手のひら返し

作品集: 18 投稿日時: 2010/07/11 15:15:06 更新日時: 2010/07/12 17:47:32
今日もまた、いつもと変わらない朝を迎えた。
まだ意識はぼんやりとしている。
だけど、今日はみんなとのお茶会の準備がある。
私は重い体を持ち上げた。
伸びをしようと腕を伸ばしたとき、手に違和感を感じた。
そして手を見てみると、手のひらが裏返っていた。
このままではお茶会でバカにされてしまう。
この手をどうにかしないといけない。


永琳のところに行ったほうがいいのか。

……だめだ、永琳なんてただの藪医者だ。
「右手が左手が逆になった巫女なんて、研究しがいがあるわね。」
こんなことを言って、私の体を解剖するだろう。
過去に妖怪退治をした時に、油断してしまって下級妖怪におなかを抉られたことがあった。
そのとき、永琳は私の傷を癒してくれた。
いつもなら治療費を取るのだが、なぜかその時だけはもらおうとしなかった。
ふん、治療費を取らなかったのは私の体を何かの実験に使ったからでしょ?


じゃあ、紫に助けてもらう?

……これもだめだ、紫なんて私のことを道具としか思っていない。
一緒にいたくもないのに、いつもいつも私の傍にいようとする。
異変解決をあいつと一緒にするなんて嫌だった。
でも、あいつは私が貧乏なのを知っているから、報酬として食べ物を渡してくる。
だから、私はあいつの申し出を断ることなんてできない。
一緒に寝ることもあって、優しそうな顔をして私を抱きしめてきたこともあった。
どうせ、役に立たなくなったら私を切り捨てるくせに。


なら、レミリアに助けてもらう?

……話にならない、レミリアなんて夜な夜な私の血を吸いに来ている吸血鬼だ。
いつもいつも妹と咲夜を連れて来てわ、私に紅茶やワインを渡してくる。
私を騙そうとしているのは、見え見えなのよ。
あいつら吸血鬼は、自分のことしか考えていない生き物だ。
毎朝毎朝私の体が重たくなるのは、レミリアが血を吸いに来ているせいね。
そんな吸血鬼を愛していると言ってもいい、咲夜。
あいつも既に吸血鬼になっているのか、それともレミリアに洗脳されているのか。
どっちにせよ、とっとと太陽の光を浴びて灰になってほしい。


アリスに助けてもらおうかしら?

……アリスなんてただのアリスだ。爆殺されなければならない


それなら、白蓮に助けてもらうしかない?

……こっちから断る。あいつらは、平等なんて言葉を振りかざしているだけの偽善者だ。
陰口でそんなことを言ってみたら、あいつの周りにいる妖怪どもがこっちを睨んできた。
あいつら、私に勝てるわけがないのに。それに、本当のことを言っただけなのにどうして怒っているのだろうか?
私が飢えそうになったとき、米俵を十個も持ってきたこともある。
今思い出しても、笑ってしまうわ。
「博麗の巫女の命を救いました!」
なんて言い触らして、信者を増やしたんでしょ?


では、さとりに助けを求めるのか?

……何を考えているんだ。さとりなど、幻想郷から消えなければならない妖怪だ。
心を読む妖怪なんて、生きていてはならない。
「霊夢、あなたは一人じゃないわ。あなたを想ってくれる人はたくさんいるわ。」
いつだったか、さとりがこんなことを言い出してきた。
私のこと想ってくれる人がいる?
冗談じゃない、誰一人自分を想ってくる奴のいない妖怪に言われたくない。
姉が姉なら、妹もペットも同類なのだろう。


じゃあ、早苗?

……今日の私はどうにかしてる。早苗など、ただの気違いだ。
あいつはひたすら妖怪退治をしているが、それだけなら何も問題はない。
許せないのは小傘とかいう妖怪がほかの妖怪に苛められていた時に、その小傘を庇ったのだ。
急に気が狂ったのか。でも神奈子と諏訪子はうれしそうな顔をしていた。
「早苗が妖怪の気持ちも考えてくれるようになって、嬉しい。」
喜んでいる理由を聞いたとき、二人はこんなことを言い出してきた。
これでは、守矢神社の未来は無いに等しい。


こうなったら、萃香に頼むしかないのか?

……あんな鬱陶しい鬼に助けてもらう?
酒を飲んで、私を冷やかしに来て、宴会ではいつもいつも裸になって場を盛り上げようとする。
私は全然楽しくないのに、周りの奴らはそれを楽しんでいるように見える。
宴会の場にいた全員の精神を疑った。
鬼は人間の敵なのよ?どうして、咲夜や早苗まで楽しんでいるの?
地下にいる鬼の勇儀は、萃香と一緒に場を盛り上げているようだ。
こいつら二人もいつか、私が退治しようかしら。
だけど人里の子供を助けたことがあるから、迂闊に行動できない。


人里の子供で思い出した、慧音に頼んでみようか。

……人里で自分の信者を作っている女だ、いずれ私を陥れるに違いない。
寺子屋では子供たちに自分の考えを押し付け、
人里での会議では積極的に自分のためになる方策の提案をする。
しかも、今では人間と妖怪の両方を教育しようと考えているらしい。
いずれ慧音が幻想郷の一大勢力にもなりかねない。
私も命が惜しいから退治する必要があるけど、慧音の親友の妹紅をどうにかしないといけない。
疲れてしまうが、妹紅は精神が壊れるまで殺し続けるしかないのか。


こういう時、幽香が頼りになるかもしれない。

……そんなことはないわね。あいつほど危険な妖怪も珍しいわ。
メディスンとかいう毒を操る人形まで手駒に取っている。
ただ、最近人里で人気が出てきたらしい。
花を売りにきているそうだが、子供たちやその親の評判が高いと幽香は言っていた
「ふふ、霊夢たちと出会ってから友人もたくさんできたわ。ありがとね、霊夢。」
笑うこともできない。こいつの頭はどうなっているのだ。
あんたみたいな妖怪を友人と思う奴なんていない。
一生、一人ぼっちで生きていくのがお似合いよ。




それにしても、私の周りにはまともな奴がいなかった。
この手をどうにかしてくれる奴はいないのかしら。





魔理沙…………魔理沙がいたじゃない!!

……魔理沙なら大丈夫よ!!
魔理沙はいつも私のお賽銭を盗んで、お茶をタダで飲みに来る。
紅魔館の図書館で本を盗んで、その本を神社に置いていく。
霖之助さんの店でのツケを一回も払っていない。
永遠亭の薬を勝手に取ってきてくれたこともある。
守矢神社から、お守りを盗んでくれたこともあった。
地霊殿にいるお空が産んだ卵を盗んできたこともある。
命蓮寺の仏像をおもしろそうだったから、という理由で盗んでくれたことも…………!


よし、魔理沙が来てくれたならこのことを相談してみよう










そして、お茶会の時間が来た。
その場にいたのは、魔理沙ただ一人だった。
よかった、呼んでなかったけど魔理沙は私のために来てくれた。
「よー、霊夢。呼ばれてないのに、来たぜ」
「何でお茶会があるのを知ってたの?」
「アリスがどこかに行こうとしてたから、ちょっと弾幕を当てて聞いたらお茶会があるって聞いてな。
そしたら、あいつ急に家に入ってさ。玄関ドアに耳を当てたら、アリス泣いてたんだけど……意味分からないぜ。
まぁ、あいつ一人いなくてもいいだろ。私とお前だけで、十分楽しいからな。」
「そう、紫たちも呼んだんだけど?」
「あぁ、挨拶代わりのマスタースパークを当てといたぜ。もちろん、無傷だろうけどな。」
「永琳は?」
「鈴仙と弾幕勝負をしたら、あいつが気絶してなぁ。多分、治療してる最中じゃないか?」
「レミリアは?」
「んー?あいつからは傘を奪っといたぜ。まぁ、咲夜が何とかしてくれるだろう。」
「白蓮は?」
「あいつも年だろ?だから、無理するなよお婆ちゃんとか言っておいたぜ。いないほうが、お茶会も楽しいだろ?」
「さとりは?」
「へへ、『心を読む奴がいると面倒くさいなぁ』って心の中で思っておいたぜ。そしたら、帰っていたぞ?」
「早苗は?」
「一緒にいた小傘を苛めてたら、急に怒り出してな。弾幕勝負でボコボコにしておいたぜ。」
「萃香は?」
「ほら、お土産の萃香の瓢箪。今日はこれで酒を飲もうぜ。」
「慧音は?」
「怒らせようと思って、寺子屋の子供を数人苛めておいたぜ。そしたら、案の定怒ってきたから逃げてきた。」
「幽香は?」
「最近、人里で調子に乗ってたから花畑を燃やしておいたぜ?
あの幽香が本気で泣いてやがったなぁ。いやー、久しぶりに大笑いした。」






あれ?



私、こんな魔理沙のこと好きだったっけ



何かおかしい



こんな奴、好きになったことなんてなかったのに



私は紫たちが大好きじゃなかったっけ



なんで



なんで、さっきは紫たちのことがあんなに憎かったの



紫も永琳もレミリアも白蓮もさとりも早苗も萃香も慧音も幽香も



私の大切な人だったのに



だから、今日のお茶会に呼んだのに



魔理沙は呼んでないのに




どうして、魔理沙に来て欲しいだなんて思ったの?









お茶会という名の酒飲みが始まった。
魔理沙はお茶会であることを無視して、ひたすら酒を飲み私に酒を飲ませようとする。
みんなが来てくれたなら、ちゃんとしたお茶会になったのに。
どうして私はこんな奴に手のことで助けてもらおうと思ったのだろうか。



ふと手を見てみると、いつのまにか裏返っていた手は元に戻っていた。
まず、これは手のひら返しではない気がする
意味不明な内容しか書けなかった、死にたい

追記
たくさんのコメ、ありがとうございます
お礼(?)に、ぬえ編手のひら返しも投稿するかも………
上海専用便器
作品情報
作品集:
18
投稿日時:
2010/07/11 15:15:06
更新日時:
2010/07/12 17:47:32
分類
霊夢
魔理沙
その他大勢
意味不明
1. 名無し ■2010/07/11 15:23:44
魔理沙がなんかしたと勘ぐってしまうな
オチがつかない不気味さもまた一興か
2. 名無し ■2010/07/11 15:26:34
アリスは大切な人ではないのですか?
霊夢さん、アリスは爆発すればいいのですか?
3. 名無し ■2010/07/11 15:26:43
手のひらが返ったから、手のひらが返ったと解釈。私には意味不明じゃない。面白かった。
4. 名無し ■2010/07/11 15:36:43
おもしろかったです
淡々と説明を重ねているだけなのにこわい文でした
ぞくぞくします
5. 名無し ■2010/07/11 15:40:14
爆発ネタつまらないよ
6. 名無し ■2010/07/11 15:47:52
どっちにしてもはぶられてるアリス…
しかしこの魔理沙はよく殺されないな
みんな優しいんだろうな
7. 名無し ■2010/07/11 16:16:08
だってアリス気にかけるのっていないし仕方ないね
8. 名無し ■2010/07/11 17:37:01
分かったぞ、実は霊夢はジョジョのヌケサクだったんだ!!
9. 名無し ■2010/07/11 17:54:41
魔理沙の手の平も返してみようぜ!きっとキレイな魔理沙に・・・
10. 名無し ■2010/07/11 18:21:08
面白かった。が、書き手の名前に吹いてしまった俺
11. 名無し ■2010/07/11 18:40:41
成る程、つまり霊夢は魔理沙のことが…。
12. 名無し ■2010/07/11 23:52:08
不気味だけどおもしろかったです。
幽香が泣いてるとこ想像したら興奮してきた
13. 名無し ■2010/07/12 00:19:25
なるほど、手のひら返しとはそういうことか
納得
こういうのもおもしろいな
14. 名無し ■2010/07/12 01:44:53
話の意味はわからなかったけど面白かった
15. 名無し ■2010/07/12 03:03:17
魔理沙イイねすごくイイ輝いてる
16. 名無し ■2010/07/12 21:49:04
何気に魔理沙がそこそこ強いな・・・
代償にゴミクズっぷりが半端じゃなくなったが
17. ふすま ■2014/07/09 21:03:23
1さんのコメでゾクッとした。
確かにアリスはぶられてるwww
それにしても損な性格の霊夢だなぁ。
もしかして手が裏返ったから?
魔理沙は産廃的にはいつも通り
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード