非情な運命

作品集: 最新 投稿日時: 2015/08/17 08:58:14 更新日時: 2015/08/17 08:58:14
いつからだろう。
この力を手にしたのは。

『私が一番バカかもね・・・自分だって人間なのに』

何年か前。私はまだ巫女でも人でもなかった。
形さえも生まれてなかった。

そんな時あの力を手に入れた。
人を狂わせ死なせることができるあの力。

出来る限り多くの人間を逝かせてあげた。

『・・・まさか魔理沙が来るなんてね・・・』

思いもしなかった。魔理沙も狂っている人間の一員だなんて。

魔理沙に私の姿なんて見えていない。
魔理沙に見えていたのは魔理沙自身の闇だった。

『・・・』


魔理沙を殺さなかったのは魔理沙だったからじゃない。
本当に綺麗な魂だったから。

でも、悲しい事実に気付いてしまった。
魔理沙の魂は確かに綺麗ではあったけど闇に包み込まれていた。
闇に包み込まれている魂はどうがんばったって近い内に無くなる。

だから魔理沙に言ってあげた。
いつか本当に狂える。って・・・

別に魔理沙が死のうと私には関係ない。
だって私には感情なんて無いもの。

あの力を手に入れた時代償として感情が消えた。
だから私はもう人間ですらないかもしれない。

『それが運命だものね・・・』

運命とはときに優しくときに非情なものだ。
その運命を非情へ招くかなんて誰にも決められない。

でも人間の中で決められる者もときたまいる。
その人間が現れた時こそ一つの魂がなくなる瞬間。
そういうものなのよね・・・

魔理沙はいつかは運命を非情へ招く。
だから、だからそれまでは・・・

「お〜い霊夢〜遊びに来たぜ〜」

『・・・』

『は〜い今行くわよ〜』

だからそれまでは
魔理沙とすごさせて・・・
一応霊夢にしました。
これを紫にしようかかなり迷いましたけどw
あーたん
作品情報
作品集:
最新
投稿日時:
2015/08/17 08:58:14
更新日時:
2015/08/17 08:58:14
分類
魔理沙
謎の誰か(正体)
1. 偏頭痛 ■2015/08/17 19:14:11
魔理沙好きなんですね。
2. レベル0 ■2015/08/17 22:14:51
霊夢だったのか。
何かと二次で新しい能力を手に入れるな霊夢はwww
3. あーたん ■2015/08/18 08:26:16
偏頭痛さんコメントありがとうございます!
そうなんです。魔理沙大好きなんですw
4. あーたん ■2015/08/18 08:28:24
レベル0さん、コメントありがとうございます!
はい。霊夢でしたw
霊夢は空を飛ぶ程度の能力じゃなくなりましたw
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード