とある妊婦の苦悩

作品集: 25 投稿日時: 2011/03/19 17:17:45 更新日時: 2011/03/19 17:17:45
私は今、妊娠している






知人に妊娠した時の事を聞いた事がある

超音波で自分の子を見た時、嬉しさで涙が出そうになった

嬉しくて毎日の様にお腹の子供に話しかけた、と言っていた






でも、私は妊娠していると告げられてもそれ程嬉しくなかった

感動するどころか、何故か地の底に落とされたかの様な気分になった

親になったという実感が微塵も湧かない、それどころか訳の分からない不安ばかりが

湧いてお腹の中にいる子供が可愛いと思えないんだ

何で可愛いと思えないんだろうか








その日、香霖にお腹の事を言うと飛び上がって喜んだ

男の子かなぁ、女の子かなぁと言いながら私のお腹を摩っている

そんな香霖を見て私は微笑む、でも心の中で泣きそうになる

何で?香霖が喜ぶと私も嬉しい、それなのに何で?









ああ、そうか、香霖だ









もし子が産まれてきたらきっと香霖は私よりも子供を愛してしまう

それが嫌なんだ、たまらなく不安だったんだ

他の奴なんか見ないで欲しい、香霖、私だけ見て欲しい










不安な事を、思っている事を香霖に告げたかった、頼りたかった

でも言う事は出来ない、言える訳がない

きっと愛せないから堕ろしたい、可愛がる事が出来ない

こんな事を言ったら香霖は私を捨てて離れて行ってしまうに違いない








あれだけ何回も避妊せずにしてたら、いつかこうなるって頭では分かっていた筈なのに

だって、しょうがないじゃないか、私は香霖を愛しているんだ

そんな道具つけずに直接触れ合いたかったんだ、本当にそれだけだったのに

何で私がこんな目に遭わないといけないんだろ








『え、本当に!?おめでとう!』

『ついにあなたも親になるのね、頑張りなさいよ』

『きっと魔理沙さんに似て可愛いですよ!!』


周りの祝福とは裏腹に、 私の心は冷め切っていた

香霖以外のやつに不安を打ち明けようと思ったけど、やっぱり無理だった

祝福の言葉と一緒に私に向ける皆の笑顔を見るのが苦しかった

堕ろしたら?なんて言葉を掛けられるのを少し期待してしまっていた

皆いい奴だ、ありがとう皆、でも、私は凄く苦しいんだ、不安なんだ



みんな、わたしは、ははおやしっかくかな?







毎日のように香霖は私のお腹に向かって話しかけたり歌を聞かせたりしている

その時の笑顔は決して私に対して向けているものではない

私以外のやつにもそんな顔するんだなお前は

最近私が誘っても断ってばかりだよな、今はまだ駄目だよって

何で?何で駄目なんだよ香霖、もう私の事なんか嫌いになってしまったのか?

もう、子供の事にしか興味がなくなってしまったのか?














私のお腹が急に異様に膨れ出し、そこから小さな手がお腹を突き破って出てくる

そして中から気色の悪い表情の生き物が顔を出す

それを香霖が涙を流しながら抱きしめ、私に見せようとする

やめてくれ、そんなものみせないでくれ

なんでわたしのしんぱいをしてくれないんだよ?

わたしよりも、やっぱりそいつのほうがだいじなのかよ?





血を吐きながら私は、怪物の目を握っていたナイフで抉り出す

噴出した緑色の血が私の真っ赤な血と混じり合う

何をするんだ、と香霖は必死に私を止めようとする




…なんだよ



何だよ、なんだよ、ナンダヨ!!なんなんだよ!!

急に出て来やがって!!きゅうにあらわれやがって!!

突然出てきて香霖を奪いやがって!!

くそ!!おまえなんか!!おまえなんか!!

おまえさえうまれてこなけりゃ!!こーりんは!!





私はナイフを高く振りかざし、そして………








「……うわぁああーーッッッ!!!!」








いつからか毎晩、今のような悪夢を見るようになった



「………はっー、はーぁ……はぁ…」



毎回同じ内容で、同じ場面で大量の汗と叫び声とともに目を覚ます

…産まれてきたら私は今みたいな事をするのか?

…自分の子を殺すのか?










「……どうした!?魔理沙」

隣で寝ていた香霖が心配そうに私を見ている

「また嫌な夢を見たのか?」

愛しい人の声が聞こえる

「………?魔理沙………?」

手が小刻みに震える

「…一体、どうしたんだ…?」

「……うっ…ふぐっ……だいじょうぶっ、だからっ………大丈夫、だから」

「……魔理沙?」




もう駄目だ




「……うぐっ、う………うぅぅッッ!!、う、うっ……ご、めんっ……!わた、じは、母親、じっがくですっ…!
ダメな親でずっ、ごめん、なざいっ………!!ごべんなざいっ……!!愛せなくてご、えんなじゃいっっ……ぁぁ!!!」

「!?…お、おい!ど、どうした魔理沙…!」

もう何が何だか分からなくなった

私はただひたすら謝り続けた











ごめんな、ごめんな
愛する事が出来なくてごめん
こんな私をお前は許してくれないだろうな
駄目なママでごめんな













私の心中に呼応するかのように、膨れたお腹が優しく静かに動いた















.
昨日バイクのスピード違反で捕まっちゃいました!(^ω^)

警察なんてなくなればいいのにと思いました、ちくしょう・・・

   / ̄⌒⌒ヽ
      | / ̄ ̄ ̄ヽ
      | |   /  \|
    .| |    ´ ` |
     (6    つ /   ちくしょう・・・
    .|   / /⌒⌒ヽ
      |    \  ̄ ノ
     |     / ̄

  __,冖__ ,、  __冖__   / //      ,. - ―- 、
 `,-. -、'ヽ' └ァ --'、 〔/ /   _/        ヽ
 ヽ_'_ノ)_ノ    `r=_ノ    / /      ,.フ^''''ー- j
  __,冖__ ,、   ,へ    /  ,ィ     /      \
 `,-. -、'ヽ'   く <´   7_//     /     _/^  、`、
 ヽ_'_ノ)_ノ    \>     /       /   /  _ 、,.;j ヽ|
   n     「 |      /.      |     -'''" =-{_ヽ{
   ll     || .,ヘ   /   ,-、  |   ,r' / ̄''''‐-..,フ!
   ll     ヽ二ノ__  {  / ハ `l/   i' i    _   `ヽ
   l|         _| ゙っ  ̄フ.rソ     i' l  r' ,..二''ァ ,ノ
   |l        (,・_,゙>  / { ' ノ     l  /''"´ 〈/ /
   ll     __,冖__ ,、  >  >-'     ;: |  !    i {
   l|     `,-. -、'ヽ'  \ l   l     ;. l |     | !
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ   トー-.   !.    ; |. | ,. -、,...、| :l
   ll     __,冖__ ,、 |\/    l    ; l i   i  | l
   ll     `,-. -、'ヽ' iヾ  l     l   ;: l |  { j {
   |l     ヽ_'_ノ)_ノ  {   |.      ゝ  ;:i' `''''ー‐-' }
. n. n. n        l  |   ::.   \ ヽ、__     ノ
  |!  |!  |!         l  |    ::.     `ー-`ニ''ブ
  o  o  o      ,へ l      :.         |
           /   ヽ      :
もやし
作品情報
作品集:
25
投稿日時:
2011/03/19 17:17:45
更新日時:
2011/03/19 17:17:45
分類
魔理沙
霖之助
1. NutsIn先任曹長 ■2011/03/19 18:05:15
いわゆる、マタニティ・ブルーってヤツですか?
これを乗り越えられたとき、魔理沙は慈母の笑みを浮かべることでしょう。

ペーパードライバーの私のゴールド免許証には、一点の曇りも有りません。
すいませんね、共感できなくて。
2. 名無し ■2011/03/19 18:55:16
中身とあとがきのギャップでワロタ
3. 名無し ■2011/03/19 21:58:46
交通課の警察は人間のクズ
4. 名無し ■2011/03/20 00:08:12
ごめんなさい、ねぇ・・・
己が母親失格だと自覚しているだけ益しだと思うよ?

スピード違反ばかりは自業自得じゃw
5. おうじ ■2011/03/20 00:12:21
考えさせられる。
6. 名無し ■2011/03/20 09:01:36
こりゃいいわ
数年後が楽しみだな
7. 穀潰し ■2011/03/20 22:41:41
ただ単に出来ちゃったによる因果応報かと思えばとんでもない。
産廃に置いて魔理沙の泣き声で興奮しなかったのは初めてですよ。
8. 名無し ■2011/03/21 04:54:49
これぞ今の少子化社会の原因の一部だわさ
赤ん坊ができたら夫婦共々喜ぶのが普通の世界はもうないのかい...
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード