幻想の残光

作品集: 31 投稿日時: 2014/01/20 02:09:32 更新日時: 2014/01/20 02:09:32
 ある晴れた昼下がり博麗神社の境内には二人の少女の姿があった。一人は赤い巫女服を纏った
いつもの博麗霊夢であり、もう一人は常に胡散臭い笑みを絶やさない八雲紫である。
紫はからかうようでも、媚びを売るようでもある調子で他愛もないことを霊夢に語りかけている。
霊夢はこの賢者の相手をするのが段々おっくうになってきた。
 霊夢は境内の石畳の上で両手をあげて伸びをした。彼女の滑らかで柔らかな脇を紫は見逃さなかった。
このとき石段をあがってくる人物に先に気付いたのは霊夢のほうだった。
紫は霊夢の脇に夢中だったが、それでも視界の端に移った緑色の長髪の少女の方を見た。
 妖怪の山に住むもう一人の巫女、東風谷早苗である。
「こんにちは。今日は魔理沙さんは居ないんですか?」
微笑を浮かべた早苗が尋ねると、霊夢は「あいつも毎日来るわけじゃないから」と答え、そこから少女3人のごく日常的な会話が始まった。
「そっちの神様は元気にしてるかしら。」霊夢が尋ねた。
「元気すぎるくらいですよ、昨日だって…」
早苗が話を続けようとすると、紫が横やりを入れた。
「あなたのところの神様、元気なのはいいけれどあまり問題を起こしてもらっては困るわ。」
本当に困っているのかどうか…そのニヤついた表情からは窺い知れないことだったが、早苗は困って縮んでしまった。
「移転してきたときの騒動はまだしも、八咫烏の力を妖怪に与えたりして
やたらと地底に絡んで…いつかもっと大きな問題を起こすんじゃないかと心配だわ。」
早苗ははっとした顔をした。
「すいません…あの、紫さんちょっといいですか。」
早苗の表情が急に固くなったのを見て、紫は少し身構えた。霊夢はぼーっと話を聞いているようだった。
「なにかしら。」
紫は相変わらず胡散臭い笑みを浮かべている。地底の話で思い出したんですけど、と早苗は前置きした。
「幻想郷に核兵器が流れてきてませんか。」
 質問した早苗の表情は淡々としていた。
紫の口が少し開いた。危うくそのまま塞がらなかったかもしれない。霊夢はあまり興味がなさそうにしている。
紫は困惑した。そして困惑を悟られぬようにせねば、とも思った。
「いったいどういうことかしら?」
紫は努めて平静な表情を装った。しかし笑みが引きつっているのが彼女自身わかっていた。
「えーっと、ソ連が崩壊した時のごたごたで核兵器の一部が追跡不可能な状態になったって聞いたんですけど、
あ、これを聞いたのは外の世界で、こっちに来てから幻想郷には外の世界のものが流れついてくるって知ったんでどうかなーって思って。」
早苗はにこやかに語った。紫のような者が盗み出したと考えなかったのは彼女の純真さゆえである。
 紫には全く心当たりがなかった。いや一応管理者として幻想郷の状態は随時確認をしているが、
完全に調査しているとは言えなかったし、彼女自身「核兵器」の具体的な現物を見たことは無かったので
それとしらず見落としているかもしれなかった。
幻想郷は外の世界と隔離されているとはいえ、当時ソ連崩壊とまったく無関係でいられたわけでもなかった。
 紫の思考はぐにゃぐにゃとこんがらがり始めた。早苗は明るい調子で話をつづけた。
「いま旧ソ連の施設は分裂後に所有してる国が管理してるんですけど、何か国かは核兵器をロシアに返したんですよ。
でも多くの国では保管がザルで、アメリカにも協力してもらって
回収してるんですよね。そんな状況だから1、2発流れてきててもおかしくないかなーと。」
 幻想郷はごみ箱じゃないのよ………そんな自分の言葉が反芻されて、紫は居ても立っても居られなくなった。
紫は外の人間たちの愚かしさを呪った。のみならず目の前の無邪気な少女二人に怒りを感ぜずにはいられなかった。
早苗は全く興味本位で話をしている。霊夢は核兵器が何なのかもよく理解していないのだろう。
 紫は今すぐ家に帰って藍をどやしつけ、調査計画を立てさせたかった。しかし人前で慌ただしく
動き回るのは避けたかった。二人に狼狽した姿を見せたくなかったのだ。
「そうね…もしかしたらあるかもしれないわね。」
あってもらってはこまる。紫は冷静を装った返事を早苗に返したが、そんな自分の仮面すら厭わしかった。
 結局その日紫は早々に談話を切り上げ、藍と一緒に「幻想郷核兵器調査委員会」のメンバーを選定することになったのであった。
ひさしぶりに文章が書きたくなったので書きました。
早苗が言ってることは本当ですが2014年現在の状況は調べてません。
喚子鳥
作品情報
作品集:
31
投稿日時:
2014/01/20 02:09:32
更新日時:
2014/01/20 02:09:32
分類
八雲紫
東風谷早苗
核兵器
1. NutsIn先任曹長 ■2014/01/20 06:36:10
この話は、今後果たしてどうなるのか……?
『ブロークンアロー』を巡る異変に繋がるのか、一部河童が霊夢達に退治され、正座させられて上の者達に説教されるのか……。
はたまた、何も知らずに拾った魔理沙が被爆してゴミクズの如き惨めな死に方をして、アリスが爆発するのか……。
2. 名無し ■2014/01/21 10:16:20
その後が気になるお話でした。
3. 名無し ■2014/01/22 22:26:00
霖之助やにとりが見つけて云々というのはよくありそうな話
4. 名無し ■2014/01/26 20:57:03
消失した核兵器といえばここにある作品、真夜中のデッドリミットを思い出したから、また読み直そう。
5. 県警巡査長 ■2014/02/01 15:14:25
そういえば、核兵器が幻想入りしたイラストが絵板にありましたね。
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード