事後報告

作品集: 22 投稿日時: 2010/12/11 21:04:21 更新日時: 2010/12/11 21:04:21
「あうっ!私がなにしたっていうのよ!」
そんな悲鳴は幾度となく聞いてきたなぁと思いながら私は虐める。
決してわけもなく虐めてるわけじゃないことだけは言っておきたい。
ただこんな状況で信じてもらえるわけがないと思う。
縄で縛りあげ両腕はありえない方向に曲げた上で縛りあげている。
足はすでに使い物にならないであろう状態であり胴体は私の攻撃によって
ボコボコにへこみ痣まみれで見るに堪えないだろう。
たぶん幽々子様がこんな状態ならたぶん私は激昂するだろう。
それぐらい相手は痛めつけている。でもあいつは何も語らずこっちを見ている
悔しくないかと問われれば悔しいがやりがいがあると思えばそれでいいかもしれない
第一こんな方法にしたのはほかならぬ私なのだから。
でも少しは貴方の趣向を取り入れたんですよ。
貴方がこうしてほしいなんていうからあんまり得意じゃないけれどやったんですよ
まぁ実際私も少しはやってみたかったことなんですよ。
ただあなたにはそんなことはどうでもいいんでしょうね。
立派な結果がそこにつるされていますからね。
しかし実行犯のほうは指は痛くなりますしだんだん反応も鈍くなってきて
あんまりおもしろくないんですからね。幽々子様はもう少し頑丈ですけど
私はあんまり肉体言語は得意じゃないので貴方の希望の攻撃よりも
弱くなっているかもしれませんよ。
でもまぁ楽しくなかったっていうのは大嘘になりますね。
悲鳴を聞きながら血を浴びるのも悪くないですよ。
あははこれじゃあまるでどこかの吸血鬼のようですね。
しかしなぜ彼女をこんな目にあわせたかったのですか。
そしてなぜ私が攻撃側に回したのですか。もっと攻撃力の高い妖怪は居たでしょう
それは内緒なんですか・・・わかりましたそれ以上は詮索しませんが
もうそろそろ彼女を許してほしいのですが・・・私自身彼女が大嫌いというわけでもないので
理不尽な暴力で殺めるのはあんまり本望じゃないのですが・・・
でもこれも修行と言われればそこまでなんでしょうが
えっ・・・ああ・・・そうですかじゃあ彼女はあなたにお返しします。
できればもう少しまともな依頼をお願いします。
後彼女はたぶんまだ貴方を愛してますよ。でも私のことは大嫌いになったんでしょうね
・・・そうですかご配慮に感謝します。あの・・・手だけ洗わせてください血でべたべたしますから。
手を洗えば直ぐに帰ります。またどこかでお会いしましょう。○○さん。
初めての主人公目線で一本書いてみました。
無論実行犯は妖夢です。
彼女はだれでもかまいません。あなたがいじめたい人を入れて見てください
実際のところは妖夢が嫌ってそうな人が見つからなかったので未定という形です
○○さんはあなたなり依頼主です。
しかし一人称がめちゃくちゃで文体もおかしいような・・・誤字脱字のミスは随時教えてください。
4作目なはずなのに一つも成長してないところをみるとやめるべきなのかなぁ・・・
こんな攻め方をやってほしいと言うのがあればよろしくお願いします。ただ毎回のごとく描写が残念なので・・・
名無し
作品情報
作品集:
22
投稿日時:
2010/12/11 21:04:21
更新日時:
2010/12/11 21:04:21
分類
魂魄妖夢
妖夢視点
1. 名無し ■2011/01/20 10:14:59
妖夢ちゅっちゅ
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード