香霖のばか野郎

作品集: 28 投稿日時: 2011/09/01 00:45:05 更新日時: 2011/09/01 00:46:29
香霖「はあ・・」

香霖堂の住人、霖之助はある悩みがあった。それは・・



魔理沙「こーりん!」ドカァ

店のドアをぶっ壊してくるこいつだ。

香霖「魔理沙・・ドアを壊してまで急ぎの用なのかい?」

魔理沙「ああ!そうだぜ!」

香霖「・・・で?何の用だい?」

魔理沙「暇だから遊びにきたんだぜ。」

香霖「・・・さて、今日はどの本読もっかな・・」

魔理沙「おいおい、こーりん。この魔理沙さんを甘く見たらこまるぜ。
今日はお土産もってきたんだ。」

香霖「ほう、珍しいね。どんなのだい?」

魔理沙「キノコだぜ」

香霖「・・・なんか毒々しいんだが」

魔理沙「ああ、だからやるよ」

香霖「毒見かい、まあもらえる物はもらっとくよ」

魔理沙「いるのかよ、そんなんだから物がたまるんだよ」

香霖「そうかもね。」

魔理沙「ってか腹減った。なんか食わせてくれ」

香霖(このキノコくえよ・・)

香霖「悪いけど、今は品切れ中なんだ。酒ならあるけど」

魔理沙「酒?それもいいな、よし、こーりん一緒に飲もうぜ!」

香霖「いや、今は仕事中なんだけど」

魔理沙「いいじゃねーか、どうせろくな客こねーって」



痛いところをついてくる。反論できないじゃないか

結局二人でしばらく酒を飲んだ。

酒の勢いもあって、魔理沙は愚痴を言い始めたりもした。

魔理沙「・・でよぉ、アリスとパチュリーが大変でよう」

どうやら魔理沙はおもったよりいろいろと苦労してるらしい。

得に友人関係で

そんな魔理沙に同情していると、疲れのせいか魔理沙が眠ってしまった。

面倒くさいが上になにかかけてやろう

そう思い立ちあがろうとした瞬間



ギュッ


・・・魔理沙が服をつかんできた。しかも強く

香霖「おい、魔理沙」

魔理沙「・・んー・・・」



くそっ不本意ながらも一瞬かわいいと思ってしまった自分が嫌になる。

そういえば、昔もこういうことがあったっけ

魔理沙が小さい時、遊んでやったりしたっけ。

あの時はかわいかったなあ

小さい頃から元気のいい子だっけ

そこらへんは変わってないんだな


そんな風に一人で思い出に浸っていると

「お邪魔するわよ」

聞きなれた声がした。

霊夢だ。


一応巫女である彼女には、いろいろな物を作ってあげたりしているので、友好はある。

霊夢「あれ?魔理沙もきてたの・・・って何やってんの」

香霖「見ての通り、魔理沙が寝てしまってるんでね。毛布でもかけてやろうと思ったんだが、動けなくてね。」

霊夢「ふーん、てっきり霖之助さんが魔理沙に一服盛ったかと思った。」

香霖「いやいや、そんなことしたら後が怖いじゃないか」

霊夢「そう?案外受け入れてくれると思うけど?」

香霖「冗談きついよ、とりあえず魔理沙をどうにかしてくれ、動けない」

霊夢「起こしたらいいじゃない。」

香霖「どうやら精神的に疲れてたらしくてね。休めるときは休んでいた方がいいだろう?」

霊夢「あら、意外とやさしいのね。」

香霖「意外とはなんだ、意外とは」


・・・と何気ない話をしながらも、僕は魔理沙からの拘束を解いてもらった。

霊夢「ところでそのお酒はなんなの?」

香霖「え?ああ、それは僕が作ったお酒で、さっきまで魔理沙と飲んでたやつさ。思ったよりきつくてね。余っちゃったみたいだ。」

霊夢「へー、私も飲んでいい?」

香霖「君がかい?別にいいけどおすすめはしないよ」

霊夢「最近いろんな異変とか解決するのでいそがしくてさ、溜まってんのよね。ストレスが、・・・・・・霖之助さんも飲む?」

香霖「いやいや、さっき飲んだばっかだからいいよ」

霊夢「あっそ、じゃ、遠慮なく」ゴクゴク


数分後

霊夢「ふわー・・・熱くなってきたわ」バサッ

香霖「ちょ・・・ここで脱ぐな!」

霊夢「いいじゃないちょっとくらい、サービスするわよ?」

香霖「いらないから」

霊夢「ちぇ、つまんないの」

霊夢「・・・・ぐー」

寝るんですか、ここは宿屋じゃないですよ。お二人さん


香霖「はあ・・・」

とりあえず魔理沙には布団かけたからいいとして

霊夢はベットにでも運んどいてやるか。



・・・・・








しばらくして

魔理沙「ふわあ・・よく寝た。あれ、いたた頭いてえ・・あれ?こーりん?」

店の主がいないことにきづいた魔理沙はよろよろ歩き、こーりんの部屋へ


魔理沙「あれ?なにやって・・・・・!?」

魔理沙が見た光景それは・・

服が乱れた霊夢がベットに横たわっている

なぜかしら息が荒い霖之助

部屋に二人きり・・




魔理沙「う、うおおおおおおおおお!」

香霖「!?魔理沙おきたのk」




魔理沙「この変態やろおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!」


香霖「えええええええええええええええええ!?」












それ以来、しばらく魔理沙は口をきいてくれなかったという・・・・




badend?
なんだこのSS・・思いつきだからすげえ適当だぞ!

・・・まあいっか!

初めましてこの作品を見てくださりありがとうございます
ほんとはもっと長くなってたんですが、泣く泣くけずりました!
続きとかかけたらいいなあと思います。それでは
カメラマン
作品情報
作品集:
28
投稿日時:
2011/09/01 00:45:05
更新日時:
2011/09/01 00:46:29
分類
東方
霖之助
魔理沙
霊夢
ほのぼの
1. NutsIn先任曹長 ■2011/09/01 01:12:51
and bed……?

こ〜りん、モテモテだから、そのくらいの目にあわなきゃつりあわねぇ!!

続きは産廃復活後かな……?
2. ナでファイル ■2013/10/28 17:57:07
良かった。。。
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード