスに女性的であり、豊かな胸は白いブラウスの上からでもはっきりそれを主張している。
胸の赤い目のような大きな赤石、足にはねずみ色の装飾物、内側に宇宙の描かれた大きく白いマント、左手に制御棒を装備した異様な姿。
獄卒の名前は霊烏路空。地霊殿に住む者達からはお空と呼ばれている。

「よ〜〜し、後一刻ぐらいか。そうしたら、そうしたらぁ……」

お空は、目を閉じると、胸元で手を当て、くるくる回る。
まるで年端のいかない子供のように嬉しそうにぴょんぴょんと飛び跳ねていく。
   
「私の大好きなおやつタイム。そしてゆで卵タイム。ビバゆで卵。ビバ温泉卵」

お空は、ゆで卵と温泉卵が大好きだった。
毎日10時と3時のおやつ。
とろけるような温泉卵。 美味しい美味しいゆで卵。
流動性を保ちながら、ムニムニとほどよく固まった白身。
その中にあるジューシーで濃厚な味を醸し出す黄身。
完全栄養食品卵の調理法における究極系のひとつ、温泉卵。
お空は、温泉卵のことで、頭の中が一杯であった。

八咫烏の力を取り込んだ事により、身に有り余る強大な力と見目麗しい女の姿になったとはいえ、中身は子供。大好きなものを食べられるという事が、嬉しくて嬉しくて仕方がないようだった。

「ん?あれは?」

そんなお空の目に二つの小さな点が見えた。それは徐々に大きな影となっていき、やがてその姿がはっきりと分かるようになる。

「お燐に、こいしちゃん?あんなに急いでやってきて、どうしたんだろう?」
「「おくぅうううううううううううううううううううう!!!おくぅううううううううううううううううううううう!!!」」
「どうしたのさ?そんなに息を切らせて慌てた様子で。何かあったの?」
「お姉ちゃんが100%になって私達を襲おうとしているの」
「あぁ。筋肉の化け物になったさとり様が、あたいとこいしちゃんを手篭めにしようとしていたんだ?」
「ん〜〜〜? さとり様、100%、筋肉、化け物、こいしちゃんとお燐が手篭め?」

空はあまり頭がよくない。物事を忘れるなんていうのは序の口で、ひどい時は会話の前後の文が噛みあわないという事さえある。
いくら考えても、お空には、お燐とこいしの言う事がよく分からなかった。
お空に普段自分になじみがなく、難しい事柄は分からないのだ。

「まぁ落ち着きなよ、お燐、こいしちゃん。もうすぐ温泉卵を食べる時間だし」

のんびりとした様子でお空は、お燐とこいしに話す。
事の大変さをよく分かっていないお空にしびれを切らしたこいしは、お空の胸をおもむろに掴んだ。

「お燐。急いで。急いでお空の胸の栄養を頭に輸送するのよ。じゃないと私達、お姉ちゃんに食べられちゃう(性的な意味で)」
「いや。ちゃんと全身にいきわたっていると思うんだけれども。お空の事だから頭に栄養が行く可能性もあるかもねぇ」

むにむに。むにむに。ブラウスからはち切れそうな程大きいお空の胸。
こいしの小さな手に収まりきらないおくうの胸。お燐の長く細い指を持つ手にも収まりきらないおくうの胸。
こいしとお燐は、焦った様子で、お空の胸を揉みしだいていた。
自分の置かれた状況が分からないお空は、きょとんとした様子でそれを見ているだけだ。。

「ちょっと、お燐、こいしちゃん、何してるのさ?私の大きな胸を羨ましがるのは分かるけれども、とてもくすぐったいよ」
「うん。すっごくうらやましい。私もこんなナイスバディが欲しいわぁ」
「ちょっとこいしちゃん?急いで頭に栄養を輸送するんじゃなかったのかい?さとり様が来た時にお空がふぬけていたら、あたい達食べられちゃうよ(性的な意味で)」
「いいわぁ。この包み込まれるような感覚がたまらない」
「こいしちゃん!!あのさとり様に襲われて手篭めにされてもいいのかい!!」
「むにむに。むにむに」

何だかよく分からないことになっている。お空はそう思った。
とりあえずくすぐったいのが嫌だから、お空は自分の胸に顔をうずめているこいしを思いっきり払いのけようと、こいしの背中に手をかけた。

「もぅ、いい加減にしなよ。早く私の胸から顔を放さないと、こいしちゃんでも(ドォオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオン!!!!)え?」

それが着弾した瞬間、世界は真紅に染まり大きく歪んだ。地震のような衝撃と大轟音。爆竹を何千発も鳴らしたかのようなけたたましい音と共に、火花を散らしながらそれはやってきた。
地面が抉れ弾け飛び、土煙が舞い上がる。着弾物はその勢いを止めぬままお空達の方へと突き進んだきた。

「お燐、こいしちゃん。私につかまって!!」

自分だけでなく、親友達にも危害が加わる事を感じたのか、先程ののんびりとした表情から一変し、空の表情が真剣なものとなる。
お燐とこいしが自分につかまったのを確認すると、空は大きな翼を折りたたみ、身をかがめるようにして衝撃に備える。

着弾物とお空がぶつかり合った瞬間、世界は白く漂白された。
お空の両足がくるぶしまでめり込み、体は強く地面に叩きつけられそうになる。
天を震わせ地を揺るがす。そんな圧倒的な超熱量をお空は防ぐ。
次いで巻き起こる竜巻のような突風。膨大な熱が地響きと共に同心円上に広がり、空間内を所狭しと駆け巡る。
お空は全身に力を込めるが、吹き飛ばされそうになる。

「このままじゃまずい。吹き飛ばされる前になんとかしないと」

空の頭の中で、自分に対する障害を排除することが、何よりの優先事項となる。

空の手の中に、白みがかった紅の輝きがともっていく。それは究極の力核融合エネルギー。
空は握り締めていた手を開き、空間の中で爆発させた。
猛烈な勢いで膨張する核融合エネルギー。白紅の閃光が辺り一面に広がり、大気が唸り声をあげる。
穏やかにいた所をかき乱された大気は真っ赤に灼熱して怒り狂い、全てを破壊せんとばかりに縦横無尽に暴れ回った。
巻き起こる爆風と灼熱した大気。それは地面のみならず、風景すらも細切れに引き裂いていく。嵐のように爆風が吹き荒れ、白紅の奔流が全てを喰らい尽くしていく。

やがて核融合エネルギーの力は収まり、辺りは元の静寂さを取り戻す。そこにはとてつもない巨人が力を込めてハンマーを振り下ろしたかのような壮絶な光景が広がっていた。
地面は深く陥没し、蜘蛛の巣のような亀裂が深々と刻み込まれていた。
大地は焼け焦げた焦土と化し、元がなんであったか分からない程完膚なきまでに破壊された残骸が辺りに散らばっていた。
悪霊達が不気味な唸り声をあげる。それと共にしゅーしゅーと不気味な音と共に地面から白煙が立ち昇り、濃密な霧がかかり始める。
重くねっとりとした熱が、空達にまとわりつくようにただよい始める。

「なんとか障害を排除できたか。危ない危ない。お燐、お空大丈夫?」
「お空!!この馬鹿。なんてことをするんだい!!」
「え?」
「あの着弾物はさとり様なんだよ!!何で防ぐ事に徹さずに、核融合の力をぶっ放したんだい!!」
「え?え?」
「あぁあああ。お姉ちゃん大丈夫かなぁ。今のお姉ちゃんなら多分大丈夫だとは思うけれども。お空の馬鹿力で、炭になってるかもしれないなぁ」
「え?え?え?え?」

お空の頭の中は今、大変な混乱を起こしていた。
自分にとっての脅威を排除しようと着弾物を核融合エネルギーで吹き飛ばしたら、それがさとり様で、お燐はそんな事をした自分に怒っている。

あれ?なんで、さとり様は自分にあんな脅威の存在として認識されるような現れ方をしたんだろう?
いくらさとり様でも、自分にあんな脅威の存在として認識されるような現れ方をすれば、核融合エネルギーで吹き飛ばされることは充分承知のはずだ。

あれ?なんでお燐とこいしちゃんは、さとり様にあんな追われ方をしていたんだろう?
お燐とこいしちゃん、さとり様に追われるような悪い事をしたんだろうか?

あれ?なんで、さとり様は自分にあんな脅威の存在として認識されるような現れ方をしたんだろう?
自分にとっての脅威を排除しようと着弾物を核融合エネルギーで吹き飛ばしたら、それがさとり様で、お燐はそんな事をした自分に怒っている。
ここまでは分かる。
いくらさとり様でも、自分にあんな脅威の存在として認識されるような現れ方をすれば、核融合エネルギーで吹き飛ばされることは充分承知のはずだ。

あれ?なんでお燐とこいしちゃんは、さとり様にあんな追われ方をしていたんだろう?

「「もうそれ以上考えても無駄!!」」
「え?何で無駄なのさ?」
「あぁあ、やっぱり失敗だったかねぇ。お空にさとり様を止めてもらおうとしたのは」
「ねぇ、さとり様に何があったのさ。ちゃんと説明してよ。お燐」
「あぁ、説明かい。お前にいっても分からないと思うが……」
「ふふふふふふ。痛い。痛いわぁ。とてもとても痛いわぁ」

お空が放った核融合エネルギーによってできた亀裂の遥か先。声はそこから聞こえてきた。
ゆっくりこちらに向かって歩き、やがて明らかになった姿。
そのあまりに衝撃的な姿と圧倒的な妖気を目の当たりにし、お空は不信と警戒感を強めた。

「おい。お前一体何なのさ?どこからやってきたのさ?」
「あら?お燐、こいし。あなた達、私が来るまでに、お空に説明しなかったのかしら?」
「説明したけれども、分からなかったのよ」
「あら、そうなの。本当にお馬鹿なのね。お空は」
「う〜〜。何なのさ、お前は。出会いがしらに馬鹿なんて言って。もう一回核融合エネルギーぶっ放すぞ」
「私は、さとりよ。100%になったね」
「お前が……さとり様?」
「さぁて、さっきはよくも私に核融合エネルギーぶっ放してくれたわね。お空あなたはどうやっておしおき、うぶっ!!」

突然、さとりは口を抑えて苦しみ始めた。
全身を震わせ、激しく悶絶し、口から滝の様に吐しゃ物をまき散らす。

ドバウウゥゥゥゥッッッッッッッッッ!!!!!!!!!!!!!!
ゲボゲボゲボゲボゲボボボボボボボボボボボボボボボボボオオオオオオオオオオオオ!!
エロエロエロエロエロエロエロエロエアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!
ジョヴボヴヴヴヴヴヴィウヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ
ヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォヴォ
ギャアショアアアソオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオオジョオオ
ジョジョジョジョジョジョジョジョジョジョオオオオオオオオオオオオオオオ
シャアアアアアアアアアアアギュウウウウウギュウウウウウギュウウウウウギュウウウウウ
ジョボジョボジョボジョボボボボボボボボボボボボボボボボオオオオオオオオオオオオ!!!
ジョッブバァァァァァァァァァァァァッッ!!ジョジョジョジョジョジョボボボボボボボボ
ジョオオオオオオオオオオオオオオオオオオ!!ビジョジョジョジョジョジョジョッバァァァァァ
ブショオオオオオシュワアアアアアアアアアアアアアアアアアアアッッ!!!!!ビシャッビシャッ
プッシュワアアアアアアアアアアアアアアアッッッ!!!!!!ジャジャジャジャジャーーーーッッ!!

「はぁはぁ、まっうオエェエエエエエエエエエエエていなさいグェイエエエエエエエエエエエ!!!おわっエロエロエロエロれベェエエエエエエエエエエエエエエエエ!!!」

もはや意味をなさない言葉を発するさとり。その異様な吐しゃ物の吐き方に怯えた一妖と一匹と一羽は、脱兎のごとく逃げていく。

「きゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」
「にゃあああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」
「うにゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!」

飛行しながら、お空は混乱した頭でお燐に聞く。あれが一体何なのか気になり、不安になったからだ。

「えっ?えっ?何?あれって一体何なのさ?お燐」
「さっきも言ったけれども100%になったさとり様だよ。こいしちゃんを思うあまり、何かを悟ってあんな姿になったんだとさ」
「100%のさとり様?あれが?」

(あれ?さとり様あんなに大きな体で、不気味な外見してたっけ?私より小さくて幼い外見だったよねえ。絶対にあんな地響き立てて歩くような生き物じゃなかったよ。あれ?じゃあさとり様じゃないとすると、あの生き物なによ………………………ああ、そうか!!)

おそらく小さく、ろくに起動していないであろう脳を回転させて、与えられた情報から、考えるお空。やがて、お空が結論を出す。

「分かった。あれさとり様に100%化けようとした妖怪ね」
「「違うよ!!」」
「でも全然違う。さとり様に似てないじゃない。あんなのでさとり様だなんて言い張るなんてちゃんちゃらおかしいわ」
「「だからあれがさとり様なんだよ!!」」
「地霊殿も舐められたものね。あんな間抜けな妖怪に私達の主の名前を語られるなんて」
「「もぅっ!!このおH!!」」

お燐とこいしのつっこみなどまるで意味をなさない。自分の世界で物事を考え、結論を出したお空は、自分の判断で行動を始めた。

「待っててね、お燐、こいしちゃん。すぐにあの化け物やっつけてくるから」
「ちょっと待ってお空。消し飛ばす程の火力を使わなくてもいいの。お姉ちゃんを気絶させるぐらいの力を与えてくれればそれで「最高出力で消し飛ばしてやる!!」おくぅううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!やめてぇえええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!!」

案の定全く聞く耳を持たぬまま、さとりの方へと向かい、降り立つお空。
折りしも、さとりが、丁度吐しゃ物を吐き終わった所だった。

「おぉおおおおおおおおおおおおおおおおお!!八咫烏様ぁあああああああああああああ!!わたくしに力をぉおおおおおおおおおおおおおおおお!!」





☢CAUTION!!☢ ☢CAUTION!!☢ ☢CAUTION!!☢ ☢CAUTION!!☢
☢CAUTION!!☢ ☢CAUTION!!☢ ☢CAUTION!!☢ ☢CAUTION!!☢





突如生まれる強いエネルギー。空の体が先とは比較にならない程に白く眩く輝きだす。
核エネルギーを体内で循環増幅させている空。まるで太陽が地上にうまれたかのような、神秘的でありながら怖れを抱くような光景。
それは世界を滅ぼす地獄のアビス。それは恒星が寿命を終えて崩壊するときに放つ最後の輝きノヴァ。
白色の閃光のあまりに圧倒的で強大な力に、大気がびりびりと圧されて震え、荒れ狂う。

   地獄の新星アビスノヴァ

着弾の瞬間、太陽が地上に現れたかのごとき、猛烈な眩さが、その場にいる全員の視界を焼いていく。
そして世界は白く漂白された後、一気に膨張し、大爆発を起こした。
天を震わせ地を揺るがす、圧倒的で超熱量の破壊が、お空を中心に同心円状に広がっていく。
鼓膜を突き破る程の破壊音が発せられる。衝撃派と共に放たれた焔と熱風が、軌道上総てのモノを灼き尽くし、破壊し、暴れ、粉塵を高々と巻き上げる。
次いで巻き起こる竜巻のような突風。膨大な熱量が地響きと共に同心円上に広がり、空間内を所狭しと駆け巡る。
白紅い閃光は全てを根こそぎ抉り取って消し飛ばす。
さとりは、核融合エネルギーを止めようとするが、白い閃光に貫かれ遥か彼方まで吹き飛ばされていった。















「ふぅ。どうだぁ。今度こそ原型も残らず吹き飛んだはずよ」

もうもうと立ち込める熱気の中、立っているのはお空だけであった。
底なしの魔力を持つお空でも、アビスノヴァを放つ際は猛烈な熱さと体力消耗に耐えなければならない。
加えて、今回は、弾幕ごっこの時のように加減することなく、ほぼ全力で放っていた。
肩を大きく上下させ、全身のひりひりした感覚に耐えながら、お空は荒い息を吐いていた。

「うぅうううう。お、お空の馬鹿……」
「なんであいつは、あたい達やさとり様の事なんて考えずに、あんなものをぶっ放すんだい……」

お空の放つ尋常でない核融合エネルギーに二度も巻き込まれ、お燐とこいしの体と服はぼろぼろになっていた。

「せっかく新調した服がぼろぼろになっちゃった」
「あたいもせっかく集めた罪人の死体を全部消し飛ばされたよ」
「お燐。今日は私とやけ酒でもしましょう」
「あぁ。炭になってるだろうさとり様を回収してからね」

こいしとお燐は互いに顔を見合わせて渇いた笑い声をあげ、そして大きく息を吐いてがっくりとした表情を見せた。
そしてさとりを回収しようと、痛む体をゆっくりと起こして煙の高々とあがる方へと歩いていこうとした瞬間、信じられないものを見たかのように、目を見開いた。

「ま、まさか。あれって……」
「えぇえええ?そ、そんな!!なんで?なんで?完全に跡形もなく消し飛ばしたはずよ」
「甘いわね、お空。あなた達への愛がある限り、私はこんな力で消し飛ばされたりなんてしないわ」

狼狽するお燐とお空。呆けた様に、口を開いたまま固まるこいし。
先程のアビスノヴァで力を使い果たしたのと、その力を受けても消し飛ばなかったことで、お空の心と体は消耗しきっていた。
ゆっくりと、悠然とした足取りで近づいてくるさとりを、ただ見る事しかできなかった。

「お待たせしたわね、あなた達。さぁ、今日はたっぷり可愛がってあ・げ・る♪」
「い、いやぁああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」
「にゃあああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!」
「うにゅうううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう!!!」

こうして、こいしとお燐とお空は、100%のさとり様に100%の愛を注ぎこまれた。
筋肉の化け物と化したさとりの悩ましい嬌声が響き渡り、こいしとお燐とお空の身を引き裂かれるような絶叫が、それに負けじと響き渡る。
地獄絵図のような世界の中、自分の思いを遂げる事ができて、さとりはいつまでもいつまでも嬌声と笑い声をあげ続けていた。
こいしちゃんをひどい目に合わせる話が書きたいなぁと考えていたら、こんな話が書き上がりました。
初めてのギャグに挑戦でしたが、いかがだったでしょうか。
楽しんで頂けたら幸いです。
ケテル
作品情報
作品集:
14
投稿日時:
2010/04/06 01:52:38
更新日時:
2010/04/16 18:47:22
分類
さとり100%
こいし
お燐
お空
もえもえ
1. 名無し ■2010/04/06 10:26:06
お〜い、だれかさとり様の行方を知らんか〜?
とってもかわゆい小五ロリなさとりちゃんはどこいったの〜?
2. 紅のカリスマ ■2010/04/06 10:47:47
これが……真の覚妖怪の姿……
3. 名無し ■2010/04/06 10:51:45
ミス・アンチェイン怖すぎるw
4. ■2010/04/06 12:55:22
ktkr
面白すぎる
5. 名無し ■2010/04/06 13:24:46
やるねぇ


これが120%になると思うと・・・・
6. 名無し ■2010/04/06 22:24:13
ンオオオッッ!!!
7. 名無し ■2010/04/06 23:15:17
さすが小五ロリ。成長期ですね
8. 名無し ■2010/04/07 03:13:46
何食ってたらこんな発想ができるんだ(褒め言葉?
9. ぐう ■2010/04/09 07:03:46
このさとりんには勝てる気がしません(いろいろな意味で)
10. ケテル ■2010/04/12 00:29:08
>>1  お弁当と水筒とおやつ(300円分)をリュックサックの中に入れて、地上へ遠足に出かけました。


>>2  見ろこの筋肉!!カッチカチやぞ!!


>>3  愛以外に姉を強くするものなどあるか。


>>4  そう言ってもらえると、とても嬉しいです。


>>5  「ところで私の120%キ●タマを見てくれ。こいつをどう思うかしら?」
    「すごく、大きいです…」


>>6  ドドドドドドドドドドドドドドドドドドドドド!!!


>>7  たくましくなって、さとり様もご満悦のようです。


>>8  おやつ用プロテインです。


>>9  そうですね。なにしろ100%ですから。
11. 名無し ■2010/04/15 00:59:00
>>身を引き裂かれるような絶叫が
裂ける裂ける裂ける
12. ウナル ■2010/04/15 15:47:29
なんかもう、色々ひどいw
こんな発想ありませんでしたw
13. ケテル ■2010/04/19 01:00:34
>>11  みんなさとり様に大拡張されました。


>>12  常識に囚われたら負けだと思っています。
14. 名無し ■2010/05/05 15:48:50
会話の掛け合いも楽しすぎるw
っつうか無茶苦茶ギャグなのに文章自体は普通に上手くてぱるぱるだよw
15. マジックフレークス ■2010/05/13 06:10:55
お空がルーピー過ぎるww
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード