永遠亭の一日

作品集: 31 投稿日時: 2013/07/20 15:08:11 更新日時: 2013/07/20 15:08:11
文「今日は永遠亭の一日に迫りたいと思います!」

am5:00 永遠亭
文「永遠亭の一日は早いですね」

うどんげ「てい、五時よ」
てい「あと5分寝かs」
うどんげ「起きなさい!!!!!」
てい「はぅぅ…」

am8:00 迷いの竹林
文「迷っている旅人がいました!」

旅人1「迷ったな…」
うどんげ「あの、迷ってるんですか?」
旅人1「うん。」
うどんげ「どこにいかれるんですか?」
旅人1「永遠亭に行きたくてね」
うどんげ「永遠亭なら50m先にありますよ」
旅人1「そうか。ありがとう」
うどんげ「どういたしまして」

am11:00 永遠亭
文「今日は宴会の準備です!」

てい「みんなー急いでー今日は宴会だよー」
チルノ「てい困ってるの?ならあたいが手伝ってあげる!」
てい「あ、9」
チルノ「『バカ』っていったわね!?」
チルノ「もう手伝わない!」
てい「別に手伝わなくてもすぐ終わるが」
窓から見ていた永琳が、
永琳「あらあら」

pm2:00 紅魔館
文「あやややや。今度は紅魔館に行ってますね。何をしているんでしょうか?」

うどんげ「咲夜ー?材料頂戴ー」

2階から降りてきた咲夜がこう言う。
咲夜「これくらいあるけど足りるかしら?」
うどんげ「足りるわ」

pm6:00
うどんげ「ていそろそろ神社にいくわよ」
てい「はーい」

pm9:00 博麗神社
霊夢「文ー?何してるの?」
文「あ、すいません!」
霊夢「まったく…」

こうして宴会は夜明けまで続いたのであった。
初投稿です!
マイル
作品情報
作品集:
31
投稿日時:
2013/07/20 15:08:11
更新日時:
2013/07/20 15:08:11
分類
永遠亭
文の取材
1. 名無し ■2013/07/20 22:16:38
てい!
2. 名無し ■2013/07/20 23:57:37
申し訳ないけどいくらなんでもチラ裏レベルなのでは
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード