創生日記

作品集: 19 投稿日時: 2010/07/29 02:35:52 更新日時: 2010/07/29 03:16:37
何だお前?
さしずめ、外界と幻想郷を繋ぐ装置でここまでやって来たんだろうが……

いきなり人の幻想郷に入ってくるってのも失礼な奴だな
冗談だ、失礼だなんて思って無いよ
俺の『創った』ような価値の無い幻想郷、いくらでも見てってくれ

意味が分からないだと?
幻想郷の管理者は八雲紫じゃないのか、だって?

お前は幻想郷について多少勘違いしているようだな……
だからこんな所に迷い込むハメになるんだよ

お前の思った通り幻想郷は実在はするさ、でも特別なもんじゃあ無い
設定の通りに外界から切り離された世界とは違う
ハッキリ言って『俺達の妄想』さ

なぁ、一つ喩え話をしようか
神様。あれはハッキリ言って人間の妄想の産物だ
でも人々が信仰すれば、つまり妄想を続ければそれは力を持つ実物となって現れる
幻想郷ってのもそれさ

簡単に説明すると、ZUNという一人の個人がある世界を妄想した
そして幻想郷という土台が出来た
それをゲーム、東方projectという形で世に出した
それを購入したオレ達が、幻想郷というものを思い描いた

漫画、格ゲー、小説……様々な触媒が読者に向けれれた結果、
幻想郷というものは俺達とは別の空間に確かに存在する事となった

分かる? ん、ガッカリした顔だな
そかね、俺がこの事実を知った時は結構ロマンチックを感じたんだがね


……で、ある時転機が訪れた


お前コレを見た?
ほんの半年前のネットニュースだ
掲示板のログもあるぞ
見ろよ、この阿鼻叫喚の大騒ぎw
まぁその中に俺も入ってるんだけどな

【東方】東方project製作者 太田氏 急逝【終了のお知らせ】

このニュースを見た時、マジで目の前が真っ暗になるを体現したよ
予定されていた20作目の体験版が出た直後だったんだぜ?
東方園厘劇というタイトルまで発表された矢先にコレだぜ?
3ステージボスの最後の台詞が「悪いな、体験版だからここまでだ」で、能力が『永遠を創る程度の能力』だもんなぁ
ある意味シリーズ最強の敵となってしまったわけだ

さっきも言ったろ?
幻想郷ってのは実在する。
でもな、実際の設定とはちょっと違う。
神主が色々な妄想をする事で生まれた世界、それが本家の幻想郷だ

コーヒーのおかわりいる? ほい
神主が逝った今、本家シリーズは無くなった
つまり、お前の求めていた幻想郷は無くなったんだよ

住民達は何処と無くドライで、妖怪に襲われる危険もある、だが何処か純粋に心が落ち着く
少なくともお前が住んでいた世界を捨てる価値がある世界

それはもう無くなったんだよ……
嘘つきだって? 俺が? 幻想郷は無くなってなんていないだって?
あぁスマン。説明が不味すぎたか。
いや、スマン。


…………その事についても説明しよう


確かに、俺を含めて大勢の東方ファンは絶望したよ
もう本家シリーズはできないとな
だが、神主さんが残してくれたものは大きかったよ

今も幻想郷は存在するんだ
見てみろ、この幻想郷では不思議のダンジョンが生まれている
こっちでは弾幕ごっこでは無くドンジャラが流行となっているだろ?
二次創作の数だけ幻想郷は生まれ、そして存在しているんだ

そそわに行って見るか?
シリアスな幻想郷からシュールな幻想郷まで、もしかしたら今は無き元祖よりも素晴らしい幻想郷があるかもしれん
夜伽話なんてどうだい?
規模が大きい話に幻想入りすれば、自分もいい体験ができるかもしれんぞ
何処と無くレズビアンっぽい顔だからなお前w いや、悪かった

どうよ?
本家シリーズが消えて、元の幻想郷が無くなっても、俺達の妄想によって様々な形の幻想郷が存在するんだ。
妄想の数だけ世界が存在する、ロマンだよなぁ

で、ここは産廃なワケだが……。
お前リョナ趣向ってある?
あん、リョナって言葉の意味も知らないんならここはお勧めできんな
それなりにキツイ幻想郷も……まぁ百聞は一見にしかずだ
よし、じゃあできるだけ表現が軽い物から



悪かった、悪かったよ
そこまで拒絶反応示すとは思わなかったんだ
まだ気分悪いか? もうちょっと横になっといた方がいい

何、もう帰るって?
あぁな、それがいいだろうな
少なくとも、大勢に受けるような所じゃあ無い

まぁ、俺も俺なりに、二次創作という形でくだらない幻想郷を作ってるんだ
幻想入りする価値なんて無い所だが、気が向いたら覗いてみてくれよ
あぁ、あばよ


あ、おーい
帽子忘れてるぞ

行っちゃった

若い女の子なのに頭頂部にあんな広いハゲとは、現代っ子ってストレス溜まってるんだなぁ、シミジミ
ビタノとエモドランは、自分達の世界が『夏休みの自由研究』だって知ったら、どう思うんでしょうね……
ああああ
作品情報
作品集:
19
投稿日時:
2010/07/29 02:35:52
更新日時:
2010/07/29 03:16:37
分類
にとり
ああああ
メタ
1. 名無し ■2010/07/29 03:05:16
ある意味ここでしか出来ない話だけど、こういうの好きだ。

河童にとってはハゲが普通と言うか、
頭頂部に毛が生えてるのは女性に髭が生えてるレベルの普通じゃないことなのかも。
2. 名無し ■2010/07/29 04:10:48
語り方が結構好きだぜ☆
そして、最後に吹いたw
3. 名無し ■2010/07/29 06:50:02
まさしく、「人の数だけ幻想郷」ですな。
4. 名無し ■2010/07/29 11:09:27
>自分達の世界が『夏休みの自由研究』だって知ったら
しかも一度目の世界はちょっとした失敗で崩壊しているという・・・

創造主ってのは「神」とは違うと感じさせられる
5. 名無し ■2010/07/29 16:45:38
つまりこのコピペは正しい、と… ガクガクガクガク


魅魔は実在しない。

魅魔とは、面白いSTGを、CAVEに劣らないレベルの高いSTGをやりたいと望む人々の間で、自然発生的に生まれた理想のキャラクターである。

はじめはジョークに過ぎなかった。
魅魔はこの世のどこかにいるはずの理想のキャラクターだった。
しかしそれは当時のまさに『糞』と呼ぶに相応しいSTGにウンザリしていたプレイヤーの間で瞬く間に広まって行った。
魅魔ならこう動いた。魅魔のあの弾幕は良かった。
プレイヤーはそうやって、少しずつ理想のキャラクター魅魔のイメージを固めていった。
彼女は健康で顔色のよい悪霊である、彼女が敵対するキャラは霊夢である、彼女はエビフライを自分の手許に置いておかないと落ち着かない、そして彼女は親しみやすいことに安易な捨てゼリフが大好きなのだ!

魅魔はこうして、プレイヤーの理想のキャラクターのイメージのコラージュとして生まれたのである。
プライヤーは魅魔を欲した。故に魅魔は存在するのである。
6. ふすま ■2014/07/08 13:55:54
神主の死か……。
いずれ来る運命なのかもしれませんね
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード