東方楼人形 第1話

作品集: 18 投稿日時: 2010/07/13 16:50:07 更新日時: 2010/07/13 16:50:07
「無い……無い無い……!!!」

ここは魔法の森の中の、アリス・マーガトロイドの家。
ここには誰も近づかない。
そもそも魔法の森自体に好んでは誰も来ない。

「おかしいわねぇ……」

アリスは先ほどからずっと、探し物をしている。
1体の人形。
その人形は、今まで作ってきた中で、最も精巧に出来たものだった。

「もう少しで自律型になったんだけど」

自分の家だというのに、自分の人形が見つからないとは何事か。
と、自分を叱った。

「こんなに汚い部屋だから見つからないのよね。 うん、納得」

家を丸ごと掃除すればなくした人形が見つかるかもしれない。
そう思った。

「さてと、皆! いい?」

アリスは手をパンパンと大きく叩いた。
呼びかけたのはいつもいる人形。
自分の命令でそのように動いてくれるいつもの人形。
人形達は少しざわついた。

「今から家中を掃除するわよ! 準備に取りかかって!」

アリスは命令を入れ終わると、椅子に腰をかけた。
不安が入り混じった溜息を漏らした。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

「楼人形?」
「そう」

アリスは情報を集めに外に出た。
蝉が、やたらと五月蝿く鳴く季節になっていた。

「どんなものなの?」

アリスが最初に訪れたのは博麗神社。
本人にとっては定番ともいえる場所である。

「一応、10割ではないけどほぼ自律型の人形で」
「そうじゃなくて、見た目がどんなのかという事よ」

霊夢は半分面倒くさそうにも応える。

「いや、自律。 というとこぐらいしか特徴は無いわね……」
「は?」
「あとは、限りなく人間に近いわね」
「少なくとも、ここに来るのは見知った顔の奴らだから、そんな奴は来てないわね」
「そう……」

アリスが今まで作ってきた中で最も自立型に近い人形であった。

「……」

完成度込み、総合的に魔力が一番高かった。
見た目が人間と全く同じだった。
自分が操らずとも、自ら行動し、操らずとも、自分と会話してくれた。

「そこまで来ると危険な人形になってくるわよね……」
「え?」
「限りなく「完全な自立型人形」に近いんでしょ? だったら……」
「だったら……?」
「いつ大変な事をやらかしてもおかしくない」
「つまり、見つからないって言うのも自分で家から脱走したというの?」
「そうなるわね」

霊夢はそれだけ言うと、お茶を足しに台所へ向かった。
アリスはそれを追う。

「ねぇ、協力はしてくれないの?」
「自分の問題は自分で解決するべきよ。 どうしてその人形が脱走してしまったかを考えなさい」
「だって、私は何もしてない……」
「自律にするが故の、人形としての『人』の感情。 外でのびのびとしたい……って」

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

アリスは霊夢と別れ、神社の階段を1段1段ゆっくりと降りて行く。
溜め息が思わず出てしまった。
自分が作った人形が行方不明。
ましてや、その人形が限りなく完全な自律型に近い人形。
自律型である以上、自分の意志を持っている。
自分の意志を持っている以上、自分で問題を起こしてしまうかもしれない。

「まあ、人形というのだから、人形らしい服装にはしたけどねぇ………」

アリスが今まで作ってきた中での最高傑作………。
楼人形………。
名はまだ無い。
人形自体には名前を付けない。
付けはする。
種類としての名前は………。

「探すの………面倒くさいわねぇ………」
初めての第1話。
短くてごめんねーw

次から長くなるのさ!!
ヨーグルト? いいえ、ケフィアです(笑)
作品情報
作品集:
18
投稿日時:
2010/07/13 16:50:07
更新日時:
2010/07/13 16:50:07
分類
アリス
楼人形
1. 名無し ■2010/07/14 18:34:00
ちょww気になる!
続き読みたい!
2. 名無し ■2010/07/16 20:07:41
人形が脱走してるとこ想像したら吹いたw
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード