「ガリッ、ガリッ」

作品集: 16 投稿日時: 2010/06/02 08:16:11 更新日時: 2010/06/02 08:16:11
ある日、霊夢の耳に「ガリッ、ガリッ」という音が聞こえてきた。

初めは、ネズミが柱でもかじっているのかな?と思い、家中を探し回ったが、何も見つからなかった。

しかし、「ガリッ、ガリッ」という音は、どこにいても、何をしていても、耳から離れることはなかった。

さすがの霊夢も、不安が高まり、診療所へ行くことにした。

八意永琳は、霊夢の話をうなずきながら聞いていた。

「じゃあ、耳を見せてくれるかしら?」

霊夢は、耳を永琳の方へ向けた。

永琳は、ペンライトを手に、霊夢の耳の中をいろんな角度が見た。

「んー・・・」

ペンライトを置き、カルテにペンを進める。

「耳には、異常無いみたいだけど・・・何かの聞き間違いとかは?」

霊夢は「そんなことは無い」と言った。

「今のところは、様子見かしらねぇ。ずっと続くようだったらまた来て頂戴」

霊夢は永琳から薬を受け取り、今日のところは帰るしかなった・・・。


次の日、霊夢が起きると、「ガリッ、ガリッ」という音が聞こえなくなっていた。

やっぱり何かの聞き間違いだったのか・・・。

霊夢は、いつものように朝食を作り、神社の掃除を始める。

それにしても、今日は静かな朝だ。何も聞こえない。

雀の鳴き声も、風の音も・・・何一つ何も聞こえない。

「いよう、霊夢」空から、箒に乗った魔理沙が大声を上げて、手を振っている。

しかし、霊夢には何も聞こえないように黙々と掃除をしている。

「?、霊夢?」魔理沙は、霊夢の肩をポンと叩く。

霊夢は、体をビクッとさせて魔理沙を見る。

「どうしたんだ?聞こえなかったのか?」魔理沙が言うと、霊夢は言った。

「魔理沙・・・あんた、なんで口パクしてるの?」
パッと思いついたから書いてみた。
なんか、このようなネタ見たことあるなぁ・・・
忙しい人
作品情報
作品集:
16
投稿日時:
2010/06/02 08:16:11
更新日時:
2010/06/02 08:16:11
分類
奇妙
霊夢
魔理沙
永琳
1. 名無し ■2010/06/02 11:02:45
実際、蟻とかが耳に入るとガリガリとすごい音がするらしいな
俺も散髪直後、髪の毛が耳に入った事があるから分かる

しかも蟻にとって、鼓膜ってのは『柔らかめの肉』、つまり餌なんだよ……
2. 名無し ■2010/06/02 11:04:03
鼓膜がヒュッてなった
3. 名無し ■2010/06/02 12:21:29
んー?なんで永琳は気づかなかったんだろう?
4. 名無し ■2010/06/02 13:13:30
ひええ…
5. 名無し ■2010/06/02 14:46:59
痛みを感じてないのが不思議
こう耳がね、きゅってなった
6. 名無し ■2010/06/02 14:56:55
……中から食い破られたなら外からじゃ気がつかない。
うああああああ……
7. 名無し ■2010/06/02 21:24:34
高かったヘッドフォンだかテレビが壊れた、それにしても外が静かだとかそんなコピペ思い出した
8. 名無し ■2010/06/03 08:45:43
俺は鼓膜破った事あるが、痛みはまったくなかったぞ
9. 名無し ■2010/06/03 10:43:22
片耳だけじゃ聞こえなくなるわけじゃないから別の原因を疑ってしまう
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード