めるぽのハッピーエネマライブ

作品集: 17 投稿日時: 2010/06/11 00:53:52 更新日時: 2010/06/11 00:53:52
「はーい!みんなハッピーにしてる〜?私は今日もハッピーだよ〜♪」

薄暗いホールのような場所でスポットライトを浴びて10人ほどの観客に呼び掛けるのは次女、メルランの姿だった
普段よりやや露出が多く、小さめの衣装は姉妹で最も大きな胸とお尻を際立たせ十分なエロスを放っている

ここだけみれば普通のライブのようだが、少し違うのはホールがある屋敷の地下にある場所だということ、観客は数こそ少ないがみな下半身をたぎらせていること

そして、何故か下腹部にベルトのようなものでつけられた聴診器のような集音マイクがあることだ


「みんなー!今日はめるぽのハッピーエネマライブに来てくれてありがとー!」

おーっ!と答える観客

「今日も私のお腹の音とダンスでみんなハッピーになってイってね♪お・さ・わ・りはダメだけど……」

「みんなのザーメンはいっぱいぶっかけてほしいなーっ!」

うおおおおっ!っと盛り上がる観客たち


「じゃあそろそろ始めるよー♪」
そういうと胸の谷間で温めておいたイチヂク型の浣腸を取り出し、ズボンを下ろす
そして観客のほうにお尻を向けると

「みんな〜♪一緒にハッピーになろうね〜!」
自ら注入を開始した


「えへへ〜今日も5個入れちゃった〜 そうだ!来てくれたみんなにプレゼントだよ♪」
すると観客席のほうに使用済みの浣腸器を放り投げる

たちまち取り合いになる観客たち

「こらー!取り合いはダメだぞー!あんまり悪い子は……」



ぐぎゅるうう・・・

会場内にメルランの腹音が鳴り響いた……

途端に男たちは騒ぎをやめ、メルランの周りに集まってくる

「ああ……効いてきちゃった♪」

言葉とは裏腹に嬉しそうな顔をするメルラン、腰をゆっくり、大きく振りながら便意を楽しむかのように動かす

きゅうううう・・・きゅるきゅるきゅる

お腹のマイクは腸の悲鳴を一言一句逃さず観客に伝える


「ああん……私の大腸ぎゅるぎゅるうなる、いっぱい漏らせと轟き叫ぶぅ…♪」

メルランは自分の濡れそばった秘所に指を入れ、かき回しながら甘い喘ぎ声と息使い、そして腹音を出して演奏する

観客たちはそんなメルランの痴態を楽しみながら、自らのイチモツをしごいていく

「ああん……もう出そう……みんなは?」

まだまだー!
と観客は答える、もう射精したくて射精したくてたまらない男もいるようだが、じっとこらえる

「えーん、そんなぁ……」

ごぐるるる!ぎゅるぎゅるぎゅる!

口と大腸から一斉に抗議の声が上がる


「ああ……おっきい波が来たのーぅ!私もうそろそろ駄目かもー」

といいながら服をまくりあげるとややたれ気味だがやわらかそうな胸を露出させる

「お腹ぎゅるぎゅる……おっぱいも変になっちゃいそう!」
というと乳首をつまんで胸を上に向かせようとする

お腹からは腸がうねる音が響き、内股になってお尻を左右に振る

ぎゅるぎゅるぎゅキューきゅるる……ぶびっ!

「ああっ!」
メルランの顔が土気色に代わる

両手で尻を抑えて耐えようとするが、もうこれ以上の我慢は大腸が許さなかった


「あーん、みんなごめんね!ウンチでちゃうううううう!」


ブリ・・・ビビビビッブビビビビビッ! ブゥッ……ミチチチチッ!

盛大に脱糞し始めるメルラン、そして次々とメルランの顔や服、排泄物に精液を吐き出す観客

「出る、出てる!みんな見てみてハッピーだよ…!」

弛緩しきった表情で排泄物をひり出すメルランを観客たちが精液でデコレートしていく」

「あはは……ハッピーだよ、みんなもハッピーだよね……?」






終了後、観客たちはみんな口をそろえて「もう少しでハッピーになれた」という

するとハッピーエネマライブはまた後日開かれることになるのである……
どうも、ぎょゆうです 恥辱にまみれた決壊もいいけど恍惚とした表情の決壊もいいですよね?

きっとメルランなら浣腸もハッピーに使ってくれるでしょう

あとこれは私個人の問題なのですがどうも時間が開くと続きを書けなくなってしまう傾向にあるみたいです…なんとかせねば 神綺様やゆうかりんも書きたいのに…
ぎょゆう
作品情報
作品集:
17
投稿日時:
2010/06/11 00:53:52
更新日時:
2010/06/11 00:53:52
分類
メルラン
浣腸
スカトロ
お漏らし
男注意
1. 名無し ■2010/06/11 20:23:36
時間が開くとってのはよくあることだと思う、うん
2. ぐう ■2010/06/12 09:16:20
浣腸器は私が拾ったので、そのままめるぽにもう一回入れていいですよね?
3. 名無し ■2010/06/23 10:15:56
何気にドモンの台詞が
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード