成分供給

作品集: 26 投稿日時: 2011/04/23 15:42:34 更新日時: 2011/04/23 15:42:34
「おはよー。」



そう言いながら、霧雨魔理沙は香霖堂の扉を開けて入ってきた。
彼女の後ろからは、目に優しくない朝の光が射し込んでいる。
また今日も、暇潰しも兼ねた買い物という名を偽った強盗が始まろうとしていた。
が、それは始まりを迎えることはなかった。



「うん?おはよう。」



魔理沙は、何か違和感を覚えた。
香霖堂店主、森近霖之助を見て。
五感のうちの、聴覚と視覚がそれをひしひしと脳に対して訴えてくる。
脳はそれをわかりながらも、その原因に気付けない。
とりあえず魔理沙は、わかった範囲での違和感を口に出した。



「香霖、髪…、伸びた?」



耳を隠す程度だった髪が、今はばさりと肩にかかり、胸のあたりにで伸びている。
しかし、本人に特に気にしている様子は見られない。
それが、違和感を増長させる。
霖之助が口を開いた。
そこから出た言葉は、魔理沙を愕然とさせるに十分なものだった。





「ああ、女になったみたいだからね。」





普段なら無駄に大きな声で反応してみせたりする魔理沙も、この突拍子のない台詞には言葉を失っている。
頭の中では、霖之助の台詞が細切れにでもなって反響しているのだろう。



「な、なんで…?」



「紫だよ。」



そう言って、霖之助は困ったように頭をがしがしと掻いた。



「そうか、ゆりゆりちゅっちゅしたかったのか。」



「何可笑しなこと言ってくるんだ君は。」



今、魔理沙の脳は思考という大切な作業を放棄している。
思い付いたことを口にしているだけなのだが、思い付いたことが先ほどのものだというのはかなり先行きが不安になる。



「珍しく彼女がツケで物を買っていってね。昨晩その代金だと置いていったんだよ。」



台所の辺りから、牛乳瓶のような空の容器を持ってくる。



「飲んだら…。」



「女になった。」


頷きながら、霖之助が続きを受ける。
魔理沙は、床に膝をついて項垂れたくなった。
普段土足で上がり込んでいる店内は、こまめに掃除こそしているが、お世辞にもきれいとは言えないため行動には移さなかったが。



「なんか気付くもんだろ、そういうのって。」



「いや、普通のコーヒー牛乳が入ってるように見えたんだよ。実際、味もそうだった。」



コーヒー牛乳。
一体どんなコーヒー豆、牛乳を使ったらそうなるんだろうか。



「じゃ、じゃああのあれ…、えっと。」



「ないよ。」



みなまで言う前に、霖之助はばっさりと言ってのけた。



「…胸は?」



「…咲夜ぐらいなら。」



「それは、真の胸か?偽の胸か?」



「店に来てる時ぐらい。」



「そうか…。」



霖之助の服は、かなりだぼだぼとした布の量の多い服である。
その沢山の布の奥に、瀟洒なメイドの偽の胸ほどのものが隠されているらしい。
そこで、魔理沙は違和感に気付いた。
聴覚視覚ともに。



「それで声が高いんだな。腰がいつもより細いんだな。」



「そこら辺よく僕はわからないんだけれど、君が言うならそうなんだろうね。」



近くの棚から紐と櫛を取り出すと、もそもそと髪を結い始める。
割りと慣れた手つきで、耳より上の割りと高めの位置で一つにくくる。
そうすると、うなじから首筋にかけてのラインが襟元辺りからちらほらと見え隠れ。



「なんで紫もこんな馬鹿みたいなことしたんだろうなー…。」



魔理沙は、視線と話題を霖之助のみてくれから逸らす。
頬の肌色にうっすら、朱が混じる。



「ああ、帰り際に『これで救済措置になるかしら?』だとかそんなことを呟いていたけど…。正直、誰に対しての救済措置なのかわからないんだが。」



そこで魔理沙は納得した。
霖之助が女にされた理由、そして誰に対する救済措置なのかが。



「幻想郷に足りなかった物…、そうか、そうだったのか!」



「足りなかった物?」



霖之助が怪訝そうな顔で魔理沙の台詞の一部を反芻する。
魔理沙はキリリとした、所謂決め顔で頷き、言った。





「眼鏡っ娘さ!」





幻想郷という夢のパズル。
そのピースが、また一つ埋まった瞬間だった。

.
誰得?自分得。というわけで、眼鏡っ娘成分が幻想郷にはなかったので供給してみました。本当は魔理沙に香霖の胸を揉ませたかったです、はい。女体化香霖はB〜Cくらいだと妄想。作中の髪型は短いポニテです、一応。自分の頭にUSBぶっさして脳内女体化香霖を液晶に出力したいです。誰かケーブルをください、切実に。
次もおそらくこんな感じのものになる予定です。ではでは。
作品情報
作品集:
26
投稿日時:
2011/04/23 15:42:34
更新日時:
2011/04/23 15:42:34
分類
森近霖之助
霧雨魔理沙
女体化
需要と供給
1. NutsIn先任曹長 ■2011/04/23 17:02:29
こうして、幻想郷は完璧に近づいていく訳ですね。
旧作はよく知らないのですが、かつては眼鏡っ娘がいたそうですが……。
現在は、二次でたまに眼鏡をかけるキャラはいますが、さすがに常に、となるといませんね。

次回作も幻想郷完璧化プロジェクト実行ですか?
あまりやりすぎると、東方キャラがギャルゲーのそれになってしまうような……。
2. ■2011/04/24 00:14:45
>先任曹長さん
誤解が生じてしまったようなので補足兼コメ返さん。
完璧に近づいていくようですね…。かつての眼鏡っ娘、ちょっと見てみたいです。二次でかけるとしたら永琳とかパチェさんくらいですかね?
次回のほうですが、こんな感じというのは文章のテンションのことです。厨二病なのかギャグチックなのかで、浮き沈みが激しいものでして。そして、自分には幻想郷補完計画は難しすぎますよ。
3. 名無し ■2011/04/24 13:05:17
幻想郷から貴重な男成分が一つなくなった分、揉めるおっぱいが一組増えるわけですね
女体化香霖に髪コキしたりおっぱいもみもみしたいです
眼鏡をかけてるキャラが皆無なのは、住民の視力がみんないいのか、気にしてないのか…
4. ■2011/04/25 17:05:14
コメ返さんー。
>3さん
そうですね、一組あるのとないのでは選択の幅の広がりが違いますかよね。
是非してあげてください。慣れない身体での初めての感覚に色々初心な反応を示してくれると信じてます。
個人的に両方なんじゃないかな、と。普段は大丈夫だけど、本読むときとかはみたいな。単に自分がそうなだけですが。
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード