集宴

作品集: 27 投稿日時: 2011/06/29 01:50:28 更新日時: 2011/06/29 01:57:19
「よぉ、霊夢」
「何よ、魔理沙」
「宴会しようぜ」
「また急ね。いやよ、どうせ私が片付けるんだから」
「いやいや、今日は皆に片付けさせるからさ」
「本当でしょうね? 毎回大変なのよ?」
「大丈夫大丈夫。今日でその大変さともおさらばだぜ」
「信用できないわねぇ……まぁそこまでいうならいいけど」
「よぉし。それじゃあ皆呼んでくるぜー」
「はいはい……そういえば久しぶりの宴会ねぇ」











「こんばんは霊夢」
「あんたが一番にやってくるなんて珍しいわね、紫」
「あら、そうかしら? うふふ。霊夢はちゃんと私のこと見てくれてるのね」
「気持ち悪い声だすなっ」
「あら酷いわ。折角高価なお酒を持ってきたのに」
「酒で釣るっていう発想がダメね。でも貰えるなら貰っておくわ」
「単純ねぇ…」
「うっさい。あんたたちが宴会しないからお酒飲めないのよ!」
「お酒を買うお金もないなんて……可哀想な霊夢」
「うっさい! 最近妖怪退治の仕事がないのよ! ほら、あんたも準備する!」
「はいはい」












「こんばんは霊夢」
「今度はアリスか」
「何その言い草。気に入らないわ」
「別に。その、特筆して言う事がないというか」
「まぁ会うのは随分久しぶりよね。宴会もなかったし」
「宴会以外であんたからうちに来るのって相当珍しいもんね」
「どこかの田舎魔法使いと違って忙しいのよ」
「どこかの都会派魔法使いと違って、健康的なだけだぜ」
「あら、噂をすればなんとやらね。人集めは終わったのかしら?」
「滞りなく終わったぜ。呼べる奴らは片っ端から呼んだからな」
「あんた、どんだけ呼んだの?」
「んー……知ってる奴らは粗方、な」
「呼びすぎよ! これで片付けなかったら、全員しばき倒すからね!」
「なんて言ってるわよ、田舎魔法使い」
「だから心配すんなって。明日にはぜーんぶ片付いてるからさ」
「ですってよ、霊夢」
「宴会する前からそんなやりとげたような顔されると、不安だわ……」











「ふふ、こんばんは霊夢」
「今度はあんたらか」
「あんたらという言い方はないんじゃないですか?」
「大方食べ物に釣られてきたんじゃない?」
「まぁ酷いことを言うわね、妖夢」
「はい、幽々子様」
「半分正解だけど」
「幽々子様! そんなだから色々と勘違いされるんですよ!」
「いいのよ、勝手に勘違いさせておいて。調子に乗った所を潰して差し上げるのが作法よ、妖夢」
「物騒な話なら他所でしてくれる?」
「ふふ、ごめんなさい。まぁ雑用その他諸々、妖夢を使い潰してくれて構わないわよ」
「ちょっ、ゆ、幽々子様!」
「何よ、妖夢。覚悟してきたんでしょう? それとも主の命令が聞けないのかしら?」
「うぐぐ……しかしですね、霊夢にそんな事を言うと、本当に使い潰しかねないんですが……」
「失礼な庭師ね。後片付けのついでに神社の掃除もしてもらうだけよ」
「ひどいっ!?」
「ふふ、覚悟を決めなさい、妖夢」
「……はい」
「気苦労が絶えないわねぇ」











「いやぁかつてない大宴会になりそうじゃありませんか!」
「こんな時でも新聞の事しか頭にないのかあんたは」
「まさかまさか。この射命丸。たっぷり飲んでたっぷり騒がせていただきますよ! ついでに同僚も数人呼んでおきました」
「まだ増えるのか」
「まだ増えるでしょう。永遠亭の皆々様はほぼ総出でやってくるとか」
「芋を洗うような大混雑ね。どうみても場所が足りないでしょうに」
「その辺は紫さんが都合するそうですよ。境界とか弄って」
「……まぁ結界直すのはあいつだから別にいいけど」
「まぁ霊夢さんはあんまり気にしなくていいんじゃないですか? 気にもしてないでしょうけど」
「魔理沙に念押ししてでも片付けさせるからね。楽させてもらうわよ」
「ま、今回ぐらいは片付けに協力させてもらいましょう。たまには巫女を労うのも一興です」
「変な写真撮って、新聞に載せたら承知しないわよ」
「おぉ、酷い酷い。そんなことしませんよ。ただ巫女の痴態を少しですね……」
「今すぐぶっとばされたいのか!」
「おぉ、怖い怖い」











「はぁい、霊夢」
「はぁい、ってアンタとそんな風に呼び合うほど親しくないわよ」
「あれ? そうだっけ、えーりん」
「その砕けた呼び方はやめてください、姫様」
「何よ、いいじゃない、えーりん」
「私は構いませんが、姫様の品性が疑われます」
「いいのよ、そういう面倒くさいのは。えーりんは全然ここに染まらないわねぇ」
「月人としての時間の方が長いので、そればかりは」
「ちょっとあんたたちだけで盛り上がって、場所貸してる私無視するってどういうことよ」
「えっ。いつもの事じゃない」
「私の神社は宴会するための場所じゃないわよ! しかも本当で大所帯ね!」
「いいじゃない。二度とないわよ? こんな宴会」
「二度もあってたまるもんですか……」
「ふふ、片付けはえーりんやうどんげも協力させるわ。あ、てゐには期待するだけ無駄よ」
「なんとなくそんな気はしていたわ。貴女も大変ね、永琳、うどんげ」
「そうねぇ。うどんげは本当に大変ねぇ」
「私は鈴仙です!」









「れーいむっ♪」
「ていっ」
「あづっ!? 何するのよ! か弱い幼女が抱きつくのを御札で阻止するなんて!」
「それならその犬歯を仕舞え! どうみても血を吸いに来るつもりだったでしょうが!」
「吸血鬼は歯が命なのよ! それにちょっとくらいいいじゃない!」
「嫌よ。ちょっと許すと吸血鬼になるくらい吸おうとするくせに」
「ちっ」
「舌打ちするな! まったく……」
「お嬢様。私は宴会の準備に行ってきます」
「美鈴も連れて行きなさい。力仕事は全部押し付けていいから」
「ええ、勿論です」
「宴会呼ばれてラッキーと思ったら、やっぱりそうですよねぇ」
「分かってるならさっさと行く」
「はいはい」
「はい、は一回でいいのよ」
「わかりましたから、ナイフを抜かないでください」

「なんというかアンタの従者は相変わらずよね」
「使えるだろ? まぁそれはともかくだね、霊夢君」
「何よ」
「ぎぶみーぶらっど!」
「ていっ」
「うぼぁっ」
「だから血を吸おうとするな!」
「なによ! ちょっとくらいいいじゃないの! ケチ!」
「あんたに吸わせる血は一滴もないのよ!」
「本当にケチねぇ。結局一度もはじめてを許してくれなかったわね」
「卑猥な表現をやめなさいよ」
「いいじゃないの、チクッとするのは最初だけなんだしー」
「ダメったらダメよ」
「ちぇっ。まぁ、簡単に許してたなら、こんなに執着はしなかったわね」
「毎夜毎夜夜這いを掛けられて、私の睡眠時間を削ってくれたものだわ」
「ふふ、そして昼寝中にこっそりと血を吸うのが楽しみで楽しみで……」
「……吸ったの?」
「ほんのちょっぴり」
「私のはじめてかえせ!」
「わぁ、エロいわ霊夢。え、なにそれ、そんなの入らない。というかお払い棒の大きさじゃひぎぃ!」














「こんばんは、って隣のは何?」
「気にしなくていいわよ。それにしてもアンタも来たのね。珍しい」
「まぁ折角だしね。たまには騒ぎたいのよ」
「あっそ」
「ああ、そうそう。これをあげるわ」
「何コレ? 菊の花?」
「蝦夷菊よ。アスターとも呼ばれてるわね」
「ふぅん。でもなんでこれを?」
「気分かしらね? 久々に浴びるように呑ませてもらうわ」
「後片付けはちゃんとしてよね」
「ええ、ご心配なく。いざというときはこの極太レーザーで……」
「それは消し飛ばすっていうのよ!」








「うぅん。お尻がひりひりするわ」
「あら、おはようレミリア」
「おはよう霊夢。そういえば終始笑い声が聞こえていた気がするけど」
「気のせいよ、気のせい」
「あっそ」
「宴会の準備が着々と進んでるけど、あんたいかなくていいの?」
「粗方の準備は咲夜と美鈴がやってくれるもの。私は適当にやってればいいのよ」
「二人に感謝しなさいよ」
「感謝はしないなぁ。二人とも私の所有物だし」
「じゃあ私はどうなのかしら」
「貴女は友達ね」
「じゃあ私はどうなのさ」
「お前は妹ね」
「何か格差をつけられた気がするわお姉様」
「なら普段の立ち振る舞いを改善なさい、妹」
「そうね、とりあえず妹様にうってつけの貴族のマナーは……」
「いつのまに居たのよ、あんたたち」
「ずーっと居たけど? 案外にぶちんね、霊夢」
「しょうがないわ、妹様。霊夢の頭の中は今酒と食事の事しかないわ」
「失礼ね、パチュリー」
「酒と食事もいいけど弾幕ごっこしようよ!」
「食後の運動にならつきあったげるわ、フラン」
「わぁ、気前いいわね霊夢!」
「ただし破壊した分は全部あんたが直してね」
「えー……私は壊すの専門なのに」
「神社全壊なんて当分ごめんなのよ!」










「はぁ、やれやれ。随分と派手になったもんだね」
「あら、霖之助さんも来たのね」
「魔理沙に無理矢理連れて来られたんだ。こういう場はあまり得意じゃないんだが」
「確かに端っこでちびちび飲んでるわね、霖之助さん」
「見てたのか……ああ、そうだ。これを」
「……? 何コレ」
「あぁ、まだ開けないでくれよ。魔理沙に言われてるんだ。明日の朝まで開けるなって」
「ふぅん。まぁいいけど。貰えるなら有難く頂くわ」
「まぁそれなりに迷惑をかけてきたから、そのお礼なのかもしれないね、魔理沙なりの」
「今更ねぇ」
「今更だね。さて、それじゃあ僕もそろそろ宴会場に向かうよ」
「楽しんできてね、霖之助さん」
「そうさせてもらうよ。まぁ、あの様子だと明日から店は休業だね」










「ふふん。来てあげたわよ霊夢」
「帰れ」
「何よ! せっかく天人様が来てあげたのよ! もっと敬いなさいよ」
「敬うようなことをされた覚えがないわ」
「天子様。幾ら霊夢でもそのような方法でやってくれば、そういいたくもなります」
「いいじゃない、要石で落下。この落ちるときの感覚が癖になるのよ」
「余計な性癖を吐露しなくていいのですよ、天子様」
「この感覚が分からないなんて、衣玖はまだまだね。とりあえず宴会場に先にいってなさい」
「あんまりおいたしてはだめですよ?」
「心配しなくてもそんなことしないわよ」




「で、何か話でもあるの?」
「ないよ」
「えっ」
「ただ単に霊夢のその間抜けな顔を見たかっただけよ」
「むぅ……なんか今日は調子が狂うわね」
「たまにはそんな日もあるわよ。案外退屈しなさそうね、あんたの生活」
「私は退屈でも構わないんだけど」
「その神経だけは理解できないわ」
「アンタの方がよっぽど理解できないわ」
「ん。まぁ元気そうでよかったわ」
「何よ突然」
「だから特にないって言ってるじゃない。それじゃ、先に宴会場に行ってるわ。おいしいお酒と一緒にね」
「私が行く前に開けるんじゃないわよ」
「そんな真似はしないわよ」









「ふぅ、集まったな」
「集めすぎよ、魔理沙」
「地底の連中と聖達は後から来るってさ」
「まだ来るのか」
「呼べる限りの面子をそろえたからな」
「そもそも何でこんな大宴会開こうなんて考えたのよ」
「んー? 理由は特に無いぜ? 最近こう、派手なのはやってないなと思ってさ」
「まぁ確かにそうだけど」
「細かい事は気にすんなよ。ぱーっと飲んで騒いで楽しもうぜ」
「なんか釈然としないけど、ただ飲みできるなら悪くは無いわね」
「まぁそういうことだな。さ、行こうぜ。皆待ってる」
「はいはい」
そして宴が始まった。
しばらくして、地底の面々と聖達もやってきた。
慧音の代わりということで妹紅がやってきた。
宴は大いに盛り上がった。

最初こそ、その大所帯ぶりに驚きもした霊夢であったが、
酒の力と騒がしい面々に次第にそんなことを気にしなくなっていた。
ただ少し飲みすぎたのか、うつらうつらとしてきていた。
まだ飲み足りない、もっと騒ぎたい。そんな気分なのに。
いつもの宴会よりも楽しみたいと純粋に思っていても、
睡魔は霊夢を容赦なく襲い、やがて霊夢の目蓋が完全に閉じた。





そして霊夢が目を開けると、見慣れた神社の石畳が見えた。
良く見れば毛布などが身体に掛けられていた。
目を擦って辺りを見回すと、魔理沙達は言葉通りに宴会の後片付けを行っていた。
まるで宴会などしていなかったと思うほどにごみひとつ落ちていなかった。

お礼ぐらいは言いに行ってやっても、罰は当たらないわねと霊夢が空を飛ぶ。
……飛んだはずだったが、身体がわずかに跳ねただけだった。
まだ酔っているのだろうか。
そういえば霖之助さんから貰った袋を開けていない。
袋を開けると、中には見た事もない服と自分の顔写真の張ってある変な紙切れと、
手紙が入っていた。

それは魔理沙が霊夢宛に書いた手紙だった。
霊夢は手紙を読み始める。




霊夢は誰にも見せた事がないほど泣き喚いていた。














     ※     ※

あとがき。
説明せずに台詞だけで書く。
このSSの意味が分からないなら、
それは私の能力が足りないだけなのでご安心を。
この後、幻想郷や霊夢がどうなったのかは皆様のご想像のままに。
ではこれにて終宴。おやすみなさい。
名前がありません号
作品情報
作品集:
27
投稿日時:
2011/06/29 01:50:28
更新日時:
2011/06/29 01:57:19
分類
霊夢
台詞のみ
1. NutsIn先任曹長 ■2011/06/29 08:02:42
まあ、なんとなく、そういう予感がしていましたよ。
最後から2番目のブロックは誰との会話だったのでしょうか?

宴は、いつかは終わるのでしょうね。
嫌だけれども。
2. 名無し ■2011/06/29 22:58:24
こういう話での花言葉の威力は異常
3. 狂い ■2011/07/01 04:39:19
へええー
ぞくっときた。
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード