川辺でふやけたメモを見つけた

作品集: 26 投稿日時: 2011/05/31 23:44:09 更新日時: 2011/05/31 23:44:09
柔らかな流れにつま先を差し入れると 胸の奥がちくりと痛んだ
埋もれた思い出の上から土を払いのけ 拾い上げると褪せたポートレイト
滲んだ輪郭は 朧気な記憶のままに

人間 文明 歴史 妖怪
嗚呼 目をそらし続ければ

孤独にとり残された旧い記憶は 名も無い丘に一人
残された人の形に記憶が揺れる

信じてた夜は残酷に明け 甘い夢は裂くように終わる
ここはどこなの 夜明けに怯え 
裏切られたのだと空に向け泣いた

ニンゲンノ カワリニ ウエテ ウエテ

悲しみの中に 生まれた私は
こんなにも醜い 人間で



温い水の上から見下す化けた私は 冷たい土の下で呻く私を嘲う
なめらかな風に腕を伸ばすと まるで世界に立ちはだかるフォークロア
ただ 意味もなく強くなった気がしたんだ

停滞 沈殿 鬱積 逆流
嗚呼 目をそらし続ければ

くるぶしにとり憑いた私の指は 幼い秘話に一人 
流される人の禍達に感情が揺れる

愛してた季節は残酷に過ぎて 華やぐときは凍り付き終わる
私は礎 土の中笑う
裏切られたのだと空に向け泣いた

ニンゲンノ カワリミ ウメテ ウメテ

悲しみの中に 埋まれた私は
こんなにも醜い 人間で


棄てられ失った醜い私に 人の形が懐かしい
ニンゲンノ カワリニ ウエテ ウエテ ウエテ ウエテ
捧げられて支えられた醜い私に 人の禍達が懐かしい
ニンゲンノ カワリミ ウメテ ウメテ ウメテ ウメテ

鈍色に染まった冷たい川に 過去の全てを解き放とう
盟友を疑う記憶を封じ 堅く鍵をかけて遺恨を棄てる
盟友を愛する記憶を信じ 鍵を胸に秘めてイコンを守る

川に流しませ 水に流しませ ポロロッカ

山に取り囲まれ うまれた私は
こんなにも醜い妖怪で
川に取り込まれ うまれた私は
こんなにも醜い妖怪で

深い恨みを映し出す川面
河童にとりては 時の泡沫
---------------------------
よくわからないのでまた川に捨てた
みこう悠長
http://monostation.blog112.fc2.com/
作品情報
作品集:
26
投稿日時:
2011/05/31 23:44:09
更新日時:
2011/05/31 23:44:09
分類
にとり
イミフ
1. ヨーグルト ■2011/06/01 00:08:08
これを読んだ瞬間、「人間」の存在意義と見た目の差について目覚めた気がしました。
あと、にとりが三人ぐらい見えた気がします。
2. NutsIn先任曹長 ■2011/06/01 00:44:30
水面に浮かぶは素敵な彼女。
道行く人々皆振り返る。

ナンパ野郎が声かける。
彼女目指してアタックだ。
彼女ひらりと身をかわし、ロックンロールを踊りだす。

貧乏書生が一目ぼれ。
彼女に精一杯の気持ちを一つ。
愛しい愛しい彼女にと、理由も言わずに花一輪。

誰にも彼女は振り向かぬ。
私は見習い修道女。
一応、慈愛しています。
善行内に彼がいる。

だから皆さんバイバイバイ。
バブルがはじけてバイバイバイ。



私だって、夢見る乙女なんだから!!
ひゅいっ!!
3. 名無し ■2011/06/01 19:23:26
なんか惹かれた
4. 名無し ■2011/06/02 00:12:28
やっぱ人間が一番クソだなあ
5. ふすま ■2014/07/09 09:36:03
こういう意味不明なの大好き。
書いた人がなんとなくわかる気がするwww
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード