出オチ

作品集: 25 投稿日時: 2011/04/13 23:17:40 更新日時: 2011/04/13 23:18:36
「ーーーーーッ!!」



魔理沙は、とうに夜の帳も降りている中へと、霧雨道具店から飛び出した。
宵闇の空の風を切りながら、彼女は流星のように去っていく。



「あー…、親父さん、どうしましょうか?」



「………。」



残された霖之助と「親父さん」と呼ばれた魔理沙の父は、彼女が飛び出していった戸を呆然と眺めていた。
吹き込む夜風は冷たい。
霖之助は、開け放たれたままの戸を閉めに腰を上げた。









夜の冷えた空をしばらく飛んで、魔理沙が向かったのは博霊神社だった。
境内に降りるといなや、魔理沙は息を整える間もなく霊夢のところへ走る。
そして、叫んだ。




「霊夢!親父と香霖が合体してた!!」




…それは、一人の青年に想いを寄せる少女たちの受難の始まりであった。



.
続かない(´・ω・`)
最後の魔理沙のセリフで出オチ予定でしたが、あんまりにもだったので変更してこうなりました。
百合派な友人には迷惑をかけてしまった気がします、ごめんよー。
前の作品とは無関係です、一応。
次のは前の作品の並びで行く予定です、たぶん。
作品情報
作品集:
25
投稿日時:
2011/04/13 23:17:40
更新日時:
2011/04/13 23:18:36
分類
森近霖之助
魔理沙の親父さん×霖之助
魔理沙
精一杯のギャグ
not連載
薔薇
1. 名無し ■2011/04/13 23:49:37
あぁ無垢な少女に大きな傷を・・・・・・

時系列がちょっと気になる
2. NutsIn先任曹長 ■2011/04/14 00:25:22
合体とか、ドリルで貫くとか、パイルバンカーで穿つとか、肉と肉のぶつかり合いとか、漢の浪漫じゃないですか。
何を後ろめたく感じる必要があるのですか?
おんにゃのこには、それが分からないようですね。

蛇さんの話の続きをかかれるのですか。
ああいう何か暗示したみたいな話、詩的で好きです。
楽しみにしています。
3. 名無し ■2011/04/14 21:55:21
もうちょっとその場面をkwsk!
4. 名無しの腐女子 ■2011/04/15 09:30:53
机に向かい仕事をする魔理沙の父の背中を、まだ幼い霖之助は見ていた。

「…親父さん」

霖之助は呟く。
この想いを伝えるのは大変だった。
1秒、告白の時間は1秒も必要無いだろう。
でも想いを伝えるのは難しすぎた。

「…親父さん」

魔理沙の父は振り返りもせずに答えた。
「どうした」

「…ぼ、僕は…親父さんのことが」

××です。

「……そうか」
魔理沙の父は椅子から立ち上がり霖之助に向き合った。
「…それがお前の気持ちなんだな」

「………はい」
霖之助はうつ向き泣きそうなくらいに震えていた。
破門されるかもしれない。
二度と口を聞いてくれないかもしれない。

「……俺もだ、霖之助」

霖之助が魔理沙の父を見上げると、魔理沙の父は霖之助を抱き上げベッドに押し倒した。

「…あの」
「霖之助、後悔はしないか?」
「……はいっ」

霖之助の人生の中で一番いい返事だったかもしれない。
魔理沙の父は霖之助にそっと



私が書けるのはここまでだっ(´;ω;`)
描写書きたかったけど技術がない…(´;ω;`)
5. ■2011/04/17 22:53:15
説明とか込でのコメ返さん。
>1さん 時系列は単に、魔理沙が夜にこそっと親父さんの様子を見に行っただけです。親父どうしてるかなーぐらいの感覚で。
>先任曹長さん ためらいは特になかったのですが、いかんせん出オチた後、どう先を続けていいのかわからなかったのでした。そうか、合体は漢のロマンなのか…。
>3さん 人間が自然に無理なくできる体制をご想像くださいませ。それで大体あってるはずです。
>名無しの同志さん 貴女も早く書くべき。供給がなくて大変なのです。しかし、幼香霖もいけそうですね。
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード