作品集: 31 投稿日時: 2012/09/25 08:27:50 更新日時: 2012/09/25 08:31:43
はじめまして。ふつうの まほうつかいさん。
…えっ、わたしは だれかって?それは またあとで おはなししましょう。
あなたに ききたいことが あるのです。

あなたは、悪いことを したことが ありますか?

なぜ そんなことを きくのかって?それも またあとで おはなしします。
さあ、こたえを きかせてください。



ない。

ないのですか。

じぶんは、じぶんに うそをつかず、すなおに いきてきた、と。
なるほど。
それでは、そんな あなたに わたしから もうひとつ しつもんします。

あなたは、たにんのことを かんがえたことが ありますか?


すこしは あるかもしれないと。
そうですか。
では、あなたは、悪いことを したという じかくは なかったのですね。
なぜ くびを かしげるのです。

かんたんなことじゃ ないですか。わたしが あなたに こんなことを きいたのは、あなたが 悪いことを たくさんして たにんに めいわくを かけたからですよ。

あなたは、ひとのものを へいきで とっていった。
なかのいい まほうつかいの ほん、まほうの どうぐ。
やまのそばの かっぱの ところからも いくつか ものを もちだしましたね。
ふるい つきあいの どうぐやからも うりものを かってに とっていきましたね。
よすずめの やたいにも つけが たくさん ありませんか。
くろうして あつめたり つくったりした たからものも まざって いました。
それを あなたは しぬまで かりるだけと いって もっていくのに あやまらない。かりたものは かりただけで へやに つみあげるだけ。
おみせの うりものも、ふつうに かわれれば おみせやさんの せいかつの たしになる おかねが てにはいるのに、あなたのせいで。

あなたの せいで どれだけの ひとが めいわく してたのかと かんがえた ことは なかったのですね。
しかも いままで それが 悪いことだと おもってすら いなかったと。
ざんねんです。

さあ、ここで わたしが なにものか おつたえしなくては いねませんね。

わたしは あなたの 悪いこころ です。

どんなに いいことを してるひとも かならず 悪いこころが ねむっているのです。いや
悪 こそが、ひとの こころ そのもの。このよに 悪が あるとすれば、それは ひとの こころなのです。
それと どう むきあうか。それが だいじなのです。
悪いこころを みつめ、なるべく それを おさえる どりょくを せねば ならない。それなのに あなたは むきあう どころか へいきで 悪いことを していた。
そんなの みとめない?じぶんは じぶんの よくぼうに すなおに いきていた だけ?よくを まるだしに するのも 悪いこころが あり、むきあえなかったから こそ ですよ。

もう じゅうぶん しょうこが でそろいましたね。
あなたは じごくへ おちるでしょう。
あなたは ようかいに おそわれて なくなりました。あなたの たましいは どんなに あがいても じごくいきに なるはずだった。でも あなたを しる えんまさまが あわれに おもい さいごの チャンスにと じぶんの つみに むきあえるよう わたしを うみだして くれたのですが だめだった ようです。
わめいても むだですよ。はんけつが ぎゃくてんするなんて そんなことは そうそう ありません。
さあ、わたしの やくめは これで おわりですね。あらためて えんまさまが はんけつを くだすまで おまちください。

では、よい じごくのたびを。
はじめまして!みどりねと言う者です。前からずっとここに投稿してみたくて…ついやってしまいました…。ですがエロくもグロくもなくて申し訳ありません。
みょんなことがきっかけで読んだ子供向けの某絵本に影響を受けこれを書いてみました。元ネタが絵本だからこの話も絵本ぽくしようとして、ほぼ平仮名にしたり改行を多くしたんですが読みにくくなっただけでしたね、精進します…!!ぶっちゃけ漢字普通に入れてよかったかも。
何はともあれ最後まで読んで頂きありがとうございました!!
みどりね
作品情報
作品集:
31
投稿日時:
2012/09/25 08:27:50
更新日時:
2012/09/25 08:31:43
分類
魔理沙
絵本風もどき
エログロ無し
1. NutsIn先任曹長 ■2012/09/25 13:14:53
『悪』だけ漢字の童話風啓蒙作品でした。

『悪』を『悪』と自覚していない愚を冒した『ふつうのまほうつかい』。
自分に正直であるくせに、自分の姿を見たことが無かった。
地獄逝き。
2. 名無し ■2012/09/26 04:34:33
自覚なしとは救いようがありません。
舞台は幕引きなのに粘ってはいけないのです
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード