デート当日の悩み 妖精さん 

作品集: 14 投稿日時: 2010/04/13 20:41:04 更新日時: 2010/04/13 20:41:04
※この作品は「デート当日の悩み」の続編です。先にそちらを見てからこちらへどうぞ。
※大ちゃんが可愛すぎて生きるのが辛いという方もどうぞ。
※大ちゃんかわいいよ大ちゃん。










魔理沙とアリスが森を去った後も、チルノと大妖精はいつものように遊んでいた。
あの辺りをよく見てなかったので、アリスが野糞をしたことは知らずに。
「大ちゃん、こっちこっち!」
「チルノちゃん早いよー、待ってよー!」
楽しい時間はあっという間に過ぎるもの。そんなこんなで遊んでいるうちに、日が傾きはじめる時間となった。
「チルノちゃん、そろそろ帰ろうか」
「そうだね、あたいまたお腹すいてきたよ」
二人が森の出口に差し掛かったその時、木の根元に何かが置いてあるのが見えた。

「何これ、バスケットとお弁当箱かな」
「そういえばこれあたいさっき見たよ。アリスがそんなの持ってなかったっけ?」
「さっき?あ、確かにアリスさんのバスケットとお弁当箱だよこれ」
二人が見つけたのは、アリスがお昼ご馳走してくれた弁当が入っていたバスケットと弁当箱だった。
「さっき急用があるって慌てて帰っていったから、忘れていったのかな」
「チルノちゃん、私たちが届けてあげようよ」
「まだちょっと明るいし、うん、届けてから帰ろうか」
「でも、アリスさんの家って私場所わからないよ」
「あたいが知ってるから、大ちゃん、ついてきて」
アリスが忘れた荷物を持つと、二人はアリスの家を目指して歩きはじめた。



その頃こちら、アリスの家・・・
「どうだアリス、便は落ちたか?」
「うん、これなら一日天日干しすれば大丈夫よ」
「それならよかったぜ」
あの後家に着き、風呂場で汚れたお尻を洗い、汚れた服を洗濯に出したアリス。魔理沙が手伝ってくれたのもあり、早く事が済んだのだった。
しかし、アリスはここで大事なことを思い出した。
「あーっ!」
「どうしたんだよ、大きな声を出して?」
「森にバスケットとお弁当箱忘れてきてる!」
「あっ、そういえばあの時急いでてそれのこと忘れてたんだよな」

そしてこちらは、「それのこと」を持っている二人・・・
「確かこの道をこっちに行けば・・・大ちゃん、こっちだよ」
「う、うん・・・チルノちゃん物知りだね・・・」
先程から大妖精の足取りが遅く、顔色が悪いことにチルノは気がついた。
「大ちゃんどうしたの?顔色が悪いけど、疲れた?」
「ううん、そんなことないよ。それより、早くこれアリスさんに届けよう」
「うん」
チルノには何ともないとごまかす大妖精。しかし、実際のところは・・・
ぐるるる・・・
(ま、まただ・・・またチルノちゃんと一緒な時に・・・)
チルノにバレないようにと、無理を押して歩みを速めることにした。



それからしばらく進む二人。遠くに一軒の家が見えた。
「あれがアリスの家だよ、大ちゃん、あと少しだから・・・大ちゃん?」
しかし、チルノが後ろを振り向くと大妖精はお腹を押さえてしゃがみ込んでいた。
「大ちゃん、どうしたの?」
「ご、ごめん、チルノちゃん・・・」
ぐりゅりゅりゅりゅりゅ・・・
「っ!」
お腹から聞こえた変な音、明らかに空腹の音ではなかった。そして、大妖精の痛そうな表情・・・
「大ちゃん、もしかしてお腹痛いの?」
「うん・・・ごめんね、さっきは嘘ついて・・・」
「でもどうして?大ちゃん変なもの食べたりしてないよね?」
「うん、でもお昼の時私が一番アリスさんのお弁当食べてたし、その後いっぱい動いたから、それでかな・・・」
それならチルノは何故平気かと思うかもしれないが、チルノは日頃からこんな調子のため、比較的身体が慣れているのである。
ぐううう・・・ごろごろごろ・・・
「痛いよ・・・チルノちゃん、お腹痛い・・・」
「でもここからトイレっていえば・・・」
そこでチルノの目に留まったのは、遠くに見えるアリスの家である。
「大ちゃん、アリスの家でトイレ借りていこうよ」
「でも、トイレのためだけに人の家にお邪魔するのって、なんだか気が引けるよ・・・」
「あたいたちは忘れ物を届けに行くんだから大丈夫だって。それに、アリスならちゃんと言えばわかってくれると思うよ」
「う、うん・・・そうだね」
ぐぎゅっ、ぐるるるる!
激しい腹鳴りに身をかがめる大妖精。あまりの痛みに泣き出す辺り、苦しみがかなりのものなのが伺える。
「ひぐっ!痛い、痛いよぉ・・・えぐっ」
「もう少しだから、頑張ろう大ちゃん、ね?」
「うん・・・ぐすっ・・・」
大妖精をなだめながら、チルノは荷物を持って歩きだした。



「じゃあ私がちょっくら忘れ物を探してくるぜ」
「ごめんね魔理沙、手間かけさせて」
「いいってことぜ、じゃあ、行ってくる」
魔理沙がそう言って玄関のドアを開けようとしたその時だった。
コンコンコン!
「ん、おいアリス、誰か来たみたいだぜ」
音は小さいが、激しくドアをノックする音が響いた。
「誰かしら?」
「ちょっと開けるぞ」
ガチャッ
魔理沙がドアを開けると、チルノが両手に荷物を持ったまま立っていた。
「チルノじゃないか。ん、お前が持ってるそれって」
「はぁ、はぁ、アリス、忘れ物だよ・・・」
「チルノ、わざわざ持ってきてくれたの?ありがとう」
「お前も気が利くじゃないか、見直したぜ」
「えへへ、そう?」
二人に褒められ、照れながら頭をかくチルノ。

「お、お取り込みのところすみません・・・」
そこへ、水を注すかのように弱々しい声が外から聞こえた。魔理沙とアリスが外に出ると、お腹とお尻を両手で押さえている大妖精が立っていた。
「そうだった、大ちゃんがお腹痛いって言ってるからトイレ貸してほしいの!」
ぐごるるるるる!
「ああ・・・も、もう・・・出そう・・・」
そのお腹の鳴る音は、魔理沙たちにも十分聞こえる大きさだった。
「アリス、トイレ貸してやれ。この調子じゃもう持たないぞ」
「わかったわ。大ちゃん、こっちに来て」
アリスからトイレ使用の許可が出るも、大妖精の我慢は限界まで迫っていた。
「ごめんなさい・・・もう我慢ができなくて・・・」
大妖精はもはや一歩たりとも動くことができなかった。
「もうダメ・・・で、出、出る・・・」
目をぎゅっとつむると、三人の目の前でついに・・・



ブブッ!ブリィ!ブビビビビビ!
「やあっ!ああ、あううううう・・・」
可愛らしい彼女のお尻から響く下劣な音。その直後に足元に茶色の便がボトボトと落ちた。
ブバババッ!ブビュビュビュビュ!
「ひぐっ、うええええええん・・・」
この上ない失態に泣き出す大妖精。しかし、その涙に比例するかのように便は更に足元に落ちてゆく。
ブバブビビビビビ!ブチャチャチャチャ!
酷いのは足元だけではなかった。彼女の水色のスカートも少しずつ膨れ、茶色の汚水によって汚されてゆく。
ブボボボボァ!ブリュブリュブリュブリュ!
「大ちゃん・・・」
友達の激しい失禁に、チルノはそれ以上言葉が出なかった。その間にも便はまだまだ出続ける。
ブチブチブブブブッ!ブスッ、ブスゥゥゥゥゥーーー・・・・・
シャアアアァァァァァァァ・・・
水の混じった柔らかい便まで出し、長いおならとおしっこを最後に、ようやく大妖精は全てを漏らし終えた。

「えぐっ・・・チルノちゃん、ごめんね・・・」
大妖精は泣きながらチルノに謝った。折角自分をトイレまで導いてくれたチルノを裏切る形になったのが、何より申し訳なかっただろう。
「魔理沙さん・・・アリスさん・・・ごめんなさい・・・」
そして、魔理沙とアリスにも謝った。
「大ちゃん、もういいよ、出ちゃったのは仕方ないから」
「そうだぜ、誰もお前を責める奴なんていやしないからさ」
「とりあえず綺麗にしないと、そのままじゃ気持ち悪いでしょ。うちに上がって」
「ありがとうございます、みなさん・・・」
大妖精は三人の優しさに感謝しながら、アリスの家に迎えられた。
どうせやるなら一日で一まとめでやればよかった・・・
でも大ちゃんがかわいいからどうしても書きたかった、それが本音ですwww
一日で二つ投稿とか新人以来です。もうこんなことできないだろうな。
それはさておき、今回は久々の大ちゃんです。あーもう大ちゃんかわいすぎ。お空も他のキャラもみんなかわいいけど、大ちゃんのかわいさは反則的ですw
べ、別に?さんの下痢大ちゃんに即発された訳じゃないんだからねっ!
ぐう
作品情報
作品集:
14
投稿日時:
2010/04/13 20:41:04
更新日時:
2010/04/13 20:41:04
分類
大妖精
スカトロ
お漏らし
1. ■2010/04/15 03:05:46
べ、別に大ちゃんのお漏らしぱんつ食べたいだなんて思ってないんだからねっ!
お漏らし素敵です。最高です。3人に見られながらの脱糞を想像したら胸のときめきが止まりません!
大ちゃん可愛すぎて何か出そうです・・・ふぅ
2. ぐう ■2010/04/15 14:37:23
>?さん
その大ちゃんに対しての白い愛を大切にしてください。大ちゃんはお漏らしが似合う子です。
3. ウナル ■2010/04/15 17:12:09
漏らしたことよりも、チルノを裏切ったことを悔いる大ちゃん良いです。
このまま魔理沙、幻想郷中の女の子コンプリートしちゃえ!
4. ぐう ■2010/04/16 10:39:12
>ウナルさん
大ちゃんは優しい子なので、自分は二の次で相手のことを優先しそうです。
>幻想郷中の女の子コンプリートしちゃえ!
「大妖精のお漏らし、ゲットだぜ!」と、サ○シ風な口調の魔理沙が脳内再生されましたwww
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード