日記帳

作品集: 最新 投稿日時: 2015/10/28 17:41:01 更新日時: 2015/11/01 13:22:28
博麗霊夢、その名は人里では知らない者はいなかった。彼女はまだほんの子供であったが、

とても優しく、とても美形。

容姿端麗完璧で、一度見たら忘れられない、いわば女神のような存在だった。

そんな彼女の生活は、決して裕福なものではなかった。

でもとても貧乏というわけでもなく、普通の生活だった。

人から女神とまで言われている彼女。

そんな彼女はある日、突然姿を消した。

それは本当に突然なもので、驚かない者はいなかった。

これからお見せするのは、その彼女の書いたと思われる日記帳。

そこには彼女の闇が綴られていた。















3月24日

今日は買い物をするために村へ行った。

どの人も温かかく迎えてくれた。

ここに来て、本当に良かった。

お母さんも嬉しそうにしてる。

3月25日

今日は雨。雨は外で遊べないから嫌い。

でも、その分家で家族といる時間が増える。

こういう時のスキンシップも大事。

3月26日

今日はお母さんと、お父さんとの3人で山にいった。

途中で転んでしまったけど、お母さんがおまじないをしてくれたから大丈夫。

お父さんはずっとオロオロしてた。

3月27日

なんか最近お母さんとお父さんが冷たくなった気がする。

最近っていうか昨日から。

私が話しかけても無視する。

なんで?

3月28日

お母さんとお父さんの様子がちょっと変。

二人でいつもコソコソお金の話をしてる。

変なの。

3月29日

お母さんがご飯になんか入れてた。

怖い。食べたくない。

3月30日

今日3人で一緒に死のうって言われた。

嫌だって言ったら、とても殴られた。

痛いよ、痛いよ・・・

3月31日

今日も暴力を振るわれた。

このままだと本当に死んじゃう。

どうしよう。

4月1日

今日はエイプリルフールだって誰かが言ってた。

嘘をついてもいい日だって。

でも私はそんな事よりこの家から逃げ出したい。

4月2日

お母さんが包丁を取り出した。

怖い怖いよ・・・

逃げなきゃ、逃げなきゃ。

屋根裏に隠れなきゃ。

4月3日

このままじゃダメだ。

私のほうから戦わなきゃ。

屋根裏から、オノを見つけた。

これで・・・




お母さん達を殺した。

楽しいな、楽しいな・・・

人を殺すのってこんなに楽しかったんだね。

4月4日

しねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしねしね
ぬるぬるしてるちがきもちわるい。
のこったおのでわたしはおかあさんたちをたくさんさした。もうしんじゃってるけど。
はかまいりなんかしてあげないよ。だってわたしがしぬとこだったんだから。
おかあさんがこんなにひどいにんげんだなんておもわなかった。
まさかおとうさんがこんなつめたいにんげんなんておもわなかった。
えへへ、でも、おとうさんとおかあさん、ほんとうにつめたくなっちゃったけどね、あはは!

























今から行くね。































日記はここで終わっていた。
一応これ霊夢の過去?話です。

無理やり終わらせた感じだけど。

霊夢になら殺されてもいいです。(なるべく楽な方法で)w
あーたん
作品情報
作品集:
最新
投稿日時:
2015/10/28 17:41:01
更新日時:
2015/11/01 13:22:28
分類
霊夢
日記
1. 名無し ■2015/10/28 20:13:38
だんだん狂っていく日記系は読み進めて行けばいくほど背筋に冷たいものが走りますね。夜道で見るんじゃなかったw
2. あーたん ■2015/10/28 20:30:39
コメントありがとうございます!

夜道で見たんですか。

そりゃ怖いw
3. 弥生 ■2015/10/28 21:18:20
なんと言うか…不気味で、見ていてとても気持ち悪くなる
良い狂いっぷりでした。怖いですねぇ。
4. あーたん ■2015/10/29 07:32:10
コメントありがとうございます!

自分的には怖い風にできなかったと思ってましたけど見てる人が怖いと思ってくれるなら良かったです。
5. 名無し ■2015/10/30 16:06:57
オレこれから霊夢が来て殺されます。
6. あーたん ■2015/10/30 20:14:38
コメントありがとうございます!

意味分かりましたか。

霊夢は優しいので楽な方法で殺してくれますよ(多分)
名前 メール
パスワード
投稿パスワード
<< 作品集に戻る
作品の編集 コメントの削除
番号 パスワード