綺麗な君には綺麗な服を

作品集: 29 投稿日時: 2011/12/06 22:14:02 更新日時: 2011/12/06 22:14:02
カランカラン

「こんにちわ、霖之助さん」

「アリスか。いらっしゃい。何か入用かい?」

「えぇ、ちょっと服を作って欲しくて……」

「なるほど。自分でも作れるのに僕に作らせて『ハッ!所詮素人なんてこんなもんね!』と嘲笑うために服を作って欲しい、と。歪んでいるね相変わらず」

「何言ってんの!? 何を勝手に人を性悪女に仕立て上げてんの!? しかも相変わらずって言った!? 前々からそう思ってたの!?」

「まぁ服を仕立て上げるだけに、ね」

「うぜぇ!! 違うわよ、他人に『自分に似合う服』を作ってもらおうと思ったの。自分の世界にばっかり閉じこもってちゃいけないと思うし」

「おやおや、股だけじゃなく世界もおっぴろげにしようというのか」

「ねぇ、貴方の中で一体私はどんなキャラなの!?」

「じゃあ早速デザインを考えてみようか」

「え、スルー?」

「何かこう……テーマのような物はあるかい? 1つずつ上げていってくれ」

「そうねぇ……まぁ、やっぱり最初は『似合う服』よね」

「『着れる服』、と」カリカリ

「……『お洒落』であることも欠かせないわ」

「『尾崎豊』、ね」カリカリ

「……『地味過ぎない』のがいいわね」

「『ジミー鈴木っていたね』、か」カリカリ

「オイイイイイイイイイイイ!!!! 一つもこっちの希望通ってないんだけど!?」

「ふむ、描けたよ。こんなのはどうかな。題名は『ほぼ全裸』だ」

「絵がなくても予想できるわねそれ!! ふざけんな!!」

「一部の皮膚を剥がすことで『全裸ではない』と主張できる画期的な服だ」

「予想以上!? 画期的じゃないわよ、猟奇的よ!!」

「猟奇的な彼女、ってね」

「何言ってんの!? ねぇ、何言ってんの!?」

「なんだ、不満か。しょうがない……とりあえず君の第一希望の『似合う服』を中心に話を進めていこうか」

「話聞いてたんじゃないの!!」

「とりあえず、皮膚は何%残しておきたい?」

「なにそれ、拷問前の言葉責め!? 全部残すわよ、決まってるでしょ!!」

「ふむ、じゃあ『枝野スタイル』はどうだろう」

「時事ネタかつ幻想郷じゃ知りえないネタは止めなさい! というか残すって露出って意味!? わかりづらいわ! 流れを考えなさいよ!」

「文句ばっかりだな……」

「当たり前でしょ!? もういいわ、普通でいいわよ、普通の服!」

「『この世に普通なんて物は有り得ない』……僕の好きな言葉さ」

「面倒くせぇこいつ!!」

「じゃあ普通の服を考えてみようか」

「即座に前言撤回!? ……まぁいいわ。で、どんな服を作ってくれるの?」

「君のいつもの服をわかりやすく弄った物というのはどうかな?」

「あら、いいわね。そういうの嫌いじゃないわ」

「チッ」

「褒めたのに舌打ち!?」

「じゃあとりあえず……スカートはばっさり切り刻もうしよう」

「……え?」

「上の服も無理矢理千切られたかのように、下着は口の中だ」

「ねぇちょっと」

「命名するなら――『レイプ後ガール』かな」

「何言ってんのォォォォォォォォォォォ!? 大きく弄るってレベルじゃないわよ!?」

「男の目線は貴女に釘付け!」

「そりゃそうだ! そりゃそうだ!!」

「人里の裏道を歩けば『レイプ中ガール』に早変わり!!」

「オイイイイイイイイ!! 男の劣情暴走させてるじゃないの!!」

「着こなせば『ボテ腹ガール』に大進化!!」

「孕んじゃったァァァァァァァァ!! いいわけないでしょそんなの!! 却下よ却下!! 大却下よ!!」

「うっせぇなこいつ」

「キャラおかしいわよ今日の貴方!!」

「しょうがないな。以前暇つぶしに考えた服のデザイン画があるから見てみるかい?」

「最初からそれ出せよ!! ……それにしても、暇つぶし? ホントかしら。なんてね。フフ」

「あぁそうだよ、暇つぶしさ」

「ふふっ、そんなにムキにならなくてもいいわよ」

「暇つぶしだよ」

「……あ、あぁそう。分かったわよ、そういうことにしておくわ」

「暇つぶしに過ぎないよ」

「わかったってば」

「むしろ暇を潰されたよ」

「……………………」

「他にももっと生産的なことができただろうに」

「ねぇ、泣くわよ」

「今でもあの気まぐれを後悔している。なんでこんなことに暇な時間を使ってしまったんだろうって」

「ねぇ、泣くわよ!?」

「僕の中でも最も悔やまれる時間だった」

「大声で泣き叫ぶわよ!?」

「冗談だよ、半分以下は」

「何その曖昧な割合。1%の可能性もあるわよねそれ」

「さて、これがそのデザインさ」

「あら、素敵じゃない。気に入ったわ、これでお願い」

「毎度あり。オプションは?」

「……………………………………は?」

「オプションさ、オプション。そういうのが流行っていると聞いてね」

「服にオプションってあんまり聞いたことないけど…………どんなのがあるの?」

「まずは『バッグ』だね。服に合わせた鞄も作る」

「あら、意外といいのね」

「次に『バッグ』。君の性格に合わせた鞄を作る」

「どんな鞄よそれ」

「それに『バッグ』だ。君のしょうもない人生に合わせたしょうもない鞄を作る」

「鞄ばっかじゃない!! しかもさり気なく貶められたし!!」

「後は……『バックドロップ』だね。君のしょうもない人生に終止符を打つバックドロップを決める」

「殺す気!?」

「次に『サンドバッグ』。突然動けなくなり、同時に周囲の人の暴力願望を増幅させる」

「何その無駄な技術力!!」

「次は『バッグステップ』。スティックを後ろに倒しながら×ボタンだ」

「え、なんで急に操作説明!?」

「そして『バッドドラッグ』。君のしょうもない人生を楽しくさせる薬だ」

「さっきからしょうもないしょうもないうっさいわァァァァァァァァァァァァァァ!!」

「最後に『バックドラフト』。君のしょうもない人生を爆破する」

「はぁ!? どういうこと!?」

「まぁ試しに体験してみてくれ」

「ちょ、やめて何この扉のついた箱!? なんかすごい中から燃えてる音するんだけど!! やめて開けさせないd」

ドゴォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォォン
愛してるよアリス。君はなんて愛おしいんだろう。君のためなら死ねる。いや、そんな安っぽい自己犠牲すら君には似合わない。だから、君のために生きよう。君のために君を愛そう。例え君が死のうとも君を愛し続けよう。それこそが僕の選んだ自己犠牲。君は僕の全てだ。君こそ僕だ。だから君を犠牲にしよう。君のために君を犠牲にして生き続けよう。究極の自己犠牲だ。アリス。君を愛するための、君のための、君のためだけの、僕の自己犠牲だ。愛してるよアリス、永遠に。そして、永久に。
狼狐
http://demonwolf.syuriken.jp/
作品情報
作品集:
29
投稿日時:
2011/12/06 22:14:02
更新日時:
2011/12/06 22:14:02
分類
アリス
霖之助
下らないギャグSS
会話文のみ
1. NutsIn先任曹長 ■2011/12/06 23:53:23
自己犠牲というより他者犠牲のような気が……。
貴女のアリスへの愛、痛いほどこちらに伝わりました。

だから、こっちに来ないでください。私はまだ、死にたくないので。
2. 名無し ■2011/12/07 15:56:17
好きじゃなかったらこんなSSは書けないよなー
3. んh ■2011/12/11 22:30:16
アリスには手出ししません
時々爆発するところを私たちに見せてくだされば、幸いです
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード