幻想アフター

作品集: 14 投稿日時: 2010/04/15 02:10:25 更新日時: 2010/04/16 02:38:52
微かに星が光る空を紫は仰ぐ

それをかつて一緒に見た彼女はいない

自分が馬鹿なことを言えばそれに呆れながらも突っ込んでくれた彼女はいない

嫌々そうなふりをしながらもいつも自分に付き合ってくれた彼女はいない

自分の思いを告げた時、一瞬驚いたような顔をしながらも微笑みながら頷いてくれた彼女はいない


――霊夢

空を仰ぐ

星は消えていた

紫は目を閉じた
書いてみようとすると話が思いつかない。
とりあえず寝る前にいっこ書いてみようと思ったらこのザマだよ。

自分以外のすべての物書きさんに尊敬を

>>1
一応みんな消えている脳内設定でした

>>2
そんな十分くらいで考えたやつが深くないですあ
ンドゥール
作品情報
作品集:
14
投稿日時:
2010/04/15 02:10:25
更新日時:
2010/04/16 02:38:52
分類
1. johnnytirst ■2010/04/15 16:05:55
みんな死んだのか、霊夢だけが死んだのか...

前者...か
2. 名無し ■2010/04/15 20:59:29
短いけど、なんか深い。
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード