ちゆりの青い目に岡崎夢美

作品集: 24 投稿日時: 2011/03/02 23:38:24 更新日時: 2011/03/02 23:44:45
そのとき、空には雲が立ち込めて、キャンパス内の建物は、一様に色彩を失っていた。

「どうしたんだ、ご主人様」

振りかえると、両手にいちごのパックを抱えたちゆりが、生協の店舗から出てくるところだった。
大量のいちごは、全て私のためのものである。断じて私は、いちご依存症という訳ではない。ただ、デスクの前方、左手のそばにいちごが常備されていると、研究の進みが一割増し、らしい。ちゆりの調査結果に基づいているため、真偽のほどは疑わしいけれど。

「ううん、天気予報も当たらないなぁ、と思って。晴れるって言っていたのに」

私の言葉を聞いて、ちゆりはふうん、と答えて、顔を上げて空を見た。

「重たい空だな」
「そうね」

肌寒い。春の訪れは、まだ遠いようである。



連れだって研究棟へ戻る。研究室には暖房が入っていて暖かい。早く戻ろう。
そう思って、入口のカードリーダーに身分証をかざした。

「あれ?」

反応が無い。
扉が開かない。

「ん? どうした?」
「おかしいわね。反応しないのよ」

ちゆりが覗きこんでくる。見ている前で、もう一度。やはり反応しない。
それを見て、ちゆりも首をひねった。

「変だな。私のカードでやってみようか」

ごそごそと、ポケットをまさぐり、ちゆりも財布を取り出した。
大量のいちごのパックは、左腕で器用に抱えている。
彼女の財布はベージュの薄い布製で、エメラルドグリーンのデコレーションが散らばっている。
その財布を右手に持って、ちゆりはそのままカードリーダーに押し当てた。

「…………」
「やっぱりだめか」

おかしいな、と二人で顔を見合わせた。



そのときである。
突如、地面が紅色に染まった。

「!?」

しかも、なんだか蠢いている。
よく見てみると、それはストロベリークライシスであった。無数のなめらかないちごが、我先にと、研究棟の入り口に向かって押し寄せている。
そのうちの一つが、脚を伝って這い上がってきた。星のような形をしていた。

「星状体ね」
「そうだな」

そう答えたちゆりの頭にも、複数のいちごが乗っていた。いずれも、そらまめに似た質感を持っていた。
そらまめの一つが、ちゆりの髪を伝い落ちた。
滑っていった道筋が、赤い尾を引き、ちゆりの髪を塗らした。そしてそのそらまめは、ちゆりの右頬へと流れ、その柔らかく白い肌へと到達した。
白い雪原のようであった。
白い雪原を、赤いそらまめが、血に濡れた両足で踏み荒らしていくようであった。

「ちょっと」

声をかけられて、ちゆりはこちらに目線を投げてよこした。
目が合う。
私はちゆりに近寄った。ちゆりは、私よりもかなり背が低い。傍に立てば、どうしても彼女が見上げる形になる。

ちゆりの青い目に、私の顔が映る。
それはストロベリークライシスであった。

ちゆりの雪原を踏み荒らす赤いそらまめを、右手で弾き飛ばした。吹き飛んだそれは、研究棟の入り口ドアに衝突し、そのガラスを突き破った。
一面のいちごの海が沸き立った。
ちゆりの青い目に、私の顔が映っている。
キャンパスの全てはいちご色だった。無数のいちごたちが、空へと舞い上がって行く。ちゆりの青い目に、私の顔が映っている。研究棟が、破裂するいちごたちの衝撃によって、瓦解して舞い上がって行く。ちゆりの青い目に、私の顔が映っている。それはSailor of Timeであった。

ちゆりの左手に抱えられたパックのいちごは、瑞々しくて、なかなか美味だった。
ちゆりちゃんは本当にかわいいね
作品情報
作品集:
24
投稿日時:
2011/03/02 23:38:24
更新日時:
2011/03/02 23:44:45
分類
東方夢時空
岡崎夢美
北白河ちゆり
1. NutsIn先任曹長 ■2011/03/02 23:58:06
相変わらず、貴方の作品の『いちご』は何かの暗喩ですかね。
あ、いいです、説明しなくて。夜、お便所に行けなくなりますから。

相変わらず、教授殿シリーズは短いのに何かキている作品ですね。
あ、いいです、芸風変えなくて。昼、仕事の合間に読めますから。
2. 名無し ■2011/03/07 20:28:32
イチゴちゃん・・・!
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード