間接ラブレター

作品集: 21 投稿日時: 2010/11/11 20:58:01 更新日時: 2010/11/11 20:58:01
朝日がまぶしい陽、

こういう日は大抵事件が無い。

というかここ最近、本当に事件が無い。

『暇』

私は神社に鍵をかけず、留守番を脅して置いて香霖堂に向かった。

香霖堂のポストが、新しくなっている以外何も変わっていなかった。

『ごきげんよう。霖之助さん』

香霖堂の扉を開けると、苦虫を噛んだような顔をした霖之助さんが待っていた。

『また冷やかしか。』

『めったに来ないお客さんではないけど、寂しい店に舞い降りてくる天使とでも言って欲しいわね』

霖之助さんは本を閉じて溜息をついた

『私物を置いていく上に飯をたかっていく奴を僕は天使と認めないね。』

『私物は使っても良いのよ?』

『他人が使った物は使わないよ。汚い。』

その言葉に少しムッとしたが、気にしないことにした。

『号外!!号外―――!!』

文が新聞を窓に投げつけてきた。

投げつけられた窓は、ガラスの破片を散らばせて大きな風が中に入ってきた。

だが、霖之助さんは何も言わずに新聞を広げて黙々と読んでいた。

『窓の事は良いの?』

『後で直すよ。もうあきらめてるしね。』

私はため息をついて煎餅に手をまわした

だが、新聞の事で何か頭に引っ掛かった。

『新聞が窓から来るんじゃ、ポストの中とか最近見てないんじゃない?』

『いや、一応毎日チェックしているよ。だけど今日はまだ見てない。』

私は重い腰を上げて善意ある行動を霖之助さんの為に使おうと思った。

『私がポストの中を見てきてあげようか?』

霖之助さんは、気が利くなと少し微笑みながら

『ああ、じゃぁお願いするよ』

と頼んだ。

私はなんて偉いんだろうと自画自賛して、ポストの中身を見てきてあげた。

蓋を開けると、中には一枚の手紙が入っていた。

『あら?何かしらこれ』

手紙の封を開けて、私はその中の文字を読んだ

『こんにちは、香霖堂の店主さん。

いきなりこんな手紙をしてごめんなさい。

私は、一昨日この店に訪れたただの客なのですが、初めて店主さんをお見かけしたところ、

恥ずかしながら、私は体中が熱くなってしまいました。

そうです。一目ぼれです。

どうか、お返事ください。返事は、もう一度このポストの中に入れてください。夜中に取りにきます。』








私は固まってしまった。

恋文だ。恋文が入っていたのだ。

『何か入っていたか?』

私は慌てて、手紙を服の中に入れた

『いっ…………いえ。何も入って無かった。』

と言った。

私は、そのままそくささ帰って行った。

『もう帰るのか?』

『ええ、帰ってほしいんじゃないの?』

『うん。』

はっきりと返事が返ってきたので、少し腹が立ったが、

それ以上に焦りが大きくて神社に帰って行った。















手紙を持って帰ってきたにしろ、これをどうするべきか考えた。

危なかった。ポストが新しくなかったら、この手紙を霖之助さんが見ていたかもしれなかった。

二酸化炭素をぜーぜー吐きながら、頭の中がぐるぐる回っていた。

だが、少し冷静に考えて見た。

どうして私は、霖之助さん宛ての手紙を見て焦っているのか、

しばらく考えた後、一つの答えが頭の中に残ってしまった。

いや、それはないのか?えっとないのか?と疑問に感じてしまう。

≪私は霖之助さんが好きなのかもしれない≫

そう思うと、何か体が熱くなってくる。

肌が赤い、風邪をひいたみたいになっている。

やばい、直球じゃないのか。

だが、そう気付いたとしても、この手紙をどうするべきだろうか。

…………そうだ、私が返事を書こう。

この人には悪いが、霖之助さんがこの人と結ばれると考えると、

悲しさがこみ上げてきたから。

悪いと考えながらも、私はこの人に向けて返事を書いた。

『手紙、ありがとうございます。非常に嬉しく感じました。

ですが、僕は貴方とは付き合う事はできません。ごめんなさい。

手紙はこれっきりにしましょう。さようなら』

書き終えた後、少しながら罪悪感があった。

だが、霖之助さんがこの手紙を真に受けたら、考えたら少し悲しい。

ごめんなさい。霖之助さん。

私は、また再び香霖堂に向かった。

手紙をポストに入れるだけだったので、再び霖之助さんに出会う事は無かった。











翌日、

『おはよう、霖之助さん。』

朝早くに香霖堂に出かけた私は、すぐには中に入らなかった。

『今日もまた来たのか、連日で来られると少し僕も嫌なんだが』

霖之助さんは少しため息をつきながら、読書を続けていた。

その間に、私はポストの中身を見て見た。

昨日、私が入れた手紙と色が違っていた。

私は、その手紙を握りしめ、家に帰って行った。

『おい、霊夢』

後ろで霖之助さんの声が聞こえた。

『何しに来たんだお前は。嫌がらせか?嫌がらせに来たのか?』

霖之助さんが文句を言っていたが、気にしないことにした。














『返事、ありがとうございます。

どうして、どうしてお付き合いができないのでありますか?

私が何かしたのでしょうか。

確かに私はただのお客さんでした。

しかし、この恋は本当に真剣なんです。

お願いです、どうか一度だけでもお話をしてください。』

手紙を読み終えた私は、少し嫌な感じになった。

どうやら、すんなりあきらめる気は無いそうだ。

手紙の最後の部分に目をやると、私は目を点にして見た。

『今日の夜頃、貴方の家に訪問します。』

と書かれてあった。














私はまた香霖堂に辿り着くと、霖之助さんは嫌な顔をした。

『また来たのか。一体何の用だ?』

私は荷物を和室に置いた後、押し入れから布団を取り出した。

『今日、泊まらせて頂くわよ。』

『は?』

霖之助さんは訳が分からんような顔をして、呆けていた

『文句は無いわね』

『ありまくりだ馬鹿』

とやかく言われた後、あきらめたのか霖之助さんはもう何も言ってこなかった。

霖之助さんは、溜息をついた後再び読書に向けた。

私がここまでしていると感じた時、私は確信した。

確信した内容は、とりあえず言わないでおこう。










いつの間にか眠っていたようだ。

『おはよう、霊夢』

居間では、霖之助さんが朝食を作って待っていた。

『どうした?顔色が悪いが』

私は、少し嫌な気になりながらも朝食に手をつけた。

そして、なんとなくを装って、霖之助さんに質問をした

『霖之助さん、昨日誰か来なかった?』

霖之助さんは、変な奴を見る目で私を見つめた。

『君が僕の店に押しかけてくる以外、何も無いよ。』

私は、心底安心をした。

だが、気を緩めずに私はポストの中身を見に行った。

手紙の内容は、こう書かれていた

『分かりました。霖之助さんには彼女が居たのですね。

騒いでいた私が馬鹿らしいです。

きっと、これは私の中では黒歴史になると思います。』

やっと手を引いたか、と思った矢先、次の分を見た時、手が震え出した

『ですから、その黒歴史を消します。今から貴方を殺しに行きます。

大丈夫です。彼女の方には危害を加えませんから。それでは。』





完全に頭が逝っている。

私の返事が悪かったのか、それともこいつが元々病んでいたのか。

だが、こんな事態になる事に、私が関係していないとは言い切れない。

『何か入っていたのか?』

霖之助さんが確かめにこちらに向かった来た。

私は思わず手紙を炎で燃やした。

『何を燃やした?』

『鼠の死骸が入ってたの。』

苦し紛れの言い訳をした後、霖之助さんは何も関心がなさそうに奥の部屋に戻って行った。

これから、殺されるとも知らずに。

私の中で、再び焦りが生じた。

『そういえば、もうすぐ秋だな。』

霖之助が呟き、本を見返していた。

『僕は読書の秋だけど、君は秋に何をする予定だ?』

私は、何も言えずにそのまま立ちつくしていた

『霊夢?』

『あっ………ああ。やっぱり食欲の秋かしらね。』

『どうせ僕の店にたかりにくるんだろう。』

霖之助さんは、一瞥した後奥に入って行った。

『霖之助さん』

私が呼びかけると、霖之助さんはこちらを振り向いた

『私、今日も泊まらせてもらうわ。』

霖之助さんは、一瞬ものすごく嫌そうな顔をした









夜、私はまぶたに棒を立てて、絶対に眠らないようにした。

目が痛くなって来たが、これしきの事でへこたれてはいけない

『失明するからやめなさい。』

霖之助さんがそう言った後、私はまぶたから棒を取り出した。

その後も、血眼で霖之助さんの周りを警戒した。

霖之助さんは、こんな私を見てもくれないが、それは仕方が無い。

一睡もせずに、ずっと徘徊していると

いつの間にか陽が昇っていた。






結局、誰も店にはやって来なかった。

急に安心すると、ものすごい眠気が襲った。

『大丈夫か?』

霖之助さんが心配してきたが、

私は大丈夫と頭を頷くしかできなかった。

霖之助さんが、扉を開けて外に出た。

死角に入り、霖之助さんが見えなくなった。

だが、そんな事を気にならなくなるくらい、眠気が凄まじかった。

『霊夢』

霖之助さんが、私に向かってきた。

『何か、妙な手紙があるのだが、』

嫌な予感がした私は、その手紙を手に取り、中身を見た

















『殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す
殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す殺す』


私はその場で固まってしまった。

何故、一体いつに!?

5分おきにポストの中身は確認したはずだ。でも

いつになっても誰も来なかったはずだ。一体いつごろに入れたと言うのか

見落とした?途中で眠った?

私は混乱した

『誰かのいたずらかもしれないが、こんなに恨みを買う事、僕はした覚えが無いな……。』

霖之助さんは疑問を抱いている。

それはそうだ、今までの手紙を見ていないのだがら、疑問に思うに決まっている。

『悪質ないたずらね』

私は、ただそう言う事しかできなかった。

『どこかで処分してくるわ。』

『そうか。じゃぁ頼むよ』

そう言って、私は手紙を持って自宅の神社に向かった
















呪い

幻想郷では、影は薄いものであるものの、

実際に、悪徳魔法と言うようなもので、呪いと言える物が存在する。

それは、相手が不幸になる事や、死に至る物まで幅広い。

私の神社には、その呪いの儀式を行う場所が存在する

そこは、側近にも教えてない場所で、ほとんどカビの臭いと血の匂いがする場所だ。


この場所で、私は今から霖之助さんを守る事をする。

手紙の送り主は霖之助さんを殺そうとしている。

私は、その手紙を儀式の中心に置き、送り主に呪いを送った。

今日中に死んでしまう、最悪の呪いを。

これで、もう霖之助さんも殺されない。

あの手紙も、送られる事は無い。



残念だったな。

死ぬのはお前だよ、ばーか



手紙の送り主に呪いをかけ終えた私は、安堵感に襲われた。

これで解決っと。

だが、あくまで人を殺すのだ。心底喜ぶ事はできないが

解放感が私を襲った。

勝った

手紙の送り主が誰かは分からないが、霖之助さんを殺そうとしたのだ。ろくな奴じゃないだろう。

全てを終えた後、私は再び香霖堂に行く準備をした










『また来たわ。霖之助さん』

『うわ、また来た』

機嫌の良い私とは対照的に、霖之助さんはあまり浮かない顔をした。

『で、どうしたんだい?霊夢』

私は、自信満々に答えた

『今日も泊まらせてもらうわ。くたくたなの』

『そうか。嫌がらせか。今度は本当の嫌がらせなんだろう?』

霖之助さんが、ぐちぐちと言っていたが特に気にしないことにした。

『布団を敷いてくださいますか?』

『本当にお前は図々しい奴だな』

霖之助さんは、渋々ながらも布団を取り出してくれた。

『ありがとう。』

全てが終わったのだ。最後くらい、贅沢な事をしても良いだろう。

『暖かい』

ぬくもりを感じる布団に、私のまぶたは岩のように重くなっていった。





















目が覚めた時、時間はもうすぐで12時になり、もうすぐ日が変わる頃だった。

寝た時が午前の11時辺りだから、少し寝過ぎてしまった。

『霖之助さん』

霖之助さんの名前を呼んだ。

ただ、何の理由も無いのだが、

だが、いつまで返事を待っても返って来なかった

『霖之助さん?』

もう一度呼びかけたが、やはり返事が返って来なかった。

私は、店中を探したが、霖之助さんの姿はどこにもなかった。

外出をしているのだろうか?

だが、十分睡眠を取った私は、思考が十分になり、嫌な予感がした。

『まさか、』

あの手紙の送り主が、ここに来た

可能性がある

私は嫌な予感がして、ポストの方へ向かった。

中には、一つの手紙が入っていた。

やはり、送り主は此処に来たのだ。

何と言う事だ。どうしてちゃんと起きていなかったのだろう。

日が変わるころには、送り主は死ぬ。

それまで霖之助さんが生きていると良いのだが、

自己嫌悪に陥りながらも、私は手紙を開けた。

内容を見るのが怖かった。

『こんにちは、もし、この手紙を見ているのなら、言いたい事があります。』

恐る恐る、私はその下の文を見た

『もう、この手紙のやり取りは止めましょう。

私は誰も殺しません。香霖堂の店主を殺せるはずもありません』

この文を見た時、何かまた疑問を感じた

送り主が霖之助を拉致したのではないのであれば、

霖之助さんは一体どこに言ったというのだろうか。

『霊夢さん。あなたの名前も知っています。』

私の名前が、この手紙に書かれていた。

名前など、教えていないし出会った事も話した事も無いのに。

最初、彼女が居たのですねと言っていたので、知人ではないと思っていたのだが、

『霊夢さん、私は貴方がこの手紙を呼んで、偽造の手紙を送った事も、霖之助さんが好きな事も知っています。』

『私は、貴方、霊夢さんに少し試していただけなんです。』

『最初は、魔理沙が私に言ってきた言葉が原因だった。

”霊夢ってさ、香霖の事が好きなんじゃねーか?”って。

言われた時は、まさかそんな事があるわけが無いと思っていました。

私、いや僕は霊夢、君に一つ実験の様な事をしてみたんだ。

誰か見知らぬ人からのラブレターを、自分宛てに書いてポストに入れる。

ポストの存在を気付かせるのに、派手にして新しくしてみました。

不器用な方法ですが、君は気づいてくれたね。

その手紙を見た時、君は僕の相談なしに、送り主に警戒をしていたね。

それを見た時、僕は少し嬉しかったかな。

可愛いな。と思ったんだ。

だけど、まだ確信が持てなかったから。こちらも殺意のあるような手紙を書いたんだ。

少し直球すぎたかな、不自然かなとは思ったけど、君は僕を守ろうと必死になってくれたね。

それで確信したんだ。君は僕が好きなんだって事。

こんな性質の悪い悪戯をして悪いと思っている。

でも、それも笑って許してほしい。僕は不器用だから。

僕も、一つ決心がついたんだ。それは種族が違くて、とても悲しい道なのかもしれない。

でも、それが君の幸せだと思うから。

明日、またきっと出会いましょう。

その時は僕は、君を笑顔で君を迎えるよ

楽しみにしててね。……………霖之助より』











私は、しばらく呆けていた

頭の中が真っ白になった

店の中の時計が、12時を刺した時、私の頭の中が真っ赤に染まった

『あああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!』

私は叫んだ。

『あああ!!ああ………あああ………』

私は泣いた

『あ………うあ…………うわ…………』

泣き叫んだ

『うわああああああああああああああああああああああああああああ
あああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ
ああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!』

ごめんなさい

涙の量と同じくらい、私の頭の中であふれ出ていた





















霖之助さんが死んでいた崖の上で、そこに墓が立っていた

紫は、その事実を知った後、放心状態になったらしい。

今も小言で、ものすごい現実逃避をしているらしい。

ずっと、部屋に閉じこもったままだ。彼女も彼に惚れていたのだろう。

『……………………』

魔理沙が、何も言わずに墓の前で立ちつくしていた。

『香霖……………………』

輝きを失ったその目は、墓の方向に向いていた。

『自殺…………じゃないよな、ありえない。じゃぁ事故……………だよな………

………………』

『……………………』

どれも違う。

私だ。

私が殺したんだ。

涙が、涙がずっと止まらなかった。

頭の中で、ミミズが這いまわっているように、頭の中がグチャグチャのような感触があった。

『なぁ霊夢』

魔理沙が、こっちを見た

『あのな、手紙…………な。あれ本当は香霖が』

『もういい』

私は、何も体制も変えずに、ただそこから離れる事だけをした。

もう、帰りたい。

最低な奴かもしれないけど、いや、私はもう最低だけど

もう、ここには居たくない

『おい霊夢、一体どこに行くんだよ』

私は、香霖堂の方向でも、自宅の神社の方向でも無い道を進んでいる。








私は、歩き続ける。ずっと、歩き続ける

私が死ぬまでずっと、死んでしまうまで、ずっと







ごめんなさい。



















≪終≫
今度は一応まともなものを書いてみました。
手が痛い。マジで
狂った日常も、なんだかポンポンネタが思いつくので、思いつきにくかったので全力で頑張りました。
もっと計画的にやりたいと思います。
ND
作品情報
作品集:
21
投稿日時:
2010/11/11 20:58:01
更新日時:
2010/11/11 20:58:01
分類
霖之助
霊夢
霊霖
1. 名無し ■2010/11/11 21:31:10
ゆかりんと霊夢が再起不能。こーりんの死で幻想郷がヤバイ。
2. NutsIn先任曹長 ■2010/11/11 22:38:00
文文。新聞は恐怖新聞か。

ナイスなオチ。有難うございました。
いつも貴方が書かれる香霖は淡白だから、ありがちな結末に気が付けませんでした。

香霖の死因は『自然死』ですから、お三方は気に病む必要はありませんよ。
そういうことにしておきましょう。

私もSSを書く時は衝動と酒の勢いに任せていますから、NDさんも書きたいときに書けばいいと思いますよ。
でも、手の痛みが引くまで控えてくださいね。
3. 名無し ■2010/11/11 23:48:54
昔、『世にも奇妙な物語』でこれと同じような話があったね。冷め切った夫婦の切ない愛の話だった。
妻に愛想を尽かされたある夫がネカマ装って出会い板に書き込んだら変な男(妻が)返信してきてry

うん、俺こういうの大好きなんよ。
4. 名無し ■2010/11/11 23:54:36
NDさんが香霖主体でもなく狂気でもなく真っ当な悲劇を書いただと!?
俺も曹長同様先入観もあっててんで気付けなかったぜ
しかしこれは悲しいすれ違いだなあ。真相を誰もしらない以上霊夢を誰も責められないし
それがよけいに辛いだろな
5. 名無し ■2010/11/13 00:52:23
俺もこういうの好物なんだ……というわけで。ごちそうさまです。ありがとうございました。
6. 名無し ■2010/11/13 20:00:24
ああ悲しきすれ違い。
この二人不器用だからこんな結末がありえるんだよね……だからこそ俺は燃えるんだけど。
7. おうじ ■2010/11/20 20:11:23
僕もこんな話大好きだ
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード