雛祭りの迷信

作品集: 32 投稿日時: 2015/03/06 01:57:26 更新日時: 2015/03/06 02:02:06
少し前の話。

向日葵の似合う綺麗な強者と
人形を操る魔法使いがいる。

強者は暴力を奮う事が好きだ。
そんな彼女、幽香には好きな女性がいる。

名をアリスという。

アリスは天才の魔法使いで、
容姿も美しく、人形の様だった。
全く非の打ち所が無い女性だった。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「あるじゃないの。」
「何よ、文句があるの?」
「あんな事、自分で言うのね。」
「貴女が何も言ってくれないからよ。」
「言って欲しいの?」

意地悪な顔をする幽香。

「言ってもらえるなら、言って欲しいわ。」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あの日、二人は雛祭りの準備をしていた。

「知ってるかしら。」
「何?」

桃の木の花を咲かせようとした幽香は
動きを止めた。

「雛人形って、雛祭りの次の日までにしまわないと
 結婚出来ないって話。」
「迷信よ。」

幽香は呆れてまた作業に戻る。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「あっ。」

隣にいるアリスが声を出した。

「雛人形…。」

すっかりしまい忘れていた。

3月5日。既に0時を過ぎていた。

「私、結婚出来ないのかしら。」
「アリス…」

アリスを抱き締めた。
本人は何が何だか分からない様だ。

「好きよ、アリス。愛してるわ。」
「えっ、私も…、……好きよ。」

こうして二人は愛し合った。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「貴女、忘れているわ。」
「どこがよ。」

アリスが不満そうにいた。

「あの後…」



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
アリスは私物の首輪と鞭を取り出した。

首輪は自分の首にはめて、鞭は幽香に渡した。

「ぺットに…してぇ……♪」
「うわっ。」

アリスは既に身体を縄で縛っていた。
幽香はいじめっ子だか、SMには興味が無かった。
しかし愛するアリスがしてほしいと言うのならっ…!



「あひぃッッ!!」

アリスの身体がビクンッと跳ねた。
思い切り鞭を降り下ろしたせいで、
アリスの白い尻はすぐに真っ赤になった。

「ぁっ…はぁっ……♪もっとぉ……♪」

続けて降り下ろす。

アリスの股の間の縄は色が変わっていた。


縄ももう液体を吸収できない様で、
まだまだ溢れ出る液をぽたぽたとこぼしている。

「んっ…もっと強くぅ……♪」

アリスが喜んでくれている。
こんなに濡らして、
こんなに求めてくれる…。


幽香は何かに目覚めた。


酷い怪我をしない程度に、
しかし遠慮はせずに、
渾身の一撃を鞭で。

「んひい"ぃ"!?」

急な激痛と快楽に
アリスの頭は追い付かなかった

強く尻を蹴り飛ばす。

「気持ち良いかしら?」
「あぁっっ……!!最っ高……♪」
「何言葉を発しているのよ。
 貴女は私のペットよ?鳴き声は「ブヒ」よ。」
「ごめんなさっ…
「言葉を発するなと言われたのよ?」
「ブッ…ブヒ……。」
「良い子ね。」

アリスの口に自分のパンツを詰め込んだ。
目隠しをして四つん這いにさせた。
乳首に洗濯挟みを挟んだ。

「フーーッ、フーーッ……。」

アリスの口からもう涎が垂れてきた。

パンツをアリスの口から出し、もう一度身に付けた。

「貴女の唾液でベトベトよ。」
「ブヒィ…。」

アリスは少し恥ずかしそうだった。

「蝋燭垂らすわよ。」
「ブッッ!!?」

真っ赤になった尻に蝋を垂らす。
背中にも垂らしてやった。

「ブビィッッ!!!」
「あら、良い声で鳴くじゃない。」

ブヒブヒ言ってるアリスが可愛くて仕方がない。
もう、我慢が出来なかった。

「ブォッ!?」

傘をアリスのまんこに突っ込んだ。

「ブヒィッ!ブヒィッ!」
「あははっ!!可愛いわよアリス!」

速度を下げずに挿入し抜きをする。

「ブアァアァァ!イ"グッ!!」





「はぁっ… はぁっ………♪」
「貴女、さっき変な言葉喋らなかった?」
「ふぇ…?」
「もう一回よ。」
「ブヒィィ……♪」




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「台無しじゃない。愛し合ったで良いじゃないの。」
「あの時の貴女、私忘れられないわ…♪」

話を聞いてくれません。




まぁ結果、私達はこんな感じで一緒にいる。
この月になるとよく二人であの日の事を思い出す。
どうも、レズでドMの娘は最高だと思う弥生です。
3月は弥生ですね。 どうでも良いですね。

今回はSMでした。オチが無い。

話は変わり、
しばらくしてから、イミテーションの方に一度投稿
してみようと思います。
掲示板でのやり取りをきっかけに、
一度数字にしてもらおう、と思ったからです。

なので、アドバイスをいただけたら嬉しいです。
弥生
作品情報
作品集:
32
投稿日時:
2015/03/06 01:57:26
更新日時:
2015/03/06 02:02:06
分類
アリス
幽香
SM
迷信
1. 名無し ■2015/03/06 19:35:57
まず、人のアドバイスはあんまりあてにならない。

ここは、他より自由がきくのから場数を踏んで慣れるべき。失敗を恐れない。
2. 弥生 ■2015/03/07 07:55:29
ありがとうございます。
今の実力で投稿します。
3. レベル0 ■2015/03/18 19:04:17
幽アリですか……悪くないですね。
俺だったら雛人形を片付けられない子は嫌ですね。
それにしてもこの幽香、やりすぎである。
イミテーションですか!!いいですね!!
ありのままでやればいいと思います。
心配するな。君は美しい
4. 弥生 ■2015/03/20 23:47:51
コメントありがとうございます。
逆調教ですね。
…え?調教?

ありのままやります。
ありがとうございます。
面白い物語をつくります。
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード