月の光を浴びすぎると、死んでしまうそうですよ

作品集: 28 投稿日時: 2011/08/10 23:47:40 更新日時: 2011/08/10 23:47:40
月が浮かぶのです。

幻想郷のどこから見ても等しく同じ月が。

優しい光で歌うのです。

賑やかなカノンを口ずさむのです。

兎は梯子を掛けました。

人は団子を作りました。

鬼は小石を投げました。

神は杯に浮かべました。

妖怪は首を傾げました。

そのうちに誰からともなく上を見上げます。

月は容赦なく瞳を焼きました。

みなで目蓋をぱちくりぱちくり。

溢れる涙に月が浮かびます。

こぼれて地面を濡らします。









そうして幻想郷に月が溢れました。

もうみんな月が見えません。

もう何も聞こえません。







ただ月だけ、浮かぶのです。
こういうわけわからん暗喩みたいなの作ってドヤ顔してる自分が嫌い
次こそエログロ頑張ろう
Sfinx
作品情報
作品集:
28
投稿日時:
2011/08/10 23:47:40
更新日時:
2011/08/10 23:47:40
分類
ノストラダムス
1. NutsIn先任曹長 ■2011/08/11 00:42:02
乗り込もうとも、
讃えようとも、
迎撃しようとも、
自分では操っているつもりだろうとも、
疑問に思おうとも、

『月』は、そこにあり、

皆には、『ツキ』が無かった。
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード