霊夢「梅雨←つゆ」、霖乃助「梅雨←うめあめ」

作品集: 32 投稿日時: 2015/06/22 14:32:46 更新日時: 2015/06/22 14:32:46
霊夢「はあ?」

霖乃助「えっ?」

霊夢「いま何ていったの?」

霖乃助「君こそ何て言ったんだい?確か「つゆ」って...」

霊夢「合ってるじゃない」

霖乃助「いやいや、博例の巫女ともあろう君が何を言ってるんだいw」

霊夢「...「梅」に「雨」と書いて「つゆ」でしょ?湿気でおつむやられちゃったのwwそれとも道具の整理しかやってないから日本語忘れちゃったの?ww」

霖乃助「確かにオムツは汚れているけど、まだ穿けるさ。それに「男の子の日」もちゃんと12時間毎に来ている。全くの健康体だが?」

霊夢「「オムツ」じゃなくて「おつむ」ね!汚れてるなら変えなさいよ!あと「男の子の日」って何よ!?」

霖乃助「オナn」

霊夢「あー、言わなくていいわ...。話戻すけど、あなたは「うめあめ」って言ってたかしら?」

霖乃助「ああ。「梅」に「雨」で「うめあめ」じゃないか」

霊夢「なんでそうなるのよ」

霖乃助「なんでそうなるんだ」

霊夢「辞書引いてごらんなさいよ。どこにそんな読みが書いてあるの?」

霖乃助「あるよ」

霊夢「えっ」

霖乃助「ほら、ここに」



梅雨(うめあめ、umeame)
6月から7月にかけて降り続く長雨のこと。またはその期間。



霖乃助「だろ?」

霊夢「なによこれ...。出版はどこなの!...「あっきゅん文庫」...」

霖乃助「信用できる書物であることは間違いないだろ?」

霊夢「そんな...。じゃあ私が間違ってるってわけ?」

霖乃助「辞書が正しいと考える君の価値観からするとそうなるね、残念だが」

霊夢「納得できないわ」

霖乃助「納得してくれないか?」

霊夢「絶対嫌!他の人に聞いてくる!」

霖乃助「やれやれ...」







アリス「梅雨(うめあめ)でしょ?」



パチュリー「梅雨(うめあめ)以外になんて呼ぶの?」



咲夜「梅雨(うめあめ)ね。まあ、お嬢様の可愛さの前では梅雨なんて...」



レミリア「う、梅雨(うめあめ)じゃないの?どうしたのよ?」



早苗「梅雨(うめあめ)ですよ!ちなみにこの時期、諏訪子様が...」



神奈子「えーと、梅雨(うめあめ)で間違いないか...?最近諏訪子のやつがさ〜...」



文「あやや!今丁度梅雨(うめあめ)のネタを探している所なんです!良かったら梅雨の時期を快適に...」




霊夢(...。どうして...?)




チルノ「大ちゃーーーーん!」

霊夢「...ちょっとチルノ、あんた」



チルノ「だいちゃーん!遊ぼーー!」

大妖精「ごめんね、チルノちゃん。お部屋のお片付けしないと...。梅雨(うめあめ)のせいでカビが生えるかもしれないから...」

チルノ「大丈夫!あたい最強だから大ちゃんの家から梅雨(うめあめ)を追い出してあげる!」


霊夢「.....。」





霊夢(なんで...。なんで誰も「つゆ」って言わないわけ...?まさか本当に私が間違っているの...?)


魔理沙「よぉお霊夢!なんだ、しんきくせー面しやがって。お前らしくないぜ?」

霊夢「魔理沙...」

魔理沙「何か悩み事でもあんなら言ってみろよ。誰かに聞いてもらうだけでも楽になるらしいぜ!」

霊夢「そうね...」

霊夢(聞いた所で返ってくる答えは同じ...。皆あの辞書の通りに返してくる...。なんか、もういいや...)

霊夢「フフ、何だか悩んでたのが馬鹿らしくなってきちゃった」

魔理沙「ん?」

霊夢(誰かが言ってたわね、常識に囚われてはいけないって。たかが単語一つの言い方で悩むほどの事でもないし、私が言い方を改めれば済むこと...か。「うめあめ」...。悪くないわね...)

霊夢「いや、ちょっと梅雨について考えてたのよ」

魔理沙「梅雨について?」

霊夢「ええ。自分の中でちょっとした異変が起きてたの」

魔理沙「???」

霊夢「でももう自己解決し」

魔理沙「霊夢、ちょっといいか?」

霊夢「何?」



魔理沙「「うめあめ」ってなんだ?」



霊夢「...え?なにって...ほら...」

魔理沙「もしかして梅雨「ばいう」の事言ってんのか?」

霊夢「ば、「ばいう」...?」

魔理沙「ああ。それにしてもなんだよ、「うめあめ」ってww聞いたことないぜwww」






霊夢「ゥゥゥウアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!!!!!!」










後日、八雲紫の手によって「梅雨」の読み方が統一されました。
諏訪子「ん"ん"んんん!!ん"ん"ん"ん"んんんんん!!」←重低音

神奈子「なにやってるんだい?」

諏訪子「ウシガエル」
ハモン
作品情報
作品集:
32
投稿日時:
2015/06/22 14:32:46
更新日時:
2015/06/22 14:32:46
分類
霊夢
梅雨
短編
1. ■2015/06/22 14:52:02
あっきゅん文庫。信用できる書物とは思えなくて、笑いました
2. 偏頭痛 ■2015/06/22 16:16:22
笑い堪えてたのに最後の諏訪子でやられました
3. 弥生 ■2015/06/23 07:39:00
現実でもあることですよね。体験したことはありませんが。
4. 名無し ■2015/06/23 22:35:17
実は、魔理沙だけハブとか。
5. 名無し ■2015/06/24 10:55:53
ばいうってかっけえなw
6. 名無し ■2015/06/24 14:23:52
はちくもむらさきさんはやっぱりすごいんですね
7. レベル0 ■2015/06/24 16:43:05
もうすぐ梅雨明けですかね。
梅雨が明けたら……夏だよ。
早いもんで
8. あーたん ■2015/10/25 09:53:13
梅雨がばいうって・・・梅雨前線とかはいいますけどね・・・(笑)
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード